ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

法規制・インベントリ

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2019/03/09法規制・インベントリカナダ【Arenes Group】
カナダ政府はアレーン(芳香族炭化水素)グループの最終スクリーニング評価を
発表した。評価されたクメン(CAS-RN 98-82-8)および7.12ージメチルテトラフェン
(CAS-RN 57-97-6)はカナダ環境保護法(CEPA 1999)第64条の基準には
合致しないが、リスク管理措置は検討中としている。
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/arenes-group.html
2019/03/09法規制・インベントリカナダ【Carboxylic Acid Anhydrides Group】
カナダ政府はカルボン酸無水物グループの最終スクリーニング評価を発表した。
評価された無水フタル酸(CAS-RN 85-44-9)、無水マレイン酸(CAS-RN 108-31-6)、
および無水トリメリット酸(CAS-RN 552-30-7)はカナダ環境保護法(CEPA 1999)
第64条の基準には合致しないとしている。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-03-09/html/notice-avis-eng.html#na2
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/carboxylic-acid-anhydride-group.html
2019/03/09法規制・インベントリカナダ【Carboxylic Acids Group】
カナダ政府はカルボン酸グループの最終スクリーニング評価を発表した。
評価された4種のカルボン酸はカナダ環境保護法(CEPA 1999)第64条の基準には
合致しないとしている。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-03-09/html/notice-avis-eng.html#na1
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/carboxylic-acid-group.html
2019/03/08法規制・インベントリ官報情報【労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則及び厚生労働省関係石綿による健康被害の救済に関する法律施行規則の一部を改正する省令(厚生労働二〇)】
標記省令が掲載された。
https://kanpou.npb.go.jp/20190308/20190308g00044/20190308g000440080f.html
2019/03/08法規制・インベントリ国土交通省【「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に関するパブリックコメントの募集について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
3月8日から4月7日までの間、標記の意見募集が行われる。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155190106&Mode=0
2019/03/08法規制・インベントリ厚生労働省【労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則及び厚生労働省関係石綿による健康被害の救済に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成31年3月8日厚生労働省令第20号)[PDF]】
厚生労働省法令等データベースに標記省令が掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/hourei/H190308K0010.pdf
2019/03/08法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACHコラム:REACH規則などの加盟国ヘルプデスクの活動】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/190308.html
2019/03/08法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]RoHS新着Q&A:Q.558 金属加工の工程でのフタル酸エステルの4物質(DEHP、BBP、DBP、DIBP)の移行に関して、可能性や対応などに関して公式に出されている文書があれば教えてください。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/558.html
2019/03/06法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Guidance on CLP】
ECHAは、CLP規則第45条の規定及び附属書VIIIに関するガイダンス(健康の
緊急事態対応に関する調和された情報に関する新たなガイダンス)を発表した。
これは上市された有害な混合物に関する特定の情報を提出する義務に
関するもの。
ガイダンス文書[PDF]
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/13643/guidance_on_annex_viii_to_clp_en.pdf/412c5874-f8ec-cf52-fe1e-2fbe08fe2d11
https://www.echa.europa.eu/guidance-documents/guidance-on-clp
2019/03/05法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TRI Data Show Improved Environmental Performance by ManufacturingSector as Economy Grows】
EPAは2017年の年間有害物質放出インベントリ(TRI)に関する報告書と分析を
発表した。このTRIデータは、経済が成長する中で製造分野による
環境パフォーマンスは改善されていることを示していると報じている。
https://www.epa.gov/newsreleases/tri-data-show-improved-environmental-performance-manufacturing-sector-economy-grows-0
2019/03/05法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Biocidal Products Committee concludes on Union authorisations fordisinfectants】
ECHAは、殺生物性製品委員会(BPC)が消毒剤の欧州連合認可に関する意見を
取りまとめたことを報じている。BPCは、1つの活性物質の承認と、
5つの連合認可に関する7つの意見を採択している。
記事のAnnex [PDF]
https://echa.europa.eu/documents/10162/26300553/bpc29_na_annex.pdf/dd09441c-d87b-b20d-4257-d1edbfca3e97
https://echa.europa.eu/-/biocidal-products-committee-concludes-on-union-authorisations-for-disinfectants
2019/03/04法規制・インベントリ環境省【平成30年度揮発性有機化合物(VOC)排出インベントリ検討会(第2回)の開催について】
3月18日に標記会合が開催される。議題(予定)は、
1.平成29年度のVOC排出インベントリについて
2.インベントリ検討WGの結果報告について
3.その他
http://www.env.go.jp/press/106532.html
2019/03/04法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【How to notify PIC exports to the UK after UK’s withdrawal from the EU】
ECHAは、英国がEUから合意協定のない離脱をする場合に対処するため、
EU-27にある輸出業者が、英国への輸出を通知することを可能にする
マニュアルの輸出通知フォームを発表した。これはPIC規則の対象となる
化学物質を英国離脱後に英国に輸出する企業が、輸入予定日の35日前に
輸出を通知する義務を遵守することを可能とするものと説明している。
https://www.echa.europa.eu/-/how-to-notify-pic-exports-to-the-uk-after-uk-s-withdrawal-from-the-eu
2019/03/04法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき3-methylpyrazole (CAS-RN 1453-58-3) および
silanamine, 1,1,1-trimethyl-N-(trimethylsilyl)-, hydrolysis products
with silica (CAS-RN 68909-20-6) に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を
公開し、意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/5/3まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/03/02法規制・インベントリカナダ【Calcium 2-ethylhexanoate and 2-ethylhexyl-2-ethylhexanoate】
カナダ政府は、2-ethylhexyl-2-ethylhexanoate (CAS-RN 7425-14-1)が
カナダ環境保護法(CEPA 1999)第64条の基準に合致することから、
この物質をCEPA 1999の附属書 1 に追加することを提案し60日間の意見募集を
開始した。意見募集の締切りは2019/5/1まで。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-03-02/html/reg1-eng.html
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/calcium-2-ethylhexanoate-2-ethylhexyl-2-ethylhexanoate.html
2019/03/01法規制・インベントリ経済産業省【「化学物質管理セミナー2018-一般化学物質等の製造・輸入数量等の届出システム操作等に関する実務者向け説明会-」資料を公開しました。】
標記資料が掲載された。
○「化審法における製造数量等の届出様式の改正について」[PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/19info/exis_resize_1902.pdf
○「化審法における届出作成支援ソフト(ver03)の操作方法について」[PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/19info/ver03_1902.pdf
○「少量新規・低生産量審査特例制度
~申出システムver7.0の操作方法について~」[PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/19info/new_1902.pdf
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/information/briefing.html
2019/03/01法規制・インベントリ厚生労働省【食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(平成31年2月28日生食発0228第5号)[PDF]】
厚生労働省法令等データベースに標記通知が掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T190301I0020.pdf
2019/03/01法規制・インベントリ化学物質国際対応ネットワーク【コラムを掲載しました。「特定化学物質規制の現状と課題」第7回「ペルフルオロ化合物、難燃剤、フタル酸エステル類等」をお届けします。】
標記コラムが掲載された。
http://chemical-net.env.go.jp/column_kizuki_uwagawa_onishi.html#VOL7
2019/03/01法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACHコラム:韓国K-REACHの改正内容(まとめ)】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/190301.html
2019/03/01法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【J-NET21]REACH新着 Q&A:Q.534 REACH規則では、認可対象候補物質リスト(Candidate List)に収載された物質をEUに年間1t以上輸出している場合は収載から6カ月以内に届け出が必要ですが、収載当時は輸出量が少なかったものが途中から輸出量が増えてきました。届け出の算定期間、届け出期限について教えてください。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/534.html
2019/02/28法規制・インベントリ製品評価技術基盤機構(NITE)【化審法届出書作成支援ソフトVER03用の辞書(暫定版)が御利用いただけるようになりました。】
辞書のダウンロードは届出書作成支援ソフトVER03を用いて行う仕様となって
おります。届出書作成支援ソフトVER03の入手方法等は以下の経済産業省
サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/general-chemical.html
https://www.nite.go.jp/chem/kasinn/ippan_todokede/jisyo01.html
2019/02/28法規制・インベントリ環境省【石綿による健康被害の救済に関する法律に基づく指定疾病の認定に係る医学的判定の結果について】
標記お知らせが掲載された。
医療費等の申請に係る83件、特別遺族弔慰金等の請求に係る18件について
医学的判定が行われた。
http://www.env.go.jp/press/106473.html
2019/02/28法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH data compliance needs to improve】
ECHAは、2018年に286件のREACH登録の遵守状況を確認し、全体として274件の
最終決定を採択している。その中で異なる888件の情報要求が求められており、
ECHAは化学物質に関する情報を改善する方法について登録者に助言を
与えている。2018年の登録情報評価の進捗は
https://www.echa.europa.eu/dossier-evaluation-progress-2018
https://www.echa.europa.eu/-/reach-data-compliance-needs-to-improve
2019/02/28法規制・インベントリ官報情報【食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(厚生労働四六)】
標記告示が掲載された。
https://kanpou.npb.go.jp/20190228/20190228g00038/20190228g000380026f.html
2019/02/28法規制・インベントリ厚生労働省【「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬等(アクリナトリン等6品目)の残留基準設定)に関する御意見の募集について寄せられた御意見について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
標記お知らせが掲載された。提出された意見は、5件。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180230&Mode=2
2019/02/27法規制・インベントリお知らせ【化学物質の毒性予測システム(QSAR等)の活用実態に関するアンケートにご協力をお願いします。 (2019/02/27)】
弊社が事務局を担当しておりますアンケートについて、下記のとおり実施しております。

○回答期限:3月8日(金)
○目的・内容:
経済産業省では、国内外におけるQSAR等の活用実態について調査を行い、我が国におけるQSAR等の活用方法について調査を行っております。

当該調査において、事業者等におけるQSAR等の活用実態を把握することを目的として、
主に化学物質の製造、海外の化学物質管理法規制へ申請・登録を行っている事業者等に対してアンケート調査を行うこととなりました。
本調査の趣旨にご理解いただき、アンケートへのご協力をお願い申し上げます。

本アンケートは、経済産業省からの委託を受け、みずほ情報総研株式会社が実施いたします。
2019/02/27法規制・インベントリ厚生労働省【第20回労働政策審議会安全衛生分科会じん肺部会(ペーパーレス)開催案内】
3月18日に標記会合が開催される。議題は、
1.働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の
じん肺法の一部改正について(報告)
2.じん肺健康管理実施状況報告について(報告)
3.呼吸用保護具に関する研究について(報告)
https://www.mhlw.go.jp/stf/0000206631_00002.html
2019/02/26法規制・インベントリ経済産業省【「少量新規制度及び低生産量新規制度における用途の追加等に関する手続について」を掲載しました。 (2019/02/26)】
標記お知らせが掲載された。
2019/02/26法規制・インベントリ経済産業省【「少量新規制度及び低生産量新規制度における用途の追加等に関する手続について(案)」に対する意見公募の結果について (2019/02/26)】
12月21日から1月19日にかけて行われた標記意見募集の結果が公表された。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118115&Mode=2
2019/02/26法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Reviewing New Chemicals under the Toxic Substances Control Act (TSCA) (2019/02/26)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、「人または環境への不当なリスクをもたらす可能性が低い」と判断された物質の審査結果を更新した。
https://www.epa.gov/reviewing-new-chemicals-under-toxic-substances-control-act-tsca/epa-pre-manufacture-notice-review
2019/02/26法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【「少量新規制度及び低生産量新規制度における用途の追加等に関する手続について(案)」に対する意見公募の結果について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
標記お知らせが掲載された。提出された意見は、6件。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118115&Mode=2
2019/02/26法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【「少量新規制度及び低生産量新規制度における用途の追加等に関する手続について」を掲載しました。[PDF]】
標記お知らせが掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/shinki/shoryo/youtotuika.pdf
2019/02/26法規制・インベントリ製品評価技術基盤機構(NITE)【国際関連情報】
「1分でわかる世界の化学物質管理の動き」Vol.9を掲載しました。
Vol.9 【欧州】欧州の意図的に添加するマイクロプラスチックの規制案とは、
どのようなものでしょう[PDF]
https://www.nite.go.jp/data/000097143.pdf
「平成28年度アジア諸国等の化学物質管理制度等に関する調査報告書
(概要版)」を更新し2019年2月1日までの情報を収載しました[PDF]
https://www.nite.go.jp/data/000093909.pdf
https://www.nite.go.jp/chem/kanren/kanren_index.html
2019/02/25法規制・インベントリ世界保健機関(WHO)【WHO Chemical Safety - Activity Report 2018 (2019/02/25)】
WHOは、標記文書を公表した。2018年9月30日時点で、鉛塗料の製造、輸入、販売及び使用に関して法規制を行っている国は36%に留まっている。
https://www.who.int/ipcs/IPCSActivityReport2018.pdf?ua=1
2019/02/25法規制・インベントリ経済産業省【産業構造審議会産業技術環境分科会産業環境対策小委員会(第7回)-開催通知】
3月19日に標記会合が開催される。議題は、
1.揮発性有機化合物(VOC)排出抑制のための自主的取組の状況
2.水銀要排出抑制施設の自主的取組に関する報告の今後の方針
3.その他の産業環境対策に関する取組状況
https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/24446
2019/02/23法規制・インベントリカナダ【Ministerial Condition No. 19725 (2019/02/23)】
カナダ政府は、有毒または有毒であると疑われる物質の製造輸入等の条件を告示した。対象物質は、 sulfonic acids, C20-24-alkane hydroxy and C20-24-alkene, sodium salts(CAS: 97766-43-3)。
http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-02-23/html/notice-avis-eng.html#na2
2019/02/23法規制・インベントリカナダ【Notice with respect to the proposed Release Guidelines for Disperse Yellow 3 and 25 other azo disperse dyes in the textile sector (2019/02/23)】
カナダ政府は、繊維分野におけるDisperse Yellow 3及び他の25のアゾ分散染料の放出指針案を告示した。コメント提出期限は4月24日。
2019/02/23法規制・インベントリカナダ【Dyes of the Aromatic Azo and Benzidine-based Substance Grouping】
カナダ政府は、カナダ環境保護法(CEPA 1999)の下での化学物質管理計画(CMP)で、
芳香族アゾ染料およびベンジジンベース物質グループの最終スクリーニング
評価を公開し、繊維分野におけるDisperse Yellow 3 および他の25種類の
アゾディスパーズ染料の放出指針案を発表した。
放出指針案[PDF]→ https://www.canada.ca/content/dam/eccc/documents/pdf/cepa/ProposedReleaseGuidelinesDY3and25Azo-eng.pdf
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/substance-groupings-initiative/aromatic-azo-benzidine-based/dyes.html
2019/02/22法規制・インベントリ農林水産省【「農薬の登録申請に係る試験成績について」の一部改正案に関する意見・情報の募集の結果について (2019/02/22)】
12月28日から1月28日まで行われた標記意見募集の結果が公表された。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550002820&Mode=2
2019/02/22法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]REACH Q.533:ナノコーティングがされた木製の食器をEUに輸出する予定。輸出に際して何らかの規制があるか。 (2019/02/22)】
標記Q&Aが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/533.html
2019/02/22法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]コラム:第20次SVHCとして6物質の追加 (2019/02/22)】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/190222.html
2019/02/22法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACHコラム:第20次SVHCとして6物質の追加】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/190222.html
2019/02/22法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACH新着 Q&A:Q.532 ナノコーティングがされた木製の食器をEUに輸出する予定です。輸出に際して何らかの規制があるか教えてください。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/533.html
2019/02/21法規制・インベントリ経済産業省【平成31年度化審法低生産量・少量新規化学物質の電子申請・光ディスク申請に利用する申出システム(ver.7.01)を公開しました。 (2019/02/21)】
標記お知らせが掲載された。
2019/02/21法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Inventory Notification (Active-Inactive) Rule Reporting Webinar (2019/02/21)】
米国EPAは、アクティブ/非アクティブ物質に関するTSCAインベントリレポート義務を説明するウェビナーを3月13日に開催することを公表した。
https://www.epa.gov/tsca-inventory
2019/02/21法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Newsletter now online (2019/02/21)】
ECHAは、ECHAニュースレターの2019年第1号を発行した。内容は、
・[REACH] 登録ドシエの情報の欠如の不備への対応
・[REACH] マイクロプラスチックの制限によって今後20年で40万トンの排出削減
・[REACH] 5つのコバルト塩に対する制限提案
・[Biocide] 銅をベースとした船底塗料の代替に関するワーショップの開催報告
・[PIC] カメルーンがロッテルダム条約を批准した際の事例から学ぶこと
・[その他] 高生産量のプラスチック添加剤リストを策定
など。
https://echa.europa.eu/-/echa-newsletter-now-onli-1
2019/02/21法規制・インベントリ経済産業省【平成31年度化審法低生産量・少量新規化学物質の電子申請・光ディスク申請に利用する申出システム(ver.7.01)を公開しました。】
標記お知らせが掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/todoke/offersystem_ver7-0.html
2019/02/21法規制・インベントリ環境省【中央環境審議会水環境部会排水規制等専門委員会(第28回)の開催について】
2月28日に標記会合が開催される。議題は、
1.ほう素、ふっ素、硝酸性窒素等に係る暫定排水基準の見直しについて
2.その他
http://www.env.go.jp/press/106472.html
2019/02/21法規制・インベントリ官報情報【国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約の附属書IIIの改正に関する件(外務三八)】
標記告示が掲載された。
https://kanpou.npb.go.jp/20190221/20190221h07452/20190221h074520002f.html
2019/02/20法規制・インベントリ経済産業省【少量新規化学物質及び低生産量新規化学物質の申出における(様式第14)光ディスク提出票の記載例を公開しました。 (2019/02/20)】
標記お知らせが掲載された。
2019/02/20法規制・インベントリ経済産業省【少量新規化学物質及び低生産量新規化学物質の申出における(様式第15~16)電子情報処理組織使用開始申出書/変更届の記載例を公開しました。※処理期間が必要ですので、申出を予定している期間の前月1日までにご提出ください。 (2019/02/20)】
標記お知らせが掲載された。
2019/02/20法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 20 February 2019 (2019/02/20)】
ECHAは、ECHA Weekly(2月20日号)を発行した。内容は、
・[REACH] 金属・無機の評価アプローチを適用する物質リストを更新
・[CLP] CLP規則のリーフレットが23カ国語で利用可能
・[Biocide] 95条に基づく活性物質と殺生物性製品の供給者リストを更新
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-20-february-2019
2019/02/20法規制・インベントリカナダ【Order 2019-66-02-01 Amending the Domestic Substances List: SOR/2019-34 (2019/02/20)】
カナダ政府は、国内物質リスト収載内容の修正を告示した。(2019-66-02-01)
http://gazette.gc.ca/rp-pr/p2/2019/2019-02-20/html/sor-dors34-eng.html
2019/02/20法規制・インベントリカナダ【Order 2019-87-02-01 Amending the Domestic Substances List: SOR/2019-32 (2019/02/20)】
カナダ政府は、国内物質リスト収載内容の修正を告示した。(2019-87-02-01)
http://gazette.gc.ca/rp-pr/p2/2019/2019-02-20/html/sor-dors32-eng.html
2019/02/20法規制・インベントリカナダ【Order 2019-112-02-01 Amending the Domestic Substances List: SOR/2019-33 (2019/02/20)】
カナダ政府は、国内物質リスト収載内容の修正を告示した。(2019-112-02-01)
http://gazette.gc.ca/rp-pr/p2/2019/2019-02-20/html/sor-dors33-eng.html
2019/02/20法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【少量新規化学物質及び低生産量新規化学物質の申出における(様式第15~16)電子情報処理組織使用開始申出書/変更届の記載例を公開しました。※処理期間が必要ですので、申出を予定している期間の前月1日までにご提出ください。】
標記お知らせが掲載された。
○記載例と記入上の注意
(様式第15)電子情報処理組織使用開始申出書[PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/shinki/shoryo/denshi/example_form15.pdf
(様式第16)電子情報処理組織使用変更届出書[PDF]
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/shinki/shoryo/denshi/example_form16.pdf
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/todoke/shinki_shoryo_denshi_index.html
2019/02/20法規制・インベントリ経済産業省・厚生労働省・環境省【少量新規化学物質及び低生産量新規化学物質の申出における(様式第14)光ディスク提出票の記載例を公開しました。[PDF]】
標記お知らせが掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/todoke/shinki/shoryo/denshi/example_form14.pdf
2019/02/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Releases First Major Update to Chemicals List in 40 Years (2019/02/19)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、2016年6月21日までの過去10年間に製造・輸入・加工された物質に関して、2017年8月11日~2018年10月5日の間に受け取った90,000以上の回答に基づいて、更新したTSCAインベントリを公表した。TSCAインベントリ全体の47%に当たる40,655物質が現在商取引されている(アクティブ)とされている。
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-first-major-update-chemicals-list-40-years
2019/02/19法規制・インベントリ環境展望台:国立環境研究所【アメリカ環境保護庁、有害物質規制法の化学物質目録を大幅更新 (2019/02/19)】
アメリカ環境保護庁(EPA)は、有害物質規制法(TSCA)に基づく化学物質インベントリ(目録)を大幅に更新した。
http://tenbou.nies.go.jp/news/fnews/detail.php?i=26436
2019/02/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Releases First Major Update to Chemicals List in 40 Years】
EPAは、米国で製造、加工、輸入されているアクティブ化学物質を収載した
TSCAインベントリの最新版を発表した。インベントリ更新の結果、化学物質の
総数の内の47% (総数86,228物質のうち40,655物質)が現在商用に利用されている
と報じている。インベントリへのアクセスは
https://www.epa.gov/tsca-inventory/how-access-tsca-inventory
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-first-major-update-chemicals-list-40-years
2019/02/19法規制・インベントリ欧州理事会【Persistent organic pollutants: Provisional agreement on the world'smost dangerous pollutants】
欧州理事会は、世界で最も危険な汚染物質に関して暫定的合意がなされたことを
報じている。この作り直し提案は、既存の規則とストックホルム条約の最新の
改正との整合性を確実にするもので、この変更の結果は、化学物質に関する
欧州の法律とより密接に連携させ、規制の実施に関与する全ての当事者に
明確さ、透明性、および法的確実性の向上をもたらすと説明している。
https://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2019/02/19/persistent-organic-pollutants-provisional-agreement-on-the-world-s-most-dangerous-pollutants/?utm_source=dsms-auto&utm_medium=email&utm_campaign=Persistent+organic+pollutants%3a+Provisiona
2019/02/18法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Recommendation of the Council on Countering the Illegal Trade of Pesticides (2019/02/18)】
OECDは、農薬の違法取引への対処に関する勧告を採択し、違法取引を特定し、対処するためのベストプラクティスに関する検査官や規制当局へのガイダンスを提供する。
https://legalinstruments.oecd.org/en/instruments/OECD-LEGAL-0446
2019/02/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH 2018 registration data now included in QSAR Toolbox (2019/02/18)】
ECHAは、QSAR Toolbox v4.3に2018年11月までのREACH登録情報(117,335物質による668,041試験データ)を搭載したことを発表した。特に水生毒性、感作性、刺激性、腐食性について多くのデータが利用可能になったとしている。
https://echa.europa.eu/-/reach-2018-registration-data-now-included-in-qsar-toolbox
2019/02/18法規制・インベントリ欧州委員会(EC)【European Commission - Daily News 18 / 02 / 2019REACH: Commission imposes strict conditions over the use of hazardouschemicals used in automotive, aerospace and medical sectors】
欧州委員会は、2019/2/15にREACH委員会がECHAの勧告に従って2種の
高懸念物質の労働者暴露をさらに減じるという欧州委員会の提案に
同意したこと、三酸化クロムの認可申請をした企業に、自動車、航空宇宙、
その他の分野での厳格なリスク管理を義務づけること、さらにREACH委員会が
欧州委員会の提案に従い高発がん性物質である重クロム酸ナトリウムを
マイクロ手術器具の処理に使用することを初めて拒否したことを報じている。
欧州委員会は今後数週間でこれらを採択する予定としている。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEX-19-1268_en.htm
2019/02/18法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【REACH 2018 registration data now included in QSAR Toolbox】
ECHAは、OECD QSAR Toolbox version 4.3には2018年11月までの
REACH登録データが含まれており、これにより11,735の化学物質に関する
668,041の選択された実験データポイントが利用可能となったと報じている。
https://www.echa.europa.eu/-/reach-2018-registration-data-now-included-in-qsar-toolbox
2019/02/18法規制・インベントリ厚生労働省【第6回食品用器具及び容器包装の規制の在り方に関する技術検討会資料】
2月19日に開催される標記会合の資料が掲載された。議題は、
1.ポジティブリスト 制度の具体的な仕組みについて
2.その他
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212843_00006.html
2019/02/16法規制・インベントリカナダ【Publication of final decision after screening assessment of three substances in the Trimellitates Group — 1,2,4-Benzenetricarboxylic acid, tris(2-ethylhexyl) ester (), CAS footnote 1 RN 3319-31-1; 1,2,4-Benzenetricarboxylic acid, mixed branched tridecyl and isodecyl esters (BTIT), CAS RN 70225-05-7; and 1,2,4-Benzenetricarboxylic acid, tritridecyl ester (TTDT), CAS RN 94109-09-8 — specified on the Domestic Substances List (subsection 77(6) of the Canadian Environmental Protection Act, 1999) (2019/02/16)】
カナダ政府は、国内物質リストに収載されているTrimellitates類3物質(TEHT, BTIT, BTIT)のスクリーニング評価の最終決定を公表した。
2019/02/16法規制・インベントリカナダ【Notice requiring the preparation and implementation of pollution prevention plans in respect of toluene diisocyanates (2019/02/16)】
カナダ政府は、トルエンジイソシアネート類の汚染防止計画を策定・実施を要求する通知を公表した。
2019/02/16法規制・インベントリカナダ【Chemical substances in Batch 1 of the Challenge】
カナダ政府はトルエンジイソシアネート(TDI:CAS-RN 91-08-7, 584-84-9,
26471-62-5)に関する最終汚染防止計画通知を発表した。
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/challenge/batch-1.html
2019/02/16法規制・インベントリカナダ【Trimellitates Group】
カナダ政府はトリメリット酸トリエステルグループの最終スクリーニング評価を
発表した。評価の対象となった3物質はカナダ環境保護法(CEPA 1999)第64条の
基準には合致しないとしている。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-02-16/html/notice-avis-eng.html#ne1
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/trimellitates-group.html
2019/02/15法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【New case study on using ECHA’s read-across guidance for multi-walled carbon nanotubes (2019/02/15)】
ECHAは、ナノマテリアル展望台(EUON)ページにおいて、欧州共同センター(JRC)が多層カーボンナノチューブに対してECHAのREACHガイダンスの手続きに基づく変異原性のリードアクロスの適用事例を論文報告したことを発表した。
https://euon.echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/new-case-study-on-using-echa-s-read-across-guidance-for-multi-walled-carbon-nanotubes
2019/02/15法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]REACH Q.532:当社がEU域外の自社工場で製造した製品をEU域内に輸出するためには、REACH対応のために当社が「唯一の代理人」を指名して登録などを行うことができるが、EU域外の協力企業に製造委託した製品をEU域内へ輸出する際にも、委託する側の当社が「唯一の代理人」を指名することは可能か。 (2019/02/15)】
標記Q&Aが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/532.html
2019/02/15法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-Net21]コラム:EEU・ロシアの規制動向 (2019/02/15)】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/190215.html
2019/02/15法規制・インベントリ欧州委員会(EC)【Technical Barriers to Trade Information Management SystemRegular notification G/TBT/N/EU/643】
欧州委員会はREACH規則の附属書XIVを改正する欧州委員会規則の草案を
WTO/TBT通報した。この草案では12物質を附属書XIVに追加するとしている。
規則草案[PDF]:
https://members.wto.org/crnattachments/2019/TBT/EEC/19_0898_00_e.pdf
https://members.wto.org/crnattachments/2019/TBT/EEC/19_0898_01_e.pdf
http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/148370?FromAllNotifications=True
2019/02/15法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACH新着 Q&A:Q.532 当社がEU域外の自社工場で製造した製品をEU域内に輸出するためには、REACH対応のために当社が「唯一の代理人」を指名して登録などを行うことができますが、EU域外の協力企業に製造委託した製品をEU域内へ輸出する際にも、委託する側の当社が「唯一の代理人」を指名することは可能でしょうか。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/532.html
2019/02/15法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]RoHSコラム:EEU・ロシアの規制動向】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/190215.html
2019/02/13法規制・インベントリ米国カリフォルニア州【Amendment to Section 25705 No Significant Risk Level for Bromodichloroacetic Acid (2019/02/13)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、Bromodichloroacetic AcidのNSRL(有意リスクを呈さない特定の規制レベル)とする0.95μg/日とする案に対する意見募集を行っている。コメント提出期限は、4月1日。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/amendment-section-25705-no-significant-risk-level-bromodichloroacetic-acid
2019/02/13法規制・インベントリ米国カリフォルニア州【Amendment to Section 25705 No Significant Risk Level for Bromochloroacetic Acid (2019/02/13)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、Bromochloroacetic AcidのNSRL(有意リスクを呈さない特定の規制レベル)とする0.70μg/日とする案に対する意見募集を行っている。コメント提出期限は、4月1日。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/amendment-section-25705-no-significant-risk-level-bromochloroacetic-acid
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Clearer requirements for applications for authorisation (2019/02/13)】
ECHAは、REACH規則に基づく認可申請のためのフォーマットを更新したことを発表した。当該フォーマットは6月1日の申請から必須となる。
https://echa.europa.eu/-/clearer-requirements-for-applications-for-authorisation
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【ECHA Weekly - 13 February 2019 (2019/02/13)】
ECHAは、ECHA Weekly(2月13日号)を発行した。内容は、
・[REACH] SVHCと制限の意図(intention)の登録手続きがCHLの意図登録と同様に拡張
・[Biocide] バイオサイド製品の半減期を正しく導出する方法に関するトレーニング動画の公開
・[OEL] 化学物質指令(CAD)や発がん性物質及び変異原性指令(CMD)の下で実施された職業暴露限界(OEL)の評価作業に係るWebページを開設
など。
https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-13-february-2019
2019/02/13法規制・インベントリEICネット:環境イノベーション情報機構【欧州委員会、発癌性物質から労働者を守るためのEU指令について規制対象物質の追加で暫定合意が成立と発表 (2019/02/13)】
欧州委員会は、発癌性のある有害物質から労働者を守るための、EU指令について、規制対象となる物質を新たに追加することで欧州議会及びEU理事会と暫定合意に達したと発表した。
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=41838&oversea=1
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Clearer requirements for applications for authorisation】
ECHAは、REACH認可申請およびレビューレポートのための更新された
フォーマットがECHAのウエブサイトで利用可能となったと報じている。
このフォーマットは2019/6/1より申請書とレビューレポートに必須となる。
https://www.echa.europa.eu/-/clearer-requirements-for-applications-for-authorisation
2019/02/13法規制・インベントリ欧州化学品庁(ECHA)【Applications for authorisation - current consultations】
ECHAは、三酸化クロム (CAS-RN 1333-82-0)の継続使用に関する8件の
REACH認可申請を公開し、2019/4/10までの意見募集を開始した。
https://www.echa.europa.eu/applications-for-authorisation-consultation
2019/02/12法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Asbestos; TSCA Section 21 Petition; Reasons for Agency Response】
EPAは、2018/9/27に受け取ったアスベスト報告を増やすためにCDR規則を
改正することを要求する複数機関からのTSCA第21条の請願に対する対応を
官報公示した。EPAはこの請願を却下することを説明している。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/12/2019-01533/asbestos-tsca-section-21-petition-reasons-for-agency-response
2019/02/12法規制・インベントリ欧州委員会(EC)【Technical Barriers to Trade Information Management SystemRegular notification G/TBT/N/EU/642】
欧州委員会は、環境、特に水生環境および人健康への影響を防止及び軽減する
ために、特定のプラスチック製品に対処する欧州議会および欧州理事会の
指令提案をWTO/TBT通報した。提案では代替品が容易に手頃な価格で
入手できる場合、使い捨てプラスチック製品は欧州市場に上市することを
制限されることになり、他のプラスチック製品は、消費削減、マーキング要件、
製品設計要件に焦点が当てられる。このTBT通報への意見は2019/4/13まで。
関連する欧州委員会のウェブサイト
https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2017-6169607_en
http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/148279?FromAllNotifications=True
2019/02/12法規制・インベントリ官報情報【水産動植物の被害防止に係る農薬登録基準の一部を改正する件(環境二六)】
・水質汚濁に係る農薬登録基準の一部を改正する件(同二七)
https://kanpou.npb.go.jp/20190212/20190212g00026/20190212g000260156f.html
標記告示が掲載された。
https://kanpou.npb.go.jp/20190212/20190212g00026/20190212g000260155f.html
2019/02/12法規制・インベントリ厚生労働省【第6回食品用器具及び容器包装の規制の在り方に関する技術検討会を開催します】
2月19日に標記会合が開催される。議題は、
1.ポジティブリスト制度の具体的な仕組みについて
2.その他
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212301_00009.html
2019/02/09法規制・インベントリカナダ【Aliphatic Diesters Group】
カナダ政府は、脂肪酸ジエステルグループの最終スクリーニング評価を
発表した。またアジピン酸ジイソデシルにカナダ環境保護法(CEPA 1999)の
重要新規活動(SNAc)を適用する意図を公開し、2019/4/10までの意見募集を
開始した。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-02-09/html/notice-avis-eng.html#nH1
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/aliphatic-diesters-group.html
2019/02/09法規制・インベントリカナダ【Benzoates Group】
カナダ政府は安息香酸エステルグループの最終スクリーニング評価を発表した。
評価された9物質はカナダ環境保護法(CEPA 1999)第64条の基準には合致しないと
している。
カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2019/2019-02-09/html/notice-avis-eng.html#nb1
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/benzoates-group.html
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Certain New Chemicals or Significant New Uses; Statements of Findingsfor September 2018】
EPAは、2018/9/1~2018/9/30の期間に、TSCA第5条(a)(3)(C)に基づきEPAが
不当なリスクを呈する可能性は低いと認定した製造前届出(PMN)及び微生物
商業活動通知(MCAN)をTSCA第5条(g)に従い官報公示した。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01535/certain-new-chemicals-or-significant-new-uses-statements-of-findings-for-september-2018
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Receipt of Information Under the Toxic Substances Control Act】
EPAは、TSCAの下での規則、命令、又は同意協定により提出された情報を
官報公示した。受領された情報は:2-Butenedioic acid (2E)-,
di-C8-18-alkyl esters (CAS-RN: 68610-90-2)に関するもの。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01547/receipt-of-information-under-the-toxic-substances-control-act
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Extension of Review Periods Under the Toxic Substances Control Act;Certain Chemicals and Microorganisms; Premanufacture, SignificantNew Use, and Exemption Notices; Delay in Processing Due to Lack ofAuthorized Funding】
EPAは、2018/12/29~2019/1/31の期間閉鎖の影響で審査ができなかった事に対し、
2018/12/29以前に受領した全てのTSCA製造前届出(PMN)、重要新規利用届出
(SNUN)、微生物商業活動届出(MCAN)、及び免除通知の審査期間を延長すること、
さらに閉鎖期間中にe-PMN/CDXまたは他の方法で提出された届出の審査は
2019/1/31まで開始されなかったことを官報公示した。なお延長期間は
計33日間としている。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01684/extension-of-review-periods-under-the-toxic-substances-control-act-certain-chemicals-and
2019/02/08法規制・インベントリ欧州理事会【Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCILon the marketing and use of explosives precursors, amending Annex XVIIto Regulation (EC) No 1907/2006 and repealing Regulation (EU)No 98/2013 on the marketing and use of explosives precursors- Analysis of the final compromise text with a view to agreement】
欧州理事会は、爆発物前駆体に関するREACH規則の附属書XVIIを改正し、
欧州規則(EU) No 98/2013を廃止する欧州議会及び欧州理事会規則の提案を
官報公示した。
欧州理事会提案[PDF]→ https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CONSIL:ST_6158_2019_INIT&qid=1549930786410&from=EN
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1549930786410&uri=CONSIL:ST_6158_2019_INIT
2019/02/08法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACHコラム:春節前の東アジア各国の動向】
標記コラムが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/190208.html
2019/02/08法規制・インベントリ中小企業基盤整備機構【[J-NET21]RoHS新着Q&A:Q.557 取引先からフタル酸エステルの第三者機関の分析結果を提出するように求められました。材料メーカーから「EN 14372」の分析結果を提出したところ、フタル酸エステル試験法がIEC 62321-8:2017であることが要求されている、という指摘を受けました。「EN 14372」の分析結果は規定されていないのでしょうか。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/557.html
2019/02/07法規制・インベントリ欧州委員会(EC)【Technical Barriers to Trade Information Management System Regularnotification G/TBT/N/EU/641】
欧州委員会は、REACH規則第57条(f)に従い、4-tert-butylphenol
(CAS-RN 98-54-4)を、その内分泌かく乱特性により高懸念物質(SVHC)として
特定する欧州委員会施行決定(案)をWTO/TBT通報した。この決定はECHAに
宛てられたもので、TBT通報への意見提出は2019/4/8までとしている。
http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/148134?FromAllNotifications=True
2019/02/07法規制・インベントリ官報情報【食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(厚生労働二六)】
標記告示が掲載された。
https://kanpou.npb.go.jp/20190207/20190207g00024/20190207g000240002f.html
2019/02/07法規制・インベントリ国立環境研究所(NIES)【野焼きにより発生する微小粒子状物質(PM2.5)の影響を評価 - 国立環境研究所研究プロジェクト報告「未規制燃焼由来粒子状物質の動態解明と毒性評価平成27~29年度」の刊行について(お知らせ)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20190207/20190207.html
2019/02/07法規制・インベントリ厚生労働省【「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(案)」(食品中の農薬等(クロルフルアズロン等6品目)の残留基準設定)に関する御意見の募集について寄せられた御意見について○電子政府総合窓口(e-Gov)】
標記意見募集の結果が掲載された。提出された意見は3件
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180229&Mode=2
2019/02/07法規制・インベントリ厚生労働省【[平成31年2月7日生食発0207第2号]食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(クロルフルアズロン、クロルメコート、スピノサド、テフルベンズロン、ピリベンカルブ、メタラキシル及びメフェノキサム)[PDF]】
厚生労働省法令等データベースに標記通知が掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/content/000477470.pdf