ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

ケミマガ アーカイブスとは

・「ケミマガ アーカイブス」とは、みずほ情報総研(MHIR)が配信しているメールマガジン「ケミマガ」(化学物質管理に関する国内外の主要ホームページにおける新着情報や報道発表情報を網羅的に収集・整理したもの)と、(独)製品評価技術基盤機構が発行している「NITEケミマガ」について、過去の配信情報も含めて国別、ジャンル別にリストに整理したものです。「ケミマガ」について詳しくは、こちらを、 「NITEケミマガ」について詳しくはこちらを、それぞれご覧ください。
・また、ケミマガアーカイブスでは、一般社団法人  日本化学物質安全・情報センター(JETOC)にご協力いただき、JETOCのホームページに掲載されている最新情報の見出し記事を掲載しております。見出し記事の元ページについてはこちらをご覧ください。なお、JETOCの記事については末尾に【JETOC記事】を付与しています。
・ケミマガアーカイブスでは、これらの情報を国別、ジャンル別に分けて表示することができますので、欲しい情報を探しやすくなるほか、国やジャンルごとの国内外の動きや経緯を振り返ることも可能となります。
・更新頻度については年に3回を予定しております。
・「ケミマガ」、「キーワードによる検索」については、こちらをご覧ください。

一覧表示(時系列順)

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2018/05/08セミナー・審議会・会合・資料公開環境省【次期廃棄物処理施設整備計画(案)に対する意見の募集について (2018/05/08)】
5月8日から5月28日までの間、標記の意見募集が行われている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195180008&Mode=0
2018/05/08セミナー・審議会・会合・資料公開環境省【「第四次循環型社会形成推進基本計画(案)」に対する意見の募集について (2018/05/08)】
5月8日から5月28日までの間、標記の意見募集が行われている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195180007&Mode=0
2018/05/08セミナー・審議会・会合・資料公開産業環境管理協会(JEMAI)【環境関連法改正情報(2018年4月分)を更新しました】
標記資料が掲載された。
https://www.e-jemai.jp/jemai_club/act_amendment/
2018/05/07セミナー・審議会・会合・資料公開厚生労働省【[職場のあんぜんサイト]化学物質による災害事例を更新しました。 (2018/05/07)】
標記お知らせが掲載された。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/kag/saigaijirei.htm
2018/05/07有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【Request for Information - Technologies for Identifying Developmental Toxicants (2018/05/07)】
米国NTP代替法評価に関する毒性学プログラム省庁間センター(NICEATM)は、生殖発生毒性の可能性がある物質を特定するための方法に係る情報を募集している。
https://ntp.niehs.nih.gov/pubhealth/evalatm/test-method-evaluations/dev-tox/nonanimal/index.html
2018/05/07法規制・インベントリ米国労働安全衛生局(OSHA)【Revising the Beryllium Standard for General Industry (2018/05/07)】
米国OSHAは、一般産業におけるベリリウムの作業環境基準を改定した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/05/07/2018-09306/revising-the-beryllium-standard-for-general-industry
2018/05/05法規制・インベントリカナダ【Publication of final decision after screening assessment of Ethylene Diaminetetraacetic Acid (EDTA) and three of its salts specified on the Domestic Substances List (paragraphs 68(b) and (c) or subsection 77(6) of the Canadian Environmental Protection Act, 1999) (2018/05/05)】
Canada Gazette
Government of Canada
カナダ政府は、国内物質リストに収載されているEDTA及びその3種類の塩のリスクアセスメント結果を公表した。コメントの提出期限は6月27日。
2018/05/05有害性評価・試験法カナダ【EDTA and its Salts Group】
カナダ政府は、エチレンジアミン四酢酸(EDTA)およびその塩類の
最終スクリーニング評価を発表した。
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/edta-salts-group.html
2018/05/04法規制・インベントリ欧州委員会 (DG Environment)【Commission Regulation (EU) 2018/669 of 16 April 2018amending,for the purposes of its adaptation to technical and scientificprogress, Regulation (EC) No 1272/2008 of the European Parliamentand of the Council on classification, labelling and packaging ofsubstances and mixtures】
欧州委員会は、欧州CLP規則 (EC) No 1272/2008 を、技術及び科学進歩への
適用させるために改正する2018/4/16付け委員会規則 (EU) 2018/669 を
官報公示した。この改正は2019/12/1より適用される。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1525653885334&uri=CELEX:32018R0669
2018/05/04法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Memorandum of Understanding between the OECD and the Guangdong Provincial Centre for Disease Control and Prevention (2018/05/04)】
OECDは、広東省疾病対策予防センタ−と、化学物質規制と政策決定における中国の取り組みをサポートするために協働を手掛ける覚書を結んだことを公表した。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/testing/memorandum-of-understanding-between-the-guangdong-provincial-centre-and-the-oecd.htm
2018/05/04法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Memorandum of Understanding between the OECD and the GuangdongProvincial Centre for Disease Control and Prevention】
OECDは4月24日、中国の化学物質規則と政策立案への取組を支援するため、
広東省疾病予防センターと化学分野における協力を表明するMOUに署名した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/memorandum-of-understanding-between-the-guangdong-provincial-centre-and-the-oecd.htm
2018/05/04有害性評価・試験法米国カリフォルニア州【Notice of Adoption of Reference Exposure Levels for Ethylene Glycol Mono-N-Butyl Ether (2018/05/04)】
米国カリフォルニア州環境保護庁環境健康有害性評価局(OEHHA)は、Ethylene Glycol mono-n-Butyl Ether (EGBE)(CAS No. 111-76-2)について、ばく露限界値(RELs)を設定した。
https://oehha.ca.gov/air/crnr/notice-adoption-reference-exposure-levels-ethylene-glycol-mono-n-butyl-ether
2018/05/03法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling current consultations (2018/05/03)】
ECHAは、CLP規則に基づき、調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の1物質で、コメント提出期限は、7月2日。
・(RS)-1-{1-ethyl-4-[4-mesyl-3-(2-methoxyethoxy)-o-toluoyl]pyrazol-5-yloxy}ethyl methyl carbonate; tolpyralate(CAS: 1101132-67-5)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/05/03SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、(RS)-1-{1-ethyl-4-[4-mesyl-3-(2-methoxyethoxy)-o-toluoyl]pyrazol
-5-yloxy}ethyl methyl carbonate; tolpyralate の欧州調和分類と表示の案に
関する意見募集を開始した。意見募集は2018/7/2までとなっている。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/05/03農薬・バイオサイド欧州食品安全庁(EFSA)【Peer review of the pesticide risk assessment of the active substance spinosad (2018/05/03) EFSAは、確認データを踏まえた活性物質としてのスピノサドの農薬リスク評価のピアレビューに関する結論を公表した。】
2018/05/03手法・ツール欧州労働安全衛生機構(EU-OSHA)【Five new OiRA tools published in 2018! (2018/05/03)】
EU-OSHAは、2018年に5つの新しいOiRAツールが公表されたことのお知らせを掲載した。
https://oiraproject.eu/en/news/five-new-oira-tools-published-2018
2018/05/03その他米国環境保護庁(US EPA)【EPA is announcing the availability of the preliminary agenda, including the science topics, for the May 23, 2018 IRIS Public Science Meeting. (2018/05/03)】
米国EPAは、5月23日に開催されるIRISのパブリックサイエンスミーティングの議事日程を公表した。
https://www.epa.gov/iris/iris-public-science-meeting-may-2018
2018/05/03有害性評価・試験法米国環境保護庁(US EPA)【IRIS Public Science Meeting (May 2018)】
EPAは、アンモニアおよびアンモニウム塩のIRIS評価計画(IAP)に関する意見と
フィードバックを提供する公開協議を2018/5/23に開催するが、科学の話題を
含む予備的な議題が利用可能と報じている。
議題は次のURからDLできる。→ https://www.epa.gov/iris/iris-public-science-meeting-may-2018#tab-2
https://www.epa.gov/iris/iris-public-science-meeting-may-2018
2018/05/03有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【NTP Update - May 2018 now available (2018/05/03)】
米国国家毒性プログラム(NTP)は、NTP Update Newsletterを公表した。
https://ntp.niehs.nih.gov/go/ntpupdate
2018/05/02法規制・インベントリカナダ【Children’s Jewellery Regulations: SOR/2018-82 (2018/05/02)】
カナダ政府は、子供向け宝飾品における鉛及びカドミウムの含有量を制限する規則を公表した。具体的な基準は以下の通り。また鉛規制の対象となっていた製品の範囲も広がった。11月2日に施行予定。
・鉛:600mg/kgから90mg/kgに変更
・カドミウム:130mg/kg
https://www.canada.ca/en/health-canada/news/2018/05/new-government-of-canada-regulations-protect-children-from-exposure-to-lead-and-cadmium.html
2018/05/02法規制・インベントリカナダ【New Government of Canada regulations protect children from exposure to lead and cadmium (2018/05/02)】
カナダ政府は、子供向け宝飾品における鉛及びカドミウムの含有規制に関するニュースを公表した。
https://www.canada.ca/en/health-canada/news/2018/05/new-government-of-canada-regulations-protect-children-from-exposure-to-lead-and-cadmium.html
2018/05/02法規制・インベントリ欧州委員会 (DG GROWTH)【Commission Regulation (EU) 2018/675 of 2 May 2018 amendingthe Appendices to Annex XVII to Regulation (EC) No 1907/2006of the European Parliament and of the Council concerningthe Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction ofChemicals (REACH) as regards CMR substances】
欧州委員会は、REACH規則 (EC) No 1907/2006 の附属書XVII及びその別表を
改正する委員会規則 (EU) 2018/675 を官報公示した。CMR物質のEntry 28、29、
30が置き換えられ、その別表 2、4、6に物質が挿入される。
この改正はformaldehyde … %が発行日から適用されることを除き、
2018/12/1より適用される。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1525653885334&uri=CELEX:32018R0675
2018/05/02法規制・インベントリ欧州委員会(EU European Commission)【Commission Regulation (EU) 2018/675 of 2 May 2018 amending the Appendices to Annex XVII to Regulation (EC) No 1907/2006 of the European Parliament and of the Council concerning the Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals (REACH) as regards CMR substances (2018/05/02)】
欧州委員会は、CMR物質に関してREACH規則附属書XVIIの付録を修正する、2018年5月2日付け委員会規則(EU) 2018/675を公布した。2018年5月24日発効予定。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/AUTO/?uri=CELEX:32018R0675&qid=1525775020794&rid=1
2018/05/02法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ENES Work Programme until 2020: Improving safe use of chemicals in supply chains (2018/05/02)】
ECHAは、REACH規則に基づく暴露シナリオ交換ネットワーク(ENES)における2020年目標(24の目標)と、それを踏まえた2018年の実施計画を公表した。
https://echa.europa.eu/-/enes-work-programme-improving-safe-use-of-chemicals-in-supply-chains-until-2020
2018/05/02法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Calls for comments and evidence (2018/05/02)】
ECHAは、REACH規則に基づく制限提案のため、dodecamethylcyclohexasiloxane (D6) (CAS:540-97-6)の用途等に関する情報提供を求めている。なお、以下2物質についても同様に、2017年以降に得られた新たな知見の情報提供を求めている。情報提出期限は、6月18日。
・octamethylcyclotetrasiloxane (D4)(CAS: 556-67-2); decamethylcyclopentasiloxane (D5)(CAS: 541-02-6);
https://echa.europa.eu/calls-for-comments-and-evidence
2018/05/02法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Updated FEICA and EFCC use maps now available in Chesar format (2018/05/02)】
ECHAは、REACH規則に基づいてChesarで利用可能な接着剤・封止剤工業会(FEICA)及び建築用化学品工業会(EFCC)の用途地図(Use map)を更新したことを発表した。
https://chesar.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/updated-feica-and-efcc-use-maps-now-available-in-chesar-format
2018/05/02法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Using the UFI for your products and mixtures (2018/05/02)】
ECHAは、4月26日に開催したセミナー資料を公開している。2017年に改正されたCLP規則に基づき導入された固有の識別子(UFI)の概要及び作成方法、管理方法の説明に係るもの。
https://poisoncentres.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/using-the-ufi-for-your-products-and-mixtures
2018/05/02法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 2 May 2018 (2018/05/02)】
ECHAは、ECHA Weekly(5月2日号)を発行した。内容は、
・[REACH] 2018年の登録状況を公開
・[REACH] 欧州委員会が衣類・織物・履物に含有するCMR33物質の制限を提案
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-2-may-2018
2018/05/02その他欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 2 May 2018】
ECHAは ECHA Weekly の2018/5/2版を掲載した。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-2-may-2018
2018/05/02有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【ENES Work Programme until 2020: Improving safe use of chemicals insupply chains】
ECHAは、暴露シナリオ情報交換ネットワーク(ENES)の更新された2020年までの
作業プログラムはサプライチェーンにおける化学物質安全性評価と情報伝達を
改善するツールとなると報じている。
ENES作業プログラム[PDF]→ https://www.echa.europa.eu/documents/10162/23915781/enes_work_programme_to_2020_en.pdf/7862a4b5-0e5b-e4ea-c47c-6caf72cee847
https://www.echa.europa.eu/-/enes-work-programme-improving-safe-use-of-chemicals-in-supply-chains-until-2020
2018/05/02その他欧州化学品庁(ECHA)【Current calls for comments and evidence】
ECHAは、環状シロキサンであるD4、D5、D6の消費者製品および専門家製品への
使用に関する情報提供を求めている。情報提供は2018/6/18までとなっている。
https://www.echa.europa.eu/calls-for-comments-and-evidence
2018/05/02法規制・インベントリ官報情報【輸入割当てを受けるべき貨物の品目、輸入の承認を受けるべき貨物の原産地又は船積地域その他貨物の輸入について必要な事項の公表の一部を改正する件(経済産業九三)】
標記告示が掲載された。
http://kanpou.npb.go.jp/20180502/20180502g00096/20180502g000960022f.html
2018/05/02法規制・インベントリ環境省【廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見の募集(パブリックコメント)について (2018/05/02)】
5月2日から6月1日までの間、標記の意見募集が行われている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195180006&Mode=0
2018/05/02法規制・インベントリ環境省【廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見の募集(パブリックコメント)について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
5月2日から6月1日までの間、標記の意見募集が行われる。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195180006&Mode=0
2018/05/02法規制・インベントリ経済産業省【昭和四十一年通商産業省告示第百七十号(輸入割当てを受けるべき貨物の品目、輸入の承認を受けるべき貨物の原産地又は船積地域その他貨物の輸入について必要な事項の公表)等の一部改正○電子政府総合窓口(e-Gov)】
標記お知らせが掲載された。水俣条約締約国の追加等に伴う、当然必要とされる
規定の整理並びにその他の軽微な変更に係るものであるため、意見募集は
行われていない。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118033&Mode=2
2018/05/02法規制・インベントリ経済産業省【「輸入割当てを受けるべき貨物の品目、輸入の承認を受けるべき貨物の原産地又は船積地域その他貨物の輸入について必要な事項の公表」の一部改正について[PDF]】
標記告示が掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/download/exim/2018/20180502_029_ei.pdf
2018/05/02法規制・インベントリ厚生労働省【「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(亜セレン酸ナトリウム及びビオチンの規格基準の改正)に係る御意見の募集について (2018/05/02)】
5月2日から5月31日までの間、標記の意見募集が行われている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180020&Mode=0
2018/05/02農薬・バイオサイド農林水産消費安全技術センター(FAMIC)【農薬登録情報ダウンロードを更新しました。】
標記お知らせが掲載された。
http://www.acis.famic.go.jp/ddownload/index.htm
2018/05/01法規制・インベントリオーストラリア【Chemical Gazette-No. C 05, May 2018 (2018/05/01)】
オーストラリアNICNASは、化学品官報2018年5月号を掲載した。内容は、
・法第20(b)条に基づき、化学物質インベントリーに収載した物質の修正
・法第20AB条に基づき、AICS商品名付属書(TNA)で提供された情報のオーストラリア化学物質インベントリー(AICS)公開の部への追加
・法第20(a)条、20(b)条に基づき、名称が訂正された物質
・法第14条第(1)項に基づき、審査証明書交付5年後にオーストラリア化学物質インベントリー(AICS)に新たに収載された物質
・法第13B条に基づき、オーストラリア化学物質インベントリー(AICS)に新たに収載した物質
・法第38条(5)(d)に基づき、新たに製造、輸入された物質の報告書の公開
・法第30条Aに基づき、早期導入が認められた物質
・法第21条Uに基づき、少量許可証が与えられた物質
・法第21条Gに基づき、商業的評価許可証が与えられた物質
https://www.nicnas.gov.au/news-and-events/chemical-gazette/numbers/2018/no.-c-05,-may-2018
2018/05/01セミナー・審議会・会合・資料公開環境省【水銀等の貯蔵及び水銀含有再生資源の管理は6/30までにご報告を!】
標記お知らせが掲載された。
http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law.html
2018/05/01法規制・インベントリ経済産業省【「水銀に関する水俣条約の締約国について」の一部改正について (2018/05/01)】
標記お知らせが掲載された。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118032&Mode=2
2018/05/01法規制・インベントリ経済産業省【「水銀に関する水俣条約の締約国について」の一部改正について[PDF]】
標記お知らせが掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/download/export/2018/20180501_suiginteiyakukoku.pdf
2018/05/01法規制・インベントリ厚生労働省【平成29年度農薬危害防止運動の実施について(平成29年4月26日薬生発0426第1号・29消安第225号・環水大土発第1704261号)[PDF]】
・平成30年度農薬危害防止運動の実施について
(平成30年4月25日薬生発0425第1号・30消安第256号・
環水大土発第1804251号)[PDF]
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180501I0020.pdf
厚生労働省法令等データベースに標記通知が掲載された。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180501I0040.pdf
2018/05/01法規制・インベントリ厚生労働省【毒物及び劇物の適正な保管管理の徹底について(平成30年2月2日薬生薬審発0202第5号)[PDF]】
厚生労働省法令等データベースに標記通知が掲載された。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180501I0030.pdf
2018/05/01法規制・インベントリ厚生労働省【機械等検定規則の一部を改正する省令の施行及び防じんマスクの規格の適用について(平成30年4月26日基発0426第5号)[PDF]】
厚生労働省法令等データベースに標記通知が掲載された。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180501K0010.pdf
2018/05/01セミナー・審議会・会合・資料公開産業環境管理協会(JEMAI)【環境関連法改正情報(2018年3月分)を更新しました】
標記資料が掲載された。
https://www.e-jemai.jp/jemai_club/act_amendment/
2018/05/01法規制・インベントリ日本貿易振興機構(JETRO)【環境保護のためレジ袋の取り扱いを規制(ルーマニア) (2018/05/01)】
標記情報が掲載された。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/f8fe620b989dc185.html
2018/05/01農薬・バイオサイド農林水産消費安全技術センター(FAMIC)【登録・失効農薬情報を更新しました。】
標記お知らせが掲載された。
http://www.acis.famic.go.jp/toroku/index.htm
2018/04/30有害性評価・試験法イギリス【Drinking water 2017 (2018/04/30)】
英国飲料水検査(Drinking Water Inspectorate, DWI)は、飲料水質の監視結果に関する2017年年次報告書(第1、2四半期)を公表した。
http://www.dwi.gov.uk/about/annual-report/2017/index.html
2018/04/30法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【New format for notifying information on hazardous mixtures for poison centres (2018/04/30)】
ECHAは、CLP規則に基づき加盟国に指名・設置された機関に対して危険性混合物の情報を通知するための様式(PCN)を更新したことを公表した。
https://echa.europa.eu/-/new-format-for-notifying-information-on-hazardous-mixtures-for-poison-centres
2018/04/30有害性評価・試験法欧州化学品庁(ECHA)【Pilot project to assess new PCN format (2018/04/30)】
ECHAの毒物センター(Poison Centres)は、Poison Centers Notification(PCN)の様式のユーザービリティを評価するパイロットプロジェクトを開始することを発表した。
https://poisoncentres.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/pilot-project-to-assess-new-pcn-format
2018/04/30その他欧州化学品庁(ECHA)【New format for notifying information on hazardous mixturesfor poison centres】
ECHAは有害混合物に関する情報を加盟国の指定機関に提出するためのPoison
Centres Notification (PCN)の様式を公開した。
このPCN様式は次のURLからDLできる→ https://poisoncentres.echa.europa.eu/poison-centres-notification-format
https://www.echa.europa.eu/-/new-format-for-notifying-information-on-hazardous-mixtures-for-poison-centres
2018/04/30法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Strengthening Transparency in Regulatory Science (2018/04/30)】
米国EPAは、規制の科学の透明性を向上させることを目的とする規則案を公表した。コメント提出期限は、5月30日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-09078
2018/04/30法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Strengthening Transparency in Regulatory Science】
EPAは規制科学の透明性を強化することを意図した規則を提案することを
官報で予告した。規則はEPAが規則を策定する場合、その措置の中核をなる
科学的研究が、それを裏付けるデータが独立した検証に十分で、公に利用可能で
あることをEPAは確保しなければならない。
この提案への意見は2018/5/30までとしている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/04/30/2018-09078/strengthening-transparency-in-regulatory-science
2018/04/28法規制・インベントリカナダ【Publication after screening assessment of two substances in the Organic Peroxides Group — hydroperoxide, 1-methyl-1-phenylethyl (CHP), CAS RN 80-15-9, and peroxide, bis(1-methyl-1-phenylethyl) [DCUP], CAS RN 80-43-3 — specified on the Domestic Substances List (subsection 77(1) of the Canadian Environmental Protection Act, 1999) (2018/04/28)】
Canada Gazette
Government of Canada
カナダ政府は、国内物質リストに収載されている2種類の有機過酸化物グループのリスクアセスメント結果を公表した。コメントの提出期限は6月27日。
2018/04/28法規制・インベントリカナダ【The proposed Regulations Repealing the Chlor-Alkali Mercury Release Regulations made under the Canadian Environmental Protection Act, 1999 were published for a 60-day public comment period ending on June 27, 2018. (2018/04/28)】
Canada Gazette
カナダ政府は、クロロアルカリ水銀の放出抑制規則を廃止する規則を提案した。コメントの提出期限は6月27日。
2018/04/28法規制・インベントリカナダ【Canada Gazette, Part I, Volume 152, Number 17: Regulations Repealingthe Chlor-Alkali Mercury Release Regulations】
カナダ政府は、クロロアルカリ法からの水銀放出規則を廃止する規則案を
官報公示した。この規則案への意見募集は2018/6/27まで60日間としている。
http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2018/2018-04-28/html/reg1-eng.html
2018/04/27有害性評価・試験法カナダ【Organic Peroxides Group】
カナダ政府は、有機過酸化物グループのスクリーニング評価案を公開し、
2018/6/27まで60日間の意見募集を開始した。
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/organic-peroxides-group.html
2018/04/27食品・化粧品・医薬品欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)【Minutes of the Working Group Meeting on Cosmetic Ingredients of 18 April 2018 (2018/04/27) 】
欧州委員会SCCSは、4月18日に開催された化粧品成分に関する会合の議事録を公表した。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/scientific_committees/consumer_safety/docs/sccs2016_miwg_038.pdf
2018/04/27農薬・バイオサイド欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on four active substances in disinfectants and preservatives (2018/04/27)】
ECHAの殺生物製品専門委員会(BPC)は、以下3種の活性物質(及びそれらの製品類型との組み合わせ)の承認に関する12件の意見を受理したことを公表した。また、1物質については承認不可としたことを公表した。
<新規承認>
・active chlorine generated from sodium chloride by electrolysis for disinfectants for PT 1, 2, 3, 4, 5
・active chlorine released from hypochlorous acid for disinfectants for PT 1, 2, 3, 4, 5
・carbendazim for preservatives for PT 7, 10
<承認不可>
・Willaertia magna c2c Maky for preservatives for PT 11
https://echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-four-active-substances-in-disinfectants-and-preservatives
2018/04/27農薬・バイオサイド欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on four active substancesin disinfectants and preservatives】
ECHAの殺生物性製品委員会は消毒剤および防腐剤に使用される4種の活性物質に
ついての意見を結論づけた。殺生物性製品委員会の意見書[PDF]
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/23821863/bpc25_nr_annex_en/6d717d39-d39a-ecfd-c882-ee1c66710175
https://www.echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-four-active-substances-in-disinfectants-and-preservatives
2018/04/27有害性評価・試験法欧州食品安全庁(EFSA)【Literature review and appraisal on alternative neurotoxicity testing methods (2018/04/27)】
EFSAは、神経毒性の代替試験法に関する文献レビュー結果を公表した。
http://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1410e
2018/04/27法規制・インベントリ官報情報【経済産業省告示「石油の備蓄の確保等に関する法律施行規則第三十三条第二項の規定に基づき経済産業大臣が定める要件の一部を改正する件(経済産業八九)」 (2018/04/27)】
2018/04/27有害性評価・試験法環境省【[エコチル調査]平成29年度第2回企画評価委員会議事録を掲載しました。 (2018/04/27) 】
3月15日に開催された標記会合の議事録が掲載された。主な議題は
(1)エコチル調査の実施状況について
(2)平成29年度年次評価について
など
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/evaluation/commission/shiryo/h29_2/h29_2gijiroku1.pdf
2018/04/27セミナー・審議会・会合・資料公開環境省【中央環境審議会第25回総会を開催します (2018/04/27)】
5月16日に標記会合が開催される。主な議題は、
(1)各部会の審議状況について
(2)当面の諸課題について
など
http://www.env.go.jp/press/105422.html
2018/04/27有害性評価・試験法環境省【平成29年度第2回エコチル調査企画評価委員会議事録を掲載しました[PDF]】
3月15日に開催された標記会合の議事録が掲載された。議題は、
1.エコチル調査の実施状況について
2.平成29年度年次評価について
3.その他
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/evaluation/commission/shiryo/h29_2/h29_2gijiroku1.pdf
2018/04/27その他環境省【PCB特別措置法に基づくPCB廃棄物の保管等の届出の全国集計結果(平成28年度)について】
標記結果が掲載された。
http://www.env.go.jp/press/105440.html
2018/04/27法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【平成30年度第2回少量新規化学物質の受付案内を掲載しました。 (2018/04/27)】
経済産業省
厚生労働省
標記お知らせが掲載された。
2018/04/27法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律に基づく少量新規化学物質の申出手続について】
○厚生労働省→ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000205126.html
標記お知らせが掲載された。平成30年度第2回少量新規化学物質の製造及び
輸入の申出は、平成30年6月1日(金)から6月8日(金)まで。
平成30年度第2回少量新規化学物質の申出手続について [PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/todoke/h30-2shoryo.pdf
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/todoke/shinki_shoryo_index.html
2018/04/27食品・化粧品・医薬品厚生労働省【平成30年4月26日薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会添加物部会 (2018/04/27)】
4月26日に開催された標記会合の配布資料が掲載された。議題は、
(1)亜セレン酸ナトリウム及びビオチンの規格基準改正について
など
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000203655.html
2018/04/27SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度GHS分類結果を一部修正しました。 (2018/04/27)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/04/27SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度GHS分類結果の25物質を修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
正誤表はこちら[PDF]→ http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h28_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/04/27法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]コラム:RoHS指令に関する新たな調査プロジェクト (2018/04/27)】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/180427.html
2018/04/27法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]RoHS Q.534:RoHS(II)指令の規制対象製品について、スターターを搭載していないガソリンエンジンで、電気スパークを利用して混合気に点火するイグニッションコイルを搭載しているガソリンエンジンはRoHS(II)指令の規制対象製品になるか。もし対象製品となる場合には、そのエンジンを搭載しているエンジンポンプも規制対象製品になるか。 (2018/04/27)】
標記Q&Aが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/534.html
2018/04/27法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]RoHSコラム:RoHS指令に関する新たな調査プロジェクト】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/180427.html
2018/04/27法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]RoHS新着Q&A:Q.534 RoHS(II)指令の規制対象製品について教えてください。スターターを搭載していないガソリンエンジンで、電気スパークを利用して混合気に点火するイグニッションコイルを搭載しているガソリンエンジンはRoHS(II)指令の規制対象製品になりますか。もし対象製品となる場合には、そのエンジンを搭載しているエンジンポンプも規制対象製品になりますか。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/534.html
2018/04/27その他農林水産消費安全技術センター(FAMIC)【メールマガジンバックナンバーに第728号を掲載しました。[PDF]】
標記メールマガジンが掲載された。
http://www.famic.go.jp/mail_magazine/backnumbers/No728.pdf
2018/04/27ナノ物質文部科学省【第9期ナノテクノロジー・材料科学技術委員会(第4回) 配付資料】
4月11日に開催された標記会合の配布資料が掲載された。議題は、
1.ナノテクノロジー・材料分野における取組について
2.物質・材料研究機構の最近の取組について
3.その他
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/015-8/shiryo/1403904.htm
2018/04/27法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Alternative Testing Methods Draft Strategic Plan; Extension of Comment Period (2018/04/27)】
米国EPAは、改正TSCAに基づく、代替試験を促進するドラフト戦略計画に関するコメント提出期限を、5月11日まで延長することを公表した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/04/27/2018-08974/tsca-alternative-testing-methods-draft-strategic-plan-extension-of-comment-period
2018/04/27法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Alternative Testing Methods Draft Strategic Plan; Extension ofComment Period】
EPAはTSCA第4条(h)に基づき代替試験法の開発と実施を促進する戦略計画案を
発表しているが、意見募集の〆切を2018/4/28から2018/5/11まで延長することを
官報公示した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/04/27/2018-08974/tsca-alternative-testing-methods-draft-strategic-plan-extension-of-comment-period
2018/04/26法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA welcomes improved clarity on nanomaterials in the EU - Member States vote to amend REACH Annexes (2018/04/26)】
ECHAは、4月26日のREACH委員会においてナノマテリアルを適切に登録可能にするREACH規則のAnnex修正案を加盟国が提案したことを公表した。修正案は欧州議会及び欧州理事会で審査され、3カ月後に欧州委員会の採決を受けることとなる。
https://echa.europa.eu/-/echa-welcomes-improved-clarity-on-nanomaterials-in-the-eu-member-states-vote-to-amend-reach-annexes
2018/04/26法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA welcomes improved clarity on nanomaterials in the EU- Member States vote to amend REACH Annexes】
ECHAは、REACH委員会が物質のナノフォームを明示的に取り扱うためREACH規則の
附属書を改正することを採決したことを歓迎すると報じている。
欧州委員会規則の草案は、欧州委員会で採択される前に、欧州議会と理事会に
よる3ヶ月間精査の対象となっている。
欧州委員会規則の草案はこのURLから→ http://ec.europa.eu/transparency/regcomitology/index.cfm?do=search.documentdetail&Dos_ID=15915&DS_ID=56122&Version=1
https://www.echa.europa.eu/-/echa-welcomes-improved-clarity-on-nanomaterials-in-the-eu-member-states-vote-to-amend-reach-annexes
2018/04/26法規制・インベントリ環境展望台:国立環境研究所【カナダ環境・気候変動省、石油・ガス部門からのメタン排出を半減させる規制を最終決定 (2018/04/26)】
カナダ環境・気候変動省は、強力な温室効果ガスであるメタンの排出削減のため、最大のメタン排出部門である石油・ガス部門の採掘や生産を対象に新たな排出規制を発表した。
http://tenbou.nies.go.jp/news/fnews/detail.php?i=24046
2018/04/26法規制・インベントリ経済産業省【特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律に基づく届出等に関する省令の一部を改正する省令案に対する意見募集について (2018/04/26)】
4月26日から5月25日までの間、標記の意見募集が行われている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118031&Mode=0
2018/04/26法規制・インベントリ経済産業省【特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律に基づく届出等に関する省令の一部を改正する省令案に対する意見募集について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
4月26日から5月25日までの間、標記の意見募集が行われる。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118031&Mode=0
2018/04/26食品・化粧品・医薬品経済産業省・厚生労働省・環境省【平成29年度第10回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成29年度化学物質審議会第5回安全対策部会 第182回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会【第1部】[PDF]】
3月23日に開催された標記会合の議事録が掲載された。議題は、
1.優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価IIにおける評価等について
2.その他
http://www.meti.go.jp/committee/kagakubusshitsu/anzentaisaku/pdf/h29_05_01_gijiroku.pdf
2018/04/26法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【平成29年度10回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成29年度化学物質審議会第5回安全対策部会、第175回審査部会 第182回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会【第2部】[PDF]】
3月23日に開催された標記会合の議事録が掲載された。議題は、
1.化審法における優先評価化学物質のリスク評価及び一般化学物質の
スクリーニング評価に係る排出係数について
2.改正後化審法における少量新規化学物質及び低生産量新規化学物質申出に
係る排出係数について
3.改正後化審法における少量新規制度及び低生産量新規制度の数量確認に係る
判断基準について
4.その他
http://www.meti.go.jp/committee/kagakubusshitsu/anzentaisaku/pdf/h29_05_02_gijiroku.pdf
2018/04/26有害性評価・試験法厚生労働省【平成29年度 第2回化学物質のリスク評価検討会 議事録(2018年1月22日) (2018/04/26)】
資料
議事録
1月22日に開催された標記会合の配布資料と議事録が掲載された。議題は、
(1)経皮吸収による健康障害のおそれのある化学物質のリスク評価方法について
など
2018/04/26有害性評価・試験法厚生労働省【平成29年度 第2回化学物質のリスク評価検討会】
資料→ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204633.html
議事録→ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204738.html
1月22日に開催された標記会合の配布資料及び議事録が掲載された。議題は、
1.経皮吸収による健康障害のおそれのある化学物質のリスク評価方法について
2.その他
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudou.html?tid=491951
2018/04/26食品・化粧品・医薬品国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)【食品安全情報(化学物質)No.9(2018)を掲載しました。[PDF]】
標記資料が掲載された。
食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報が紹介されている。
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201809c.pdf
2018/04/26その他国立環境研究所(NIES)【資源循環・廃棄物研究センターオンラインマガジン「環環」2018年4月号 (2018/04/26)】
標記刊行物が掲載された。主な内容は下記のとおり。
・循環・廃棄物の基礎講座「化学物質の環境排出量と廃棄物処理・リサイクル」
など
http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/top/201804.html
2018/04/26法規制・インベントリ国立環境研究所(NIES)【高校生も楽しめる資源循環・廃棄物研究情報誌、オンラインマガジン環環2018年4月号「化学物質の環境排出量と廃棄物処理・リサイクル」「最近の中国の廃棄物原料 輸入規制強化とその影響」が公開されました。】
標記お知らせが掲載された。
http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/top/201804.html
2018/04/26SDS・GHS国連欧州経済委員会(UNECE)【GHS presentations】
UNECEは、GHS (Rev.7)のオンライン説明資料がスペイン語で利用可能となったと
報じている。
スペイン語資料は→ http://www.unece.org/es/trans/danger/publi/ghs/presentation_s.html
http://www.unece.org/trans/danger/publi/ghs/presentation_e.html#c11013
2018/04/26農薬・バイオサイド内閣府食品安全委員会【食品安全委員会 農薬専門調査会評価第四部会(第52回)の開催について (2018/04/26)】
5月14日に標記会合が開催される。議題は、
(1)農薬(イソプロチオラン)の食品健康影響評価について
など
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/annai/nouyaku_annai_hyouka4_52.html
2018/04/26セミナー・審議会・会合・資料公開内閣府食品安全委員会【報道関係者との意見交換会のお知らせ (2018/04/26)】
5月24日に標記会合が開催される。議題は、
「脂質の摂取について」
など
http://www.fsc.go.jp/koukan/annai/annai_journalists_20180524.html
2018/04/26農薬・バイオサイド内閣府食品安全委員会【食品安全委員会(第695回)の開催について】
5月8日に標記会合が開催される。議題は、
1.食品安全基本法第24条の規定に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について
・動物用医薬品 2品目
(1)ツラスロマイシンを有効成分とする豚の注射剤
(ドラクシン25)
(2)ミロサマイシンを有効成分とする豚の注射剤
(マイプラビン注100)
(農林水産省からの説明)
・遺伝子組換え食品等 1品目
CIN株を利用して生産されたキモシン
(厚生労働省からの説明)
・飼料添加物 1品目
アスタキサンチン
(農林水産省からの説明)
2.農薬専門調査会における審議結果について
・「フルピリミン」に関する審議結果の報告と意見・情報の募集について
3.微生物・ウィルス専門調査会における審議結果について
・「食品健康影響評価のためのリスクプロファイル
(鶏肉等におけるCampylobacter jejunilcoli)」について(報告)
4.食品安全基本法第24条の規定に基づく委員会の意見について
・動物用医薬品「過酸化水素を有効成分とするふぐ目魚類及びすずき目魚類の
外部寄生虫駆除剤(ムシオチール)」に係る食品健康影響評価について
・動物用医薬品「サラフロキサシン」に係る食品健康影響評価について
5.その他
http://www.fsc.go.jp/iinkai_annai/annai/annai695.html
2018/04/26農薬・バイオサイド内閣府食品安全委員会【食品安全委員会 農薬専門調査会評価第四部会(第52回)の開催について】
5月14日に標記会合(非公開)が開催される。議題は、
1.農薬(イソプロチオラン)の食品健康影響評価について
2.その他
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/annai/nouyaku_annai_hyouka4_52.html
2018/04/26その他米国消費者製品安全委員会(CPSC)【Labeling of Certain Household Products Containing Methylene Chloride; Supplemental Guidance; Correction (2018/04/26)】
米国CPSCは、塩化メチレンを含む塗料剥離剤の急性ハザードに対応するために表示に関するガイドラインの修正を公表した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/04/26/2018-08742/labeling-of-certain-household-products-containing-methylene-chloride-supplemental-guidance
2018/04/25法規制・インベントリ欧州委員会 (DG GROWTH)【Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCILon the marketing and use of explosives precursors, amending Annex XVIIto Regulation (EC) No 1907/2006 and repealing Regulation (EU)No 98/2013 on the marketing and use of explosives precursors】
欧州委員会は爆発物前駆体の販売と使用に関するREACH規則附属書XVIIを改正し、
爆発物前駆体の販売と使用に関する規則 (EU) No 98/2013を廃止する欧州議会
および欧州理事会規則の提案を官報公示した。欧州委員会はこの提案を
2018/4/25付けで欧州理事会宛てとしたことを官報公示した。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1524717600216&uri=CONSIL:ST_8342_2018_INIT
2018/04/25法規制・インベントリ欧州委員会 (DG GROWTH)【Commission Implementing Decision (EU) 2018/636 of 17 April 2018on the identification of dicyclohexyl phthalate (DCHP) as a substanceof very high concern according to Article 57(c) and (f) of Regulation(EC) No 1907/2006 of the European Parliament and of the Council(notified under document C(2018) 2167)】
欧州委員会はREACH規則(EC) No 1907/2006の第57条(c)および(f)に基づき
フタル酸ジシクロヘキシル(DCHP)を高懸念物質として特定する2018/4/17付け
欧州委員会執行決定(EU) 2018/636を官報公示した。この物質は
REACH規則第59条(1)に基づき候補物質リストに収載されるが、その理由は
生殖毒性(57(c))および内分泌かく乱特性 (57(f)-人健康)。
この決定はECHA宛てとしている。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1525223357177&uri=CELEX:32018D0636