ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

欧州委員会

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2019/03/06その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 6 March 2019】
ECHAは ECHA Weekly の2019/3/6版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-6-march-2019
2019/03/06法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Guidance on CLP】
ECHAは、CLP規則第45条の規定及び附属書VIIIに関するガイダンス(健康の
緊急事態対応に関する調和された情報に関する新たなガイダンス)を発表した。
これは上市された有害な混合物に関する特定の情報を提出する義務に
関するもの。
ガイダンス文書[PDF]
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/13643/guidance_on_annex_viii_to_clp_en.pdf/412c5874-f8ec-cf52-fe1e-2fbe08fe2d11
https://www.echa.europa.eu/guidance-documents/guidance-on-clp
2019/03/05法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on Union authorisations fordisinfectants】
ECHAは、殺生物性製品委員会(BPC)が消毒剤の欧州連合認可に関する意見を
取りまとめたことを報じている。BPCは、1つの活性物質の承認と、
5つの連合認可に関する7つの意見を採択している。
記事のAnnex [PDF]
https://echa.europa.eu/documents/10162/26300553/bpc29_na_annex.pdf/dd09441c-d87b-b20d-4257-d1edbfca3e97
https://echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-union-authorisations-for-disinfectants
2019/03/04法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【How to notify PIC exports to the UK after UK’s withdrawal from the EU】
ECHAは、英国がEUから合意協定のない離脱をする場合に対処するため、
EU-27にある輸出業者が、英国への輸出を通知することを可能にする
マニュアルの輸出通知フォームを発表した。これはPIC規則の対象となる
化学物質を英国離脱後に英国に輸出する企業が、輸入予定日の35日前に
輸出を通知する義務を遵守することを可能とするものと説明している。
https://www.echa.europa.eu/-/how-to-notify-pic-exports-to-the-uk-after-uk-s-withdrawal-from-the-eu
2019/03/04法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき3-methylpyrazole (CAS-RN 1453-58-3) および
silanamine, 1,1,1-trimethyl-N-(trimethylsilyl)-, hydrolysis products
with silica (CAS-RN 68909-20-6) に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を
公開し、意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/5/3まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/02/28法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH data compliance needs to improve】
ECHAは、2018年に286件のREACH登録の遵守状況を確認し、全体として274件の
最終決定を採択している。その中で異なる888件の情報要求が求められており、
ECHAは化学物質に関する情報を改善する方法について登録者に助言を
与えている。2018年の登録情報評価の進捗は
https://www.echa.europa.eu/dossier-evaluation-progress-2018
https://www.echa.europa.eu/-/reach-data-compliance-needs-to-improve
2019/02/28有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【Current Testing Proposals】
ECHAは、無益な動物試験を回避するため、8物質に対する18の試験提案を公開し、
意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/4/15まで。
https://www.echa.europa.eu/information-on-chemicals/testing-proposals/current
2019/02/27その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 27 February 2019】
ECHAは ECHA Weekly の2019/2/27版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-27-february-2019
2019/02/26セミナー・審議会・会合・資料公開欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Minutes of the 8th plenary meeting, Luxembourg, 24-25 October 2018 (2019/02/26)】
欧州委員会SCCSは、10月24-25日に開催された第7回合同本会議の議事録を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_mi_plenary_08_en.pdf
2019/02/25ナノ物質欧州化学品庁(ECHA)【New report clarifies concepts and terms of EU nanomaterial definition (2019/02/25)】
ECHAは、ナノマテリアル展望台(EUON)ページにおいて、欧州共同センター(JRC)がEUのナノマテリアルの定義における概念と用語の概要について報告書に取りまとめたことを発表した。
https://euon.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/new-report-clarifies-concepts-and-terms-of-eu-nanomaterial-definition
2019/02/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Newsletter now online (2019/02/21)】
ECHAは、ECHAニュースレターの2019年第1号を発行した。内容は、
・[REACH] 登録ドシエの情報の欠如の不備への対応
・[REACH] マイクロプラスチックの制限によって今後20年で40万トンの排出削減
・[REACH] 5つのコバルト塩に対する制限提案
・[Biocide] 銅をベースとした船底塗料の代替に関するワーショップの開催報告
・[PIC] カメルーンがロッテルダム条約を批准した際の事例から学ぶこと
・[その他] 高生産量のプラスチック添加剤リストを策定
など。
https://echa.europa.eu/-/echa-newsletter-now-onli-1
2019/02/21その他欧州化学品庁(ECHA)【High-volume plastic additives mapped (2019/02/21)】
ECHAは、成形品に含有する物質の安全な使用に向けた用途情報やばく露情報を特定して事業者を支援するため、21の業界団体と協力して、年間製造輸入数量100トン以上のプラスチック添加剤(418物質)の物質リストを作成した。対象用途は、酸化防止剤、帯電防止剤、難燃剤、核剤、可塑剤、顔料、熱安定剤、光安定剤であり、適用樹脂や添加量に関する情報も記載されている。
https://echa.europa.eu/-/high-volume-plastic-additives-mapped
2019/02/21セミナー・審議会・会合・資料公開欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Newsletter now online】
ECHAは Newsletter 2月号(2019年第1版)を掲載した。
2019年のECHAの優先課題を概説するとともに、今後Newsletterの印刷版は
なくなることを付記している。
ECHA Newsletter February 2019 Issue 1
https://newsletter.echa.europa.eu/
https://www.echa.europa.eu/-/echa-newsletter-now-onli-1
2019/02/21有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【High-volume plastic additives mapped】
ECHAは、業界と共にプラスチックの添加剤として使用される一連の化学物質で
量の多いものをマッピングした。この情報は、今後の評価のための優先物質を
特定するために使用すると報じている。
○マッピング→ https://www.echa.europa.eu/mapping-exercise-plastic-additives-initiative
https://www.echa.europa.eu/-/high-volume-plastic-additives-mapped
2019/02/20法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 20 February 2019 (2019/02/20)】
ECHAは、ECHA Weekly(2月20日号)を発行した。内容は、
・[REACH] 金属・無機の評価アプローチを適用する物質リストを更新
・[CLP] CLP規則のリーフレットが23カ国語で利用可能
・[Biocide] 95条に基づく活性物質と殺生物性製品の供給者リストを更新
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-20-february-2019
2019/02/20その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 20 February 2019】
ECHAは ECHA Weeklyの2019/2/20版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-20-february-2019
2019/02/19法規制・インベントリ欧州理事会【Persistent organic pollutants: Provisional agreement on the world'smost dangerous pollutants】
欧州理事会は、世界で最も危険な汚染物質に関して暫定的合意がなされたことを
報じている。この作り直し提案は、既存の規則とストックホルム条約の最新の
改正との整合性を確実にするもので、この変更の結果は、化学物質に関する
欧州の法律とより密接に連携させ、規制の実施に関与する全ての当事者に
明確さ、透明性、および法的確実性の向上をもたらすと説明している。
https://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2019/02/19/persistent-organic-pollutants-provisional-agreement-on-the-world-s-most-dangerous-pollutants/?utm_source=dsms-auto&utm_medium=email&utm_campaign=Persistent+organic+pollutants%3a+Provisiona
2019/02/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH 2018 registration data now included in QSAR Toolbox (2019/02/18)】
ECHAは、QSAR Toolbox v4.3に2018年11月までのREACH登録情報(117,335物質による668,041試験データ)を搭載したことを発表した。特に水生毒性、感作性、刺激性、腐食性について多くのデータが利用可能になったとしている。
https://echa.europa.eu/-/reach-2018-registration-data-now-included-in-qsar-toolbox
2019/02/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH 2018 registration data now included in QSAR Toolbox】
ECHAは、OECD QSAR Toolbox version 4.3には2018年11月までの
REACH登録データが含まれており、これにより11,735の化学物質に関する
668,041の選択された実験データポイントが利用可能となったと報じている。
https://www.echa.europa.eu/-/reach-2018-registration-data-now-included-in-qsar-toolbox
2019/02/15農薬・バイオサイド欧州食品安全庁(EFSA)【Outcome of the consultation with Member States and EFSA on the basic substance application for L‐cysteine for use in plant protection as insecticide (2019/02/15)】
EFSAは、確証データを踏まえたL‐cysteineの農薬リスク評価に関する加盟国、申請者及びEFSAのパブリックコメント募集結果を公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-1562
2019/02/15ナノ物質欧州化学品庁(ECHA)【Computational models in the safety assessment of nanomaterials (2019/02/15)】
ECHAは、ナノマテリアル展望台(EUON)ページにおいて、欧州共同センター(JRC)のナノマテリアルを評価するための様々な予測モデル(物理化学的性状や毒性の予測、生体及び環境におけるナノマテリアルの時間異存分布の予測等)をレビューし、論文として取りまとめたことを発表した。
https://euon.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/computational-models-in-the-safety-assessment-of-nanomaterials
2019/02/15法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【New case study on using ECHA’s read-across guidance for multi-walled carbon nanotubes (2019/02/15)】
ECHAは、ナノマテリアル展望台(EUON)ページにおいて、欧州共同センター(JRC)が多層カーボンナノチューブに対してECHAのREACHガイダンスの手続きに基づく変異原性のリードアクロスの適用事例を論文報告したことを発表した。
https://euon.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/new-case-study-on-using-echa-s-read-across-guidance-for-multi-walled-carbon-nanotubes
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Clearer requirements for applications for authorisation (2019/02/13)】
ECHAは、REACH規則に基づく認可申請のためのフォーマットを更新したことを発表した。当該フォーマットは6月1日の申請から必須となる。
https://echa.europa.eu/-/clearer-requirements-for-applications-for-authorisation
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 13 February 2019 (2019/02/13)】
ECHAは、ECHA Weekly(2月13日号)を発行した。内容は、
・[REACH] SVHCと制限の意図(intention)の登録手続きがCHLの意図登録と同様に拡張
・[Biocide] バイオサイド製品の半減期を正しく導出する方法に関するトレーニング動画の公開
・[OEL] 化学物質指令(CAD)や発がん性物質及び変異原性指令(CMD)の下で実施された職業暴露限界(OEL)の評価作業に係るWebページを開設
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-13-february-2019
2019/02/13その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 13 February 2019】
ECHAは ECHA Weeklyの2019/2/13版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-13-february-2019
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Clearer requirements for applications for authorisation】
ECHAは、REACH認可申請およびレビューレポートのための更新された
フォーマットがECHAのウエブサイトで利用可能となったと報じている。
このフォーマットは2019/6/1より申請書とレビューレポートに必須となる。
https://www.echa.europa.eu/-/clearer-requirements-for-applications-for-authorisation
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Applications for authorisation - current consultations】
ECHAは、三酸化クロム (CAS-RN 1333-82-0)の継続使用に関する8件の
REACH認可申請を公開し、2019/4/10までの意見募集を開始した。
https://www.echa.europa.eu/applications-for-authorisation-consultation
2019/02/08法規制・インベントリ欧州理事会【Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCILon the marketing and use of explosives precursors, amending Annex XVIIto Regulation (EC) No 1907/2006 and repealing Regulation (EU)No 98/2013 on the marketing and use of explosives precursors- Analysis of the final compromise text with a view to agreement】
欧州理事会は、爆発物前駆体に関するREACH規則の附属書XVIIを改正し、
欧州規則(EU) No 98/2013を廃止する欧州議会及び欧州理事会規則の提案を
官報公示した。
欧州理事会提案[PDF]→ https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CONSIL:ST_6158_2019_INIT&qid=1549930786410&from=EN
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1549930786410&uri=CONSIL:ST_6158_2019_INIT
2019/02/08その他欧州化学品庁(ECHA)【Act now to stay on the EU market after the UK’s withdrawal】
ECHAは、欧州連合及び欧州経済域の市場に化学物質を上市する全ての企業に対し、
英国の合意なき欧州離脱に備えての準備に関する指導書をECHAのウェブサイトで
公開していることを案内している。
https://www.echa.europa.eu/-/act-now-to-stay-on-the-eu-market-after-the-uk-s-withdrawal
2019/02/06その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 6 February 2019】
ECHAは ECHA Weeklyの2019/2/6版を掲載した。
https://www.echa.europa.eu/-/echa-weekly-6-february-2019
2019/01/30その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 30 January 2019】
ECHAは ECHA Weeklyの2019/1/30版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-30-january-2019
2019/01/30ナノ物質欧州化学品庁(ECHA)【ECHA proposes to restrict intentionally added microplastics】
ECHAは、消費者や専門家により使用される混合物に意図的に添加される
マイクロプラスチック粒子の制限提案を提出した。同時にホルムアルデヒドの
制限提案、およびシロキサンD4、D5、D6の制限提案も公開している。
○マイクロプラスチックの意図的添加の制限提案
https://www.echa.europa.eu/registry-of-restriction-intentions/-/dislist/details/0b0236e18244cd73
○混合物および成形品中のホルムアルデヒドとその放出に関する制限提案
https://www.echa.europa.eu/registry-of-restriction-intentions/-/dislist/details/0b0236e182439477
○シロキサンD4、D5、D6の制限提案
https://www.echa.europa.eu/registry-of-restriction-intentions/-/dislist/details/0b0236e181a55ade
https://www.echa.europa.eu/-/echa-proposes-to-restrict-intentionally-added-microplastics
2019/01/28法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/28)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、2月11日。
・1-isopropyl-4-methylbenzene; p-cymene (CASRN: 99-87-6)
・Flumioxazin (ISO),N-(7-fluoro-3,4-dihydro-3-oxo-4-prop-2-ynyl-2H-1,4-benzoxazin-6-yl)cyclohex-1-ene-1,2-dicarboxamide (CASRN: 103361-09-7)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/28法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきp-シメン(CAS-RN 99-87-6)及びFlumioxazin (ISO)
(CAS-RN 103361-09-7)に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
p-シメンについては水生環境有害性、またFlumioxazin (ISO)については
生殖毒性についての意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/2/11まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/25食品・化粧品・医薬品欧州食品安全庁(EFSA)【Safety assessment of the substance poly((R)‐3‐hydroxybutyrate‐co‐(R)‐3‐hydroxyhexanoate) for use in food contact materials (2019/01/25)】
EFSAは、食品と接触する材料に使用されるpoly((R)‐3‐hydroxybutyrate‐co‐(R)‐3‐hydroxyhexanoate)の安全性評価に関する科学的意見を公表した。CFPパネルは、当該物質の安全性の懸念を生じることはない条件を提示した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5551
2019/01/24有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【More targeted capacity building for EU candidate countries (2019/01/24)】
ECHAは、EUへの加盟を準備する国々に対する財政的及び技術援助のための加盟前援助(IPA)の一環として、研修やイベントを通して情報共有と能力開発を行っている。当該取組の効果を高めるために、2019年~2021年にかけてモンテネグロとセルビアの現状評価とニーズ調査が行われる。
https://echa.europa.eu/-/more-targeted-capacity-building-for-eu-candidate-countries
2019/01/24有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【ECHA calls for information to avoid unnecessary animal testing (2019/01/24)】
ECHAは、不必要な動物試験を回避するため以下4物質に対する5件の試験情報の提出を要請した。コメントの提出期限は、3月11日。
・1,3,2-dioxathiolane 2,2-dioxide (CASRN: 1072-53-3)
・N-(3-aminopropyl)-N'-C16-18 (evennumbered), C18 unsaturated alkyl -propane-1,3-diamine (CASRN: 1219458-14-6)
・Reaction mass of N,N,N',N'-tetrabutylmethylenediamine and dibutylamine (CASなし)
・Reaction products of acrylic acid with 2,2'-[oxybis(methylene)]bis[2-ethylpropane-1,3-diol] (CASRN: 1393932-71-2)
・Tall oil, maleated (CASRN: 68152-93-2)
https://echa.europa.eu/information-on-chemicals/testing-proposals/current
2019/01/24有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【More targeted capacity building for EU candidate countries】
ECHAは欧州委員会の代理として、欧州候補国への二国間訪問を通じ
能力構築を図りながら欧州候補国の加盟プロセスを継続支援している。
2019年~2021年には2つの候補国であるモンテネグロとセルビアの状況と
ニーズの詳細な評価を行う予定と報じている。
https://www.echa.europa.eu/-/more-targeted-capacity-building-for-eu-candidate-countries
2019/01/24有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【Current Testing Proposals】
ECHAは、無益な動物試験を回避するため、4物質に対する5種の試験提案に関する
意見募集を開始した。意見募集は2019/3/11まで。
https://www.echa.europa.eu/information-on-chemicals/testing-proposals/current
2019/01/23その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for spiromesifen according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/23)】
EFSAは、スピロメシフェンの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5579
2019/01/23その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 23 January 2019 (2019/01/23)】
ECHAは、ECHA Weekly(1月23日号)を発行した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-23-january-2019
2019/01/23その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 23 January 2019】
ECHAは ECHA Weekly の2019/1/23版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-23-january-2019
2019/01/22有害性評価・試験法欧州労働安全衛生機構(EU-OSHA)【New data on exposure to dangerous substances at work (2019/01/22)】
EU-OSHAは、職場における危険有害性の高い化学物質へのばく露される労働者の数とばく露の度合いに関する新しい手法を公表した。
https://osha.europa.eu/en/highlights/new-data-exposure-dangerous-substances-work-released-now
2019/01/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2019/01/21)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の6物質で、コメント提出期限は、3月22日。
・(3aS,5S,6R,7aR,7bS,9aS,10R,12aS,12bS)-10-[(2S,3R,4R,5R)-3,4-dihydroxy-5,6-dimethylheptan-2-yl]-5,6-dihydroxy-7a,9a-dimethylhexadecahydro-3H-benzo[c]indeno[5,4-e]oxepin-3-one; 24-epibrassinolide (CASRN: 78821-43-9)
・acetamiprid (ISO); (1E)-N-[(6-chloropyridin-3-yl)methyl]-N'-cyano-N-methylethanimidamide; (E)-N1-[(6-chloro-3-pyridyl)methyl]-N2-cyano-N1-methylacetamidine (CASRN: 135410-20-7, 160430-64-8)
・carbendazim (ISO); methyl benzimidazol-2-ylcarbamate (CASRN: 10605-21-7)
・cypermethrin (ISO); α-cyano-3-phenoxybenzyl 3-(2,2-dichlorovinyl)-2,2-dimethylcyclopropanecarboxylate; cypermethrin cis/trans +/- 40/60 (CASRN: 52315-07-8)
・Tetrafluoroethylene (CASRN: 116-14-3)
・thiamethoxam (ISO); 3-(2-chloro-thiazol-5- ylmethyl)-5- methyl[1,3,5]oxadiazi nan-4-ylidene-N- nitroamine (CASRN: 153719-23-4)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/21)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、2月4日。
・Copper compounds (CASなし)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations/-/substance-rev/22107/term
2019/01/21作業者ばく露欧州化学品庁(ECHA)【ECHA to provide recommendations for occupational exposure limits】
ECHAは、労働者を有害化学物質への暴露から保護する職業ばく露限界(OEL)に
関する勧告を定期的に提供することについて欧州委員会と合意したと
報じている。
https://www.echa.europa.eu/-/echa-to-provide-recommendations-for-occupational-exposure-limits
2019/01/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき6物質の欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
意見募集を開始した。意見の提出は2019/3/22まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき銅化合物に関する欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
水生環境有害性についての意見募集を開始した。意見の提出は2019/2/4まで。
銅化合物のCLH案→ https://echa.europa.eu/documents/10162/55aa9745-b58b-657e-4b4d-78bde1479110
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA to provide recommendations for occupational exposure limits (2019/01/18)】
ECHAは、定期的に職業暴露限界値(OEL)の勧告を提供することを欧州委員会と合意したことを発表した。第2回REACHレビューに基づきREACHと職業暴露規制と法令間ギャップが指摘されたことを受けての対応の一つ。本合意に基づき、2020年以降は年間4~5物質のOELがE検討・提案されることになる。
欧州委員会とECHAが職業ばく露限度値(OEL)について定期的に勧告を提供することを合意
https://echa.europa.eu/-/echa-to-provide-recommendations-for-occupational-exposure-limits
2019/01/16有害性評価・試験法欧州食品安全庁(EFSA)【Genotoxicity assessment of chemical mixtures (2019/01/16)】
EFSAは、混合物における遺伝毒性の評価方法に関するドキュメントを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5519
2019/01/16法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 16 January 2019 (2019/01/16)】
ECHAは、ECHA Weekly(1月16日号)を発行した。内容は、
・[REACH] 3物質に対する計6件の認可申請が許可
・[CLP] CLP規則の入門ガイダンスの改訂版(V3.0)が公表
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-16-january-2019
2019/01/16その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 16 January 2019】
ECHAは ECHA Weekly の2019/1/16版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-16-january-2019
2019/01/15その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for dazomet according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/15)】
EFSAは、ダゾメットの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5562
2019/01/15法規制・インベントリ欧州委員会(EU European Commission)【Commission adopts new registration requirements for nanomaterials under REACH, clarifying how to register nanoforms of substances. The new rules will apply as of 1 January 2020. (2019/01/15)】
欧州委員会は、REACH規則に基づくナノ物質の新規登録要件を採択し、ナノ形態の物質を登録する方法を明確化した。2020年1月1日から適用されるもの。
http://ec.europa.eu/environment/chemicals/news_en.htm
2019/01/15法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Six new substances added to the Candidate List (2019/01/15)】
ECHAは、REACH規則に基づいて新たに以下の6物質をCandidate Listに追加した。これにより、高懸念物質(SVHC)は合計197物質となった。なお、ドイツがが提案していたウンデカフルオロヘキサン酸(PFHxA)とそのアンモニウム塩は提案が取り下げられた。
・2,2-bis(4'-hydroxyphenyl)-4-methylpentane (CASRN:6807-17-6)
・Benzo[k]fluoranthene (CASRN:207-08-9)
・Fluoranthene (CASRN:206-44-0)
・Phenanthrene (CASRN:85-01-8)
・Pyrene (CASRN:129-00-0)
・1,7,7-trimethyl-3-(phenylmethylene)bicyclo[2.2.1]heptan-2-one (CASRN:15087-24-8)
https://echa.europa.eu/-/six-new-substances-added-to-the-candidate-list
2019/01/15法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Six new substances added to the Candidate List】
ECHAは、REACH規則の認可対象となるSVHCの候補物質として新たに
6物質を追加した。この追加によりSVHC候補物質は197物質となる。
追加された6物質は:
2,2-bis(4'-hydroxyphenyl)-4-methylpentane (CAS-RN 6807-17-6)
Benzo[k]fluoranthene (CAS-RN 207-08-9)
Fluoranthene (CAS-RN 206-44-0)
Phenanthrene (CAS-RN 85-01-8)
Pyrene (CAS-RN 129-00-0)
1,7,7-trimethyl-3-(phenylmethylene)bicyclo[2.2.1]heptan-2-one
(CAS-RN 15087-24-8)
https://www.echa.europa.eu/-/six-new-substances-added-to-the-candidate-list
2019/01/14その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for metam according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/14)】
EFSAは、メタムの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5561
2019/01/14その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for fluometuron according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/14)】
EFSAは、フルオメツロンの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5560
2019/01/14ナノ物質欧州化学品庁(ECHA)【Have your say on future studies on nanomaterials (2019/01/14)】
ECHAは、ナノマテリアル展望台(EUON)ページにおいて、ナノ材料に関する今後の研究の進め方に係るコメントを求めている。コメント提出期限は、1月25日。
https://euon.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/have-your-say-on-future-studies-on-nanomaterials
2019/01/10法規制・インベントリ欧州委員会(EU European Commission)【Hazardous chemicals — new rules on classification, labelling and packaging (2019/01/10)】
欧州委員会は、CLP規則の技術的及び科学的進歩への適応化のための修正についてコメントを募集している。提出期限は2月8日まで。
https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2019-141469_en
2019/01/10その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA reorganises to help take on new tasks and face future challenges (2019/01/10)】
ECHAは、2019年1月1日に組織改編を行ったことを発表した。
https://echa.europa.eu/-/echa-reorganises-to-help-take-on-new-tasks-and-face-future-challenges
2019/01/10その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA reorganises to help take on new tasks and face future challenges】
ECHAは、新たな戦略の実行の支援と主要分野での活動を強化し、より多くの
責任を担うことを可能とするため、組織を再編することを報じている。
再編後の組織はこちら→ https://echa.europa.eu/about-us/who-we-are/organisation
https://www.echa.europa.eu/-/echa-reorganises-to-help-take-on-new-tasks-and-face-future-challenges
2019/01/09法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Upcoming inspections to check compliance with REACH registration obligations (2019/01/09)】
ECHAは、第7回REACH執行プロジェクト(REF-7)の実施を発表した。2018年にREACH登録期限が経過したことを踏まえて、製造輸入者の登録義務の遵守状況について検査が行われる。製造輸入数量1~100トンが重点的に検査され、登録書類の更新義務の遵守状況も検査の対象となる。2019年に検査が実施され、2020年に報告書が公開される予定。
https://echa.europa.eu/-/upcoming-inspections-to-check-compliance-with-reach-registration-obligations
2019/01/09法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 9 January 2019 (2019/01/09)】
ECHAは、ECHA Weekly(1月9日号)を発行した。内容は、
・[REACH] Forum(法執行に関する情報交換フォーラム)の2019~2023年の実施計画を発表(登録・リスク管理・インターネット販売・輸入に焦点)
・[REACH] Forumの2018年活動報告を発表
・[REACH] 2物質の認可申請に対するRAC及びSEACのコメントを発表
・bis(2-ethylhexyl) phthalate (CASRN:117-81-7)
・chromium trioxide (CASRN:1333-82-0)
・[REACH] 4物質の物質評価結果を公表
・methyl methacrylate (CASRN:80-62-6)
・naphthalene (CASRN:91-20-3)
・3,3'-dimethylbiphenyl-4,4'-diyl diisocyanate (CASRN:91-97-4)
・4,4'-methylenediphenyl diisocyanate (CASRN:101-68-8)
・[REACH] フタル酸(4物質)の制限内容を修正
・diisobutyl phthalate (DIBP) (CASRN:84-69-5)
・dibutyl phthalate (DBP) (CASRN:84-74-2)
・benzyl butyl phthalate (BBP) (CASRN:85-68-7)
・bis(2-ethylhexyl) phthalate (DEHP) (CASRN:117-81-7)
・[REACH] 物質同定情報変更フォームを修正
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-9-january-2019
2019/01/09その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 9 January 2019】
ECHAは ECHA Weekly の2019/1/9版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-9-january-2019
2019/01/09法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Upcoming inspections to check compliance with REACH registrationobligations】
ECHAは、第7次REACH執行プロジェクト(REF-7)活動の一環として、
検査官が税関当局と協力し、輸入業者と製造業者のREACH登録義務への遵守の
確認を開始したことを報じている。この検査活動は2019年中継続され、
その結果報告は2020年の第4四半期となると説明している。
https://www.echa.europa.eu/-/upcoming-inspections-to-check-compliance-with-reach-registration-obligations
2019/01/08その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for triazoxide according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/08)】
EFSAは、トリアゾキシドの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5525
2019/01/08その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for sedaxane according to Article 12 of Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/08)】
EFSAは、セダキサンの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5544
2019/01/08その他欧州食品安全庁(EFSA)【Review of the existing maximum residue levels for chromafenozide according to Article 12 Regulation (EC) No 396/2005 (2019/01/08)】
EFSAは、クロマフェノジドの既存最大残留基準(MRL)のレビューを公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5533
2019/01/07法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2019/01/07)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の1物質で、コメント提出期限は、3月8日。
・dimethomorph (ISO); (E,Z)-4-(3-(4-chlorophenyl)-3-(3,4-dimethoxyphenyl)acryloyl)morpholine(CASRN:110488-70-5)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation/-/substance-rev/22001/del/50/col/synonymDynamicField_621/type/desc/pre/1/view
2019/01/07法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/07)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、3月8日。
・(RS)-1-{1-ethyl-4-[4-mesyl-3-(2-methoxyethoxy)-o-toluoyl]pyrazol-5-yloxy}ethyl methyl carbonate; tolpyralate (CASRN:1101132-67-5)
・prothioconazole (ISO); 2-[2-(1-chlorocyclopropyl)-3-(2-chlorophenyl)-2-hydroxypropyl]-2,4-dihydro-3H-1,2,4-triazole-3-thione (CASRN:178928-70-6)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/07法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきdimethomorph (ISO)(CAS-RN 110488-70-5)の
欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、意見募集を開始した。
意見提出は2019/3/8まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/07法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきtolpyralate (CAS-RN 1101132-67-5) および
prothioconazole (ISO)(CAS-RN 178928-70-6)の欧州調和分類と表示(CLH)案を
公開し、水生環境に対する有害性に関する意見募集を開始した。
意見提出は2019/1/21まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/03その他欧州食品安全庁(EFSA)【Modification of the existing maximum residue levels for lambda‐cyhalothrin in celeries, fennel and rice (2019/01/03)】
EFSAは、フェンネルおよび米中のラムダ - シハロトリンの既存最大残留基準(MRL)を改訂した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5546
2018/12/21その他欧州食品安全庁(EFSA)【Modification of the existing maximum residue level for captan in cranberries (2018/12/21)】
EFSAは、クランベリー中のキャプタンの既存最大残留基準(MRL)を改訂した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5499
2018/12/21その他欧州食品安全庁(EFSA)【Modification of the existing maximum residue level for captan in hops (2018/12/21)】
EFSAは、ホップ中のキャプタンのメピコートの既存最大残留基準(MRL)を改訂した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5498
2018/12/21有害性評価・試験法欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Minutes of the Working Group Meeting on Methodologies of 14 December 2018 (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、12月14日に開催された評価手法に関する会合の議事録を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_miwg_053.pdf
2018/12/21食品・化粧品・医薬品欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Minutes of the Working Group Meeting on Cosmetic Ingredients of 13 December 2018 (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、12月13日に開催された化粧品成分に関する会合の議事録を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_miwg_052.pdf
2018/12/21セミナー・審議会・会合・資料公開欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Final Opinion on Salicylic acid (CAS 69-72-7) - Submission I (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、サリチル酸に関する最終意見を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs_o_223.pdf
2018/12/21有害性評価・試験法欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Preliminary Opinion open for comments on the hair dye substance 2-Methoxy-methyl-p-phenylenediamine and its sulfate salt - COLIPA n° A160 - deadline for comments: 5 March 2019 (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、毛染め染料の2-メトキシ - メチル-p-フェニレンジアミン(CASRN:337906-36-2)およびその硫酸塩(CASRN: 337906-37-3)(A160)の安全性について、コメントを募集している。コメントの提出期限は3月5日。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs_o_226.pdf
2018/12/21有害性評価・試験法欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Preliminary Opinion open for comments on Ethylzingerone - ‘Hydroxyethoxyphenyl Butanone’ (HEPB): 5 March 2019 (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、Ethylzingerone(INCI名:Hydroxyethoxyphenyl Butanone(HEPB)、CASRN:569646-79-3)の安全性について、コメントを募集している。コメントの提出期限は3月5日。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs_o_225.pdf
2018/12/21有害性評価・試験法欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Request for a scientific Opinion on Allergy Alert Test (AAT) as a proof-of-concept study (2018/12/21)】
欧州委員会SCCSは、概念実証研究としてのアレルギーアラート試験(AAT)に関して、科学的意見書を提示するよう欧州委員会から諮問を受けた。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_q_029.pdf
2018/12/20有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)ジアリルフタラートのCoRAPの物質評価結論文書を公表 【JETOC記事】
2018/12/20農薬・バイオサイド欧州食品安全庁(EFSA)【Peer review of the pesticide risk assessment of the active substance propanil (2018/12/20)】
EFSAは、確認データを踏まえた活性物質としてのプロパニルの農薬リスク評価のピアレビューに関する結論を公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5418
2018/12/20食品・化粧品・医薬品欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Minutes of the Working Group Meeting on Nanomaterials in Cosmetic Products of 12 December 2018 (2018/12/20)】
欧州委員会SCCSは、12月12日に開催された化粧品中のナノマテリアルに関する会合の議事録を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_miwg_051.pdf
2018/12/19法規制・インベントリ欧州委員会REACH第57条(f)に従い1,7,7-trimethyl-3-(phenylmethylene)bicyclo[2.2.1]heptan-2-one(3-benzylidene camphor) の高懸念物質としての特定に関する2018年12月14日付け委員会施行決定(EU) 2018/2013を公布 【JETOC記事】
2018/12/19法規制・インベントリ欧州委員会4種のフタラート(DEHP、DBP、BBP及びDIBP)に関してREACH付属書XVIIを修正する2018年12月17日付け委員会規則(EU) 2018/2005を公布 【JETOC記事】
2018/12/19セミナー・審議会・会合・資料公開ECHA制限提案に関するパブリックコンサルテーションを開始(対象:2物質群、コメント提出期限:2019年6月19日) 【JETOC記事】
2018/12/19セミナー・審議会・会合・資料公開ECHACLP 物質の分類表示の調和化提案(CLH)に関するパブリックコンサルテーション(対象:3物質、コメント提出期限:2019年3月1日) 【JETOC記事】
2018/12/19法規制・インベントリECHA殺生物性製品専門委員会が消毒剤に対する連合認可について結論を下す 【JETOC記事】
2018/12/19農薬・バイオサイド欧州食品安全庁(EFSA)【Outcome of the consultation with Member States, the applicant and EFSA on the pesticide risk assessment for mesotrione in light of confirmatory data (2018/12/19)】
EFSAは、確証データを踏まえたメソトリオンの農薬リスク評価に関する加盟国、申請者及びEFSAのパブリックコメント募集結果を公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-1527
2018/12/19法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Submitted restrictions under consideration (2018/12/19)】
ECHAは、REACH規則に基づく制限対象物質に対して以下の物質の追加を提案し、パブリックコンサルテーションを開始した。コメント提出期限は、一次締切が2019年3月1日、最終締切が2019年6月19日。
・N,N-dimethylformamide (CASRN: 68-12-2)
・cobalt sulphate cobalt dinitrate cobalt dichloride cobalt carbonate cobalt di(acetate) (CASRNなし)
https://echa.europa.eu/restrictions-under-consideration
2018/12/19法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 19 December 2018 (2018/12/19)】
ECHAは、ECHA Weekly(12月19日号)を発行した。内容は、
・[REACH] Potassium permanganate (CASRN:7722-64-7)、Diallyl phthalate (CASRN:131-17-9)、Silver (CASRN:7440-22-4)に対する物質評価が完了
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-19-december-2018
2018/12/19その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 19 December 2018】
ECHAは ECHA Weekly の2018/12/19版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-19-december-2018
2018/12/19セミナー・審議会・会合・資料公開欧州化学品庁(ECHA)【Submitted restrictions under consideration】
ECHAは、5つのコバルト化合物に対する制限提案、および
N,N-dimethylformamide(CAS-RN 68-12-2)に対する制限提案を公開し、
2019/6/19までの意見募集を開始した。
コバルト化合物の制限案[PDF]
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/0015c4ff-3036-9206-26ba-c6ff7ddf18e6
N,N-dimethylformamideの制限案[PDF]
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/93384644-983c-9bf4-f7b3-b9d80348b8ca
https://www.echa.europa.eu/restrictions-under-consideration
2018/12/18その他ECHA2017年中のEUのPIC(事前通報承認)化学品の輸出入実績を公表、輸出量最大は1,2-ジクロロエタン、輸入量最大はベンゼン 【JETOC記事】
2018/12/18有害性評価・試験法ECHA第1回有害性化学品の輸出に関するEUの協調的な執行プロジェクトの結果を公表 【JETOC記事】
2018/12/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on a Union authorisation for disinfectants (2018/12/18)】
ECHAは、殺生物性製品専門委員会(BPC)が開催され、酪農飼育動物向け消毒剤(PT3)へのヨウ素適用に関する連合認可を承認したことを発表した。その他、いくつかの活性物質(銀亜鉛ゼオライト、銀ゼオライト、銀銅ゼオライト、銀ナトリウムリン酸水素ジルコニウム、ADBAC/BKC、DDAC、イカリジン)についても承認された。
https://echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-a-union-authorisation-for-disinfectan-1
2018/12/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on a Union authorisationfor disinfectants】
ECHAは、殺生物性製品委員会(BPC)が家畜衛生に使用されるヨウ素系の
殺生物性製品群の欧州連合認可申請を支持する意見を採択したことを
報じている。またBPCは、
- silver zinc zeolite の製品型 2、7、9への使用
- silver zeolite の製品型 9への使用
- silver copper zeolite の製品型 9への使用
- silver sodium hydrogen zirconium phosphate の製品型 9への使用
- ADBAC/BKC の製品型 3、4への使用
- DDAC の製品型 3、4への使用
- icaridin の製品型19への使用
を承認することを支持するとしている。
https://www.echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-a-union-authorisation-for-disinfectan-1
2018/12/17その他ECHA2019-2023年の複数年度戦略計画を採択、欧州における化学品に関する情報を最大限に活用する 【JETOC記事】