ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

米国

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2019/03/05法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TRI Data Show Improved Environmental Performance by ManufacturingSector as Economy Grows】
EPAは2017年の年間有害物質放出インベントリ(TRI)に関する報告書と分析を
発表した。このTRIデータは、経済が成長する中で製造分野による
環境パフォーマンスは改善されていることを示していると報じている。
https://www.epa.gov/newsreleases/tri-data-show-improved-environmental-performance-manufacturing-sector-economy-grows-0
2019/02/26食品・化粧品・医薬品米国食品医薬品局(FDA)【Sunscreen Drug Products for Over-the-Counter Human Use (2019/02/26)】
米国食品医薬品局(FDA)は、日焼け止めの成分に関する措置を公表した。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/26/2019-03019/sunscreen-drug-products-for-over-the-counter-human-use
2019/02/26法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Reviewing New Chemicals under the Toxic Substances Control Act (TSCA) (2019/02/26)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、「人または環境への不当なリスクをもたらす可能性が低い」と判断された物質の審査結果を更新した。
https://www.epa.gov/reviewing-new-chemicals-under-toxic-substances-control-act-tsca/epa-pre-manufacture-notice-review
2019/02/21法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Inventory Notification (Active-Inactive) Rule Reporting Webinar (2019/02/21)】
米国EPAは、アクティブ/非アクティブ物質に関するTSCAインベントリレポート義務を説明するウェビナーを3月13日に開催することを公表した。
https://www.epa.gov/tsca-inventory
2019/02/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Releases First Major Update to Chemicals List in 40 Years (2019/02/19)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、2016年6月21日までの過去10年間に製造・輸入・加工された物質に関して、2017年8月11日~2018年10月5日の間に受け取った90,000以上の回答に基づいて、更新したTSCAインベントリを公表した。TSCAインベントリ全体の47%に当たる40,655物質が現在商取引されている(アクティブ)とされている。
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-first-major-update-chemicals-list-40-years
2019/02/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Releases First Major Update to Chemicals List in 40 Years】
EPAは、米国で製造、加工、輸入されているアクティブ化学物質を収載した
TSCAインベントリの最新版を発表した。インベントリ更新の結果、化学物質の
総数の内の47% (総数86,228物質のうち40,655物質)が現在商用に利用されている
と報じている。インベントリへのアクセスは
https://www.epa.gov/tsca-inventory/how-access-tsca-inventory
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-first-major-update-chemicals-list-40-years
2019/02/14その他米国環境保護庁(US EPA)【EPA's PFAS Action Plan (2019/02/14)】
米国EPAは、ペル及びポリフルオロアルキル物質(PFAS)のアクションプランを公表した。
https://www.epa.gov/pfas/epas-pfas-action-plan
2019/02/14手法・ツール米国環境保護庁(US EPA)【EPA Acting Administrator Announces First-Ever ComprehensiveNationwide PFAS Action Plan】
EPAは.ペルおよびポリフルオロアルキル物質(PFAS)行動計画を発表した。
EPAの行動計画は、これらの化学物質に対処するための短期解決策と、州、部族、
地域社会の住民に清潔で安全な飲料水を提供するために必要なツールや技術を
提供することに役立つ長期戦略を特定するものと説明している。
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-acting-administrator-announces-first-ever-comprehensive-nationwide-pfas-action-plan
2019/02/13法規制・インベントリ米国カリフォルニア州【Amendment to Section 25705 No Significant Risk Level for Bromodichloroacetic Acid (2019/02/13)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、Bromodichloroacetic AcidのNSRL(有意リスクを呈さない特定の規制レベル)とする0.95μg/日とする案に対する意見募集を行っている。コメント提出期限は、4月1日。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/amendment-section-25705-no-significant-risk-level-bromodichloroacetic-acid
2019/02/13法規制・インベントリ米国カリフォルニア州【Amendment to Section 25705 No Significant Risk Level for Bromochloroacetic Acid (2019/02/13)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、Bromochloroacetic AcidのNSRL(有意リスクを呈さない特定の規制レベル)とする0.70μg/日とする案に対する意見募集を行っている。コメント提出期限は、4月1日。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/amendment-section-25705-no-significant-risk-level-bromochloroacetic-acid
2019/02/12法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Asbestos; TSCA Section 21 Petition; Reasons for Agency Response】
EPAは、2018/9/27に受け取ったアスベスト報告を増やすためにCDR規則を
改正することを要求する複数機関からのTSCA第21条の請願に対する対応を
官報公示した。EPAはこの請願を却下することを説明している。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/12/2019-01533/asbestos-tsca-section-21-petition-reasons-for-agency-response
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Certain New Chemicals or Significant New Uses; Statements of Findingsfor September 2018】
EPAは、2018/9/1~2018/9/30の期間に、TSCA第5条(a)(3)(C)に基づきEPAが
不当なリスクを呈する可能性は低いと認定した製造前届出(PMN)及び微生物
商業活動通知(MCAN)をTSCA第5条(g)に従い官報公示した。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01535/certain-new-chemicals-or-significant-new-uses-statements-of-findings-for-september-2018
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Receipt of Information Under the Toxic Substances Control Act】
EPAは、TSCAの下での規則、命令、又は同意協定により提出された情報を
官報公示した。受領された情報は:2-Butenedioic acid (2E)-,
di-C8-18-alkyl esters (CAS-RN: 68610-90-2)に関するもの。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01547/receipt-of-information-under-the-toxic-substances-control-act
2019/02/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Extension of Review Periods Under the Toxic Substances Control Act;Certain Chemicals and Microorganisms; Premanufacture, SignificantNew Use, and Exemption Notices; Delay in Processing Due to Lack ofAuthorized Funding】
EPAは、2018/12/29~2019/1/31の期間閉鎖の影響で審査ができなかった事に対し、
2018/12/29以前に受領した全てのTSCA製造前届出(PMN)、重要新規利用届出
(SNUN)、微生物商業活動届出(MCAN)、及び免除通知の審査期間を延長すること、
さらに閉鎖期間中にe-PMN/CDXまたは他の方法で提出された届出の審査は
2019/1/31まで開始されなかったことを官報公示した。なお延長期間は
計33日間としている。
https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/08/2019-01684/extension-of-review-periods-under-the-toxic-substances-control-act-certain-chemicals-and
2019/01/16有害性評価・試験法米国カリフォルニア州【The Human Right to Water in California (2019/01/16)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、飲料水に対する人権に関してカリフォルニア州における進捗状況を評価するためのフレームワークとツール(A Framework and Tool for Evaluating California’s Progress in Achieving the Human Right to Water)を公表した。
https://oehha.ca.gov/water/report/human-right-water-california
2019/01/15有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【NTP Update - January 2019 now available (2019/01/15)】
米国国家毒性プログラム(NTP)は、NTP Update Newsletterを公表した。
https://ntp.niehs.nih.gov/go/ntpupdate
2019/01/10有害性評価・試験法米国カリフォルニア州【Meeting Synopsis from the Carcinogen Identification Committee Meeting Held on November 1, 2018 (2019/01/10)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、11月1日に開催された発がん性物質委員会( Carcinogen Identification Committee)の概要を公表した。主な議題は、N-Nitrosohexamethyleneimine及びGentian violetを発がん性物質リストに追加、など。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/presentation/meeting-synopsis-carcinogen-identification-committee-meeting-held
2019/01/07有害性評価・試験法米国カリフォルニア州【Meeting Synopsis from the Developmental and Reproductive Toxicant Identification Committee Meeting Held on October 11, 2018 (2019/01/07)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、10月11日に開催された生殖毒性委員会会合の概要を公表した。主な議題は、ニッケル類を生殖毒性物質リストに追加、など。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/transcript-presentation/meeting-synopsis-developmental-and-reproductive-toxicant
2018/12/20その他米国ニューヨーク州3種の化学物質(PFOA、PFOS及び1,4-ジオキサン)について、飲料水中の最大汚染レベル(MCL)を勧告 【JETOC記事】
2018/12/20法規制・インベントリEPATSCA第4条に基づく情報の受領を公示(対象物質:Acetaldehyde, reaction products with formaldehyde, by-products from) 【JETOC記事】
2018/12/20法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Environmental Protection Agency Acquisition Regulation (EPAAR)Clause Update for Submission of Invoices】
EPAは、請求書の提出条項を改訂し電子請求の要件を追加する提案規則を
官報公示した。2019年よりEPAは政府の請求書発行を効率的に管理する
米国財務省が提供するWebベースの請求書処理プラットフォーム(IPP)の使用を
開始する予定で、この規則案への意見提出は2019/2/19までとしている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/20/2018-27478/environmental-protection-agency-acquisition-regulation-epaar-clause-update-for-submission-of
2018/12/19有害性評価・試験法米国環境保護庁(US EPA)【IRIS Program Outlook (2018/12/19)】
米国EPAは、現在開発中の評価や各評価段階での公表予定日など、IRISプログラム活動のアウトルックを公表した。
https://www.epa.gov/iris/iris-program-outlook
2018/12/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Reviewing New Chemicals under the Toxic Substances Control Act (TSCA) (2018/12/19)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、「人または環境への不当なリスクをもたらす可能性が低い」と判断された物質の審査結果を更新した。
https://www.epa.gov/reviewing-new-chemicals-under-toxic-substances-control-act-tsca/epa-pre-manufacture-notice-review
2018/12/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Receipt of Information Under the Toxic Substances Control Act (2018/12/19)】
米国EPAは、TSCA第4条の試験規則(HPV3)に基づいて以下の情報を受領したことを公表した。
・ Acetaldehyde, reaction products with formaldehyde, by-products from (CASRN 68442-60-4) (物理化学性状、生分解性、急性毒性(魚類、ミジンコ)、急性毒性(経口)、皮膚・眼刺激性、染色体異常試験、小核試験、反復投与毒性試験、生殖毒性スクリーニング試験など)
https://www.federalregister.gov/a/2018-27479
2018/12/19その他米国環境保護庁(US EPA)【IRIS Program Outlook】
EPAは、IRISのWebサイトにIRISプログラムアウトルック(2018年12月)を掲載した。
IRISプログラムは、プログラムの優先順位の変更を反映して今後数週間に
Webサイトを更新する予定と説明している。
IRISプログラムアウトルック(2018年12月)[PDF]
https://www.epa.gov/sites/production/files/2018-12/documents/iris_program_outlook_december_2018.pdf
https://www.epa.gov/iris/iris-program-outlook
2018/12/19法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Receipt of Information Under the Toxic Substances Control Act】
EPAは、TSCAに基づき発行された規則、命令、または同意書に対して提出された
情報を受領したことを官報公示した。受け取った情報は、アセトアルデヒド、
ホルムアルデヒドとの反応の副生成物(CAS-RN 68442-60-4)に関するもの。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/19/2018-27479/receipt-of-information-under-the-toxic-substances-control-act
2018/12/14法規制・インベントリEPATSCAに基づく化学物質のリスク評価に際し、化学品に関する科学諮問委員会(SACC)に臨時に参加し委員となり得るとみなされるために指名される専門家についてコメント募集(コメント提出期限:2019年1月14日) 【JETOC記事】
2018/12/14法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Request for Comments on the Experts Nominated To Be Considered forAd Hoc Participation and Possible Membership on the Toxic SubstancesControl Act (TSCA), Science Advisory Committee on Chemicals (SACC)】
EPAはTSCAの化学物質に関する科学諮問委員会(SACC)にアドホック参加し、
SACCのメンバーになる可能性のある指名された科学専門家に関する公開審査と
意見を求めることを官報公示した。意見の提出は2019/1/14までとしている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/14/2018-27155/request-for-comments-on-the-experts-nominated-to-be-considered-for-ad-hoc-participation-and-possible
2018/12/12法規制・インベントリ米国ワシントン州食品包装材へのPFASの使用禁止に向けた代替品アセスメント計画の概要を公表;調査結果の報告は2019年後半を予定、禁止規則は2022年1月1日発効 【JETOC記事】
2018/12/12法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Review and Determination of CBI Claims under TSCA (2018/12/12)】
米国EPAは、TSCAの下で化学的アイデンティティがTSCAの企業秘密情報(CBI)として保護されている物質の「ユニークな識別子」の最初の年次リストを公表した。
https://www.epa.gov/tsca-cbi/epa-review-and-determination-cbi-claims-under-tsca
2018/12/11法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 パブリックコメント提出期間延長の告知:発がん性物質リストにp-Chloro-α,α,α-trifluorotoluene(Para-Chlorobenzotrifluoride, PCBTF) を追加する提案(コメント提出期限:2018年12月24日→2019年1月23日) 【JETOC記事】
2018/12/11有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【NTP Update - December 2018 now available (2018/12/11)】
米国国家毒性プログラム(NTP)は、NTP Update Newsletterを公表した。
https://ntp.niehs.nih.gov/go/ntpupdate
2018/12/11有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【Request for public comment on the Draft NTP Monograph on the Systematic Review of Evidence of Long-Term Neurological Effects following Acute Exposure to the Organophosphorus Nerve Agent Sarin (2018/12/11)】
米国国家毒性プログラム(NTP)は、有機リン系神経剤サリンへの急性暴露後の長期的な神経学的影響に関するレビューについて、パブリックコメントを募集している。コメントの提出期限は1月17日。
https://ntp.niehs.nih.gov/events/panels/index.cfm
2018/12/11法規制・インベントリ米国労働安全衛生局(OSHA)【Revising the Beryllium Standard for General Industry (2018/12/11)】
米国OSHAは、一般産業におけるベリリウムの作業環境基準に関して改定案を公表した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/11/2018-26448/revising-the-beryllium-standard-for-general-industry
2018/12/10法規制・インベントリEPAある種の化学物質に関する重要新規利用規則;コメント期間の再開に関する提案規則を公布(対象:2018年9月17日付け公示分28物質、コメント提出期限:2019年1月9日) 【JETOC記事】
2018/12/10法規制・インベントリEPA重要新規利用規則(SNUR)直接最終規則の撤回を公布(28物質のSNURを撤回、2018年12月7日発効) 【JETOC記事】
2018/12/10法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Reopening of Comment Period (2018/12/10)】
米国EPAは、TSCAに基づき、9月17日に公示された28物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の提案規則に対し、コメント期間追加の要請をがあったため、コメント期間を再開することを公表した。追加のコメント提出期限は、2019年1月9日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-26685
2018/12/10有害性評価・試験法米国環境保護庁(US EPA)【IRIS and the National Academy of Sciences (NAS)】
EPAは、IRISプログラムのEPAスタッフが、2018/12/10-11に開催されたNational
Academy of Science (NAS)のワークショップに参加し、IRIS化学物質評価の検索、
スクリーニング、評価、および機械的なデータ統合のための戦略とツールに
ついて議論したと報じている。
https://www.epa.gov/iris/iris-and-national-academy-sciences-nas
2018/12/10法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Reopeningof Comment Period】
EPAは、2018/9/17に連邦官報 83 FR 47004で28物質に対する
重要新規利用規則(SNUR)の提案規則を公示しているが、意見募集期間を延長する
要求を受け取ったことから、このSNURに関する意見募集を2019/1/9まで
再開することを公示した。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/10/2018-26685/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances-reopening-of-comment-period
2018/12/07法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 Article 6(明確かつ妥当な警告)農薬ばく露警告を修正 【JETOC記事】
2018/12/07法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal】
EPAは、TSCA第5条に基づく製造前届出(PMN)の対象となった28物質に対する
重要新規利用規則(SNUR)を取り下げることを官報公示した。
これはEPAが2018/10/10に公示した直接最終規則 83 FR 50838 で特定される
SNURに対する反対意見を受領したためで、取り下げされたSNURは
40 CFR 721.11173~40 CFR 721.11181の9規則。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/07/2018-26686/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances-withdrawal
2018/12/06法規制・インベントリ米国カリフォルニア州 プロポジション65 公聴会及びパブリックコメント提出期間延長の告知:§25600.2 消費者製品ばく露の警告を提供する責任の修正(公聴会開催日:2019年1月3日、コメント提出期限:2018年12月31日→2019年1月11日) 【JETOC記事】
2018/12/05セミナー・審議会・会合・資料公開米国ワシントン州子ども安全法(CSPA)に基づいて子どもに対する高懸念化学品リストに収載されている6種の難燃剤(TPP、TCPP、TBPH、V6、IPTPP及びTBB)に対する政策オプションを検討;最終会議は2019年1月4日開催予定 【JETOC記事】
2018/12/05有害性評価・試験法米国EPAトリクロロエチレンのラットに対する経口(飲水)試験報告書(業界団体から提出された監査済みドラフト)を公表 【JETOC記事】
2018/12/05農薬・バイオサイド米国カリフォルニア州【Notice of Amendments to Article 6 Clear and Reasonable Warnings Pesticide Exposure Warnings (2018/12/05)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、Proposition 65の明快かつ妥当な警告(消費者製品ばく露警告)に関して、殺虫剤用途の製品に関する項を改定した。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/notice-amendments-article-6-clear-and-reasonable-warnings-pesticide-exposure
2018/12/04法規制・インベントリEPA重要新規利用規則(SNUR)直接最終規則の撤回を公布(26物質のSNURを撤回、2018年12月3日発効) 【JETOC記事】
2018/12/04法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal (2018/12/04)】
米国EPAは、10月3日に直接最終規則方式で告示された26物質の重要新規利用規則(SNUR)を撤回することを公表した。反対意見提出を意図する届出を受領したため。
https://www.federalregister.gov/a/2018-26358
2018/12/04法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal】
EPAは、TSCA第5条に基づく製造前届出(PMN)の対象となった26物質に対する
重要新規利用規則(SNUR)を2018/12/3付けで取り下げることを官報公示した。
これはEPAが2018/10/3に公示した直接最終規則 83 FR 49806 で特定される
SNURに対する反対意見を受領したためで、取り下げされたSNURは
40 CFR 721.11149~40 CFR 721.11172の24規則。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/04/2018-26358/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances-withdrawal
2018/12/03法規制・インベントリEPATSCA Pigment Violet 29(PV29)についての化学品に関する科学諮問委員会(SACC)パブリックミーティングの開催、パブリックコメントの募集及び遠隔地からの参加方法を通知(予備的なオンラインミーティング開催日:2019年1月8日、対面ミーティング開催日:2019年1月29日~2月1日) 【JETOC記事】
2018/12/03消費者ばく露米国環境健康科学研究所(NIEHS)【Prenatal exposure to chemicals in personal care products may speed puberty in girls (2018/12/03)】
米国NIEHSは、パーソナルケア製品の化学物質への胎内ばく露は、女性の思春期を早める可能性があることを示唆する研究結果を公表した。
https://news.berkeley.edu/2018/12/03/prenatal-exposure-to-chemicals-in-personal-care-products-may-speed-puberty-in-girls/
2018/11/30法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Science Advisory Committee on Chemicals (SACC); Notice of Public Meetings (2018/11/30)】
米国EPAは、C.I. ピグメントバイオレット29 (PV29)のリスク評価案と関連資料に関する化学物質に関する科学諮問委員会(SACC)のパブリック・ミーティングを2019年1月8日に開催することを公表した。
https://www.federalregister.gov/a/2018-26084
2018/11/30法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【TSCA Science Advisory Committee on Chemicals (SACC); Notice ofPublic Meetings】
EPAは、化学物質に関するTSCA科学審議委員会(SACC)の公開会議開催を
官報公示した。この会議はTSCAに基づきEPAが作成したC.I.
ピグメントバイオレット29 (PV29)のリスク評価草案および関連文書の
ピアレビューを行うもので、2019/1/8に予備的な仮想会議を開催し、
4日間のピアレビューパネルの個別公開会議を2019/1/29~2019/2/1に
開催するとしている。口頭による質問を行いたい場合は、それぞれ2019/1/4まで、
2019/1/14までに事前に提出することが必要としている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/30/2018-26084/tsca-science-advisory-committee-on-chemicals-sacc-notice-of-public-meetings
2018/11/28法規制・インベントリEPATSCA健康及び安全データ報告、健康及び安全調査のリスト及びコピーの提出に関するコメントを募集(更新)(コメント提出期限:2018年12月27日) 【JETOC記事】
2018/11/28法規制・インベントリEPATSCA製造前審査報告及び新規化学物質のための免除要件及び化学物質のための重要新規利用報告要件に関するコメントを募集(更新)(コメント提出期限:2018年12月27日) 【JETOC記事】
2018/11/27法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 更新されたがん又は生殖毒性を引き起こすことが州によって知られている化学品リスト(2018年11月23日付け)を公表 【JETOC記事】
2018/11/27法規制・インベントリEPATSCA秘密情報(CBI)への拡張されたアクセスについてコメント募集(コメント提出期限:2018年12月26日) 【JETOC記事】
2018/11/27法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Agency Information Collection Activities; Renewal Request Submittedto OMB for Review and Approval; Comment Request; Health and SafetyData Reporting, Submission of Lists and Copies of Health and SafetyStudies (Renewal)】
EPAは、「健康および安全データ報告、健康および安全研究のリストと
コピーの提出」と題する情報収集請求(ICR)を管理予算局に審査と承認のために
提出したことを官報公示した。このICRはTSCA第8条(d)の規則制定の対象となる
化学物質と混合物の製造者および加工者に、人健康や環境への影響に関係する
健康安全研究のリストおよびコピーをEPAに提出することを要求するもので、
この提出に伴い公開審査のため30日間の追加意見募集を行う。
意見の提出は2018/12/27までとなっている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/27/2018-25774/agency-information-collection-activities-renewal-request-submitted-to-omb-for-review-and-approval
2018/11/27法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Agency Information Collection Activities; Renewal Request Submittedto OMB for Review and Approval; Comment Request; PCBs, ConsolidatedReporting and Record Keeping Requirements】
EPAは、TSCA第6条に基づく「PCBの連結報告および記録保持要件」と題する
情報収集請求(ICR)を管理予算局に審査と承認のために提出したことを
官報公示した。これは2018/11/30まで承認されている既存のICRを更新するもので、
この提出に伴い公開審査のため30日間の追加意見募集を行うもの。
意見の提出は2018/12/27までとなっている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/27/2018-25775/agency-information-collection-activities-renewal-request-submitted-to-omb-for-review-and-approval
2018/11/27法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Agency Information Collection Activities; Renewal Request Submittedto OMB for Review and Approval; Comment Request; Premanufacture ReviewReporting and Exemption Requirements for New Chemical Substances andSignificant New Use Reporting Requirements for Chemical Substances】
EPAは、「製造前審査報告および新規化学物質と化学物質の重要新規利用
報告要件の免除要件」と題する情報収集請求(ICR)を管理予算局に審査と
承認のために提出したことを官報公示した。このICRは改正TSCAの第5条の
情報収集活動を対象としたもので、この提出に伴い公開審査のため30日間
追加の意見募集を行う。意見の提出は2018/12/27までとなっている。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/27/2018-25778/agency-information-collection-activities-renewal-request-submitted-to-omb-for-review-and-approval
2018/11/26法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Information Collection Request Submitted to OMB for Review andApproval; Comment Request; Expanded Access to TSCA ConfidentialBusiness Information】
EPAは、「TSCA機密ビジネス情報へのアクセスの拡大」と題する新規の
情報収集請求(ICR)を管理予算局(OMB)に提出したことを官報公示した。
このICRの提出により、EPAは公的な審査と意見を2018/12/26まで募集する。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/26/2018-25673/information-collection-request-submitted-to-omb-for-review-and-approval-comment-request-expanded
2018/11/23有害性評価・試験法米国カリフォルニア州【Notice of Intent to List: p-Chloro-α,α,α-trifluorotoluene (Para-Chlorobenzotrifluoride, PCBTF) (2018/11/23)】
米国カリフォルニア州OEHHAは、p-Chloro-α,α,α-trifluorotoluene (Para-Chlorobenzotrifluoride, PCBTFを発がん性物質リストに収載することを提案している。コメント提出期間は、2月26日。
https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/notice-intent-list-p-chloro-aaa-trifluorotoluene-para-chlorobenzotrifluoride
2018/11/22その他米国環境保護庁(EPA)飲料水中のペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)の測定法を改訂、GenXを含む4物質を分析対象に追加 【JETOC記事】
2018/11/22セミナー・審議会・会合・資料公開米国化学工業協会(ACC)プラスチック包装材の他の素材への代替は、温室効果ガスの排出増等により環境への悪影響をもたらすとする調査報告書を公表 【JETOC記事】
2018/11/22法規制・インベントリ米国カリフォルニア州 プロポジション65 発がん性物質リストにp-Chloro-α,α,α-trifluorotoluene (Para-Chlorobenzotrifluoride, PCBTF) を追加する提案を告示(コメント提出期限:2018年12月24日) 【JETOC記事】
2018/11/22法規制・インベントリ米国カリフォルニア州 プロポジション65 労働規則(Labor Code)メカニズムによる化学品リスト修正の告示:アルコール飲料(2018年11月23日発効) 【JETOC記事】
2018/11/22法規制・インベントリ米国カリフォルニア州 プロポジション65 発がん性物質リストに gentian violet及びN-nitrosohexamethyleneimine を追加(2018年11月23日発効) 【JETOC記事】
2018/11/22法規制・インベントリ米国カリフォルニア州 プロポジション65 更新された物質リストを公表 【JETOC記事】
2018/11/21有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)ペルフルオロオクタン酸(PFOA)の全般的試験情報及び長期試験の病理学データ表、生存及び成長曲線を公表 【JETOC記事】
2018/11/21有害性評価・試験法米国環境保護庁(US EPA)【Request for Public Review and Comment: Draft Human Health Toxicity Assessments for Hexafluoropropylene Oxide Dimer Acid and Its Ammonium Salt (GenX Chemicals) and for Perfluorobutane Sulfonic Acid (PFBS) and Related Compound Potassium Perfluorobutane Sulfonate (2018/11/21)】
米国EPAは、2つのPFAS物質、「GenX」とペルフルオロブタンスルホン酸(PFBS)の毒性学的評価のドラフトを公表した。コメント提出期限は、2019年1月22日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-25422
2018/11/21法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Request for Public Review and Comment: Draft Human Health ToxicityAssessments for Hexafluoropropylene Oxide Dimer Acid and Its AmmoniumSalt (GenX Chemicals) and for Perfluorobutane Sulfonic Acid (PFBS)and Related Compound Potassium Perfluorobutane Sulfonate】
EPAは、ヘキサフルオロプロピレンオキシド(HFPO)ダイマー酸
(CAS-RN 13252-13-6)およびそのアンモニウム塩(CAS-RN 62037-80-3)
(GenX化学物質)、およびペルフルオロブタンスルフォン酸
(PFBS, CAS-RN 375-73-5)およびその関連化合物である
ペルフルオロブタンスルフォン酸カリウム(CAS-RN 29420-49-3)に関する
人健康毒性評価の草案に関する意見募集を官報公示した。
意見募集は2019/1/22までの60日間としている。
関連するEPAのWebサイト
https://www.epa.gov/pfas/genx-and-pfbs-draft-toxicity-assessments
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/21/2018-25422/request-for-public-review-and-comment-draft-human-health-toxicity-assessments-for
2018/11/19法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 ARTICLE 6 明確かつ妥当な警告§25600.2 消費者製品ばく露の警告を提供する責任 に提案された修正(コメント提出期限:2018年12月31日) 【JETOC記事】
2018/11/19法規制・インベントリEPA重要新規利用規則(SNUR)直接最終規則の撤回を公布(28物質のSNURを撤回、2018年11月16日発効) 【JETOC記事】
2018/11/16法規制・インベントリEPA66物質に対する重要新規利用規則の提案規則を公布(コメント提出期限:2018年12月31日) 【JETOC記事】
2018/11/16法規制・インベントリEPAColour Index(C.I.)Pigment Violet 29(PV29)に対するTSCAリスク評価案が利用可能であることを告知し、パブリックコメントを募集(コメント提出期限:2019年1月14日) 【JETOC記事】
2018/11/16法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Fall 2018 Unified Agenda of Regulatory and Deregulatory Actions (2018/11/16)】
米国EPAは、2018年秋期の規制予定一覧表を公表した。
https://www.federalregister.gov/a/2018-23914
2018/11/16法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal】
EPAは、製造前届出(PMN)の対象となった28の化学物質に対しTSCAに基づき
公布された重要新規利用規則(SNUR)の直接最終規則を取り下げることを
官報公示した。これはEPAが直接最終規則への反対意見と意見募集期間の
延長要求を受け取ったことによるもので、取り下げられたSNURは
40 CFR 721.11124~40 CFR 721.11148
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/16/2018-24973/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances-withdrawal
2018/11/15有害性評価・試験法米国環境保護庁(EPA)2種のペル及びポリフルオロアルキル化合物(PFAS)GenX及びPFBSの毒性アセスメント案(パブリックコメント用)を公表 【JETOC記事】
2018/11/15有害性評価・試験法米国環境保護庁(EPA)ピグメントバイオレット29について、使用条件下において人の健康及び環境に危害を与える不合理なリスクを示さないとするリスク評価案を公表 【JETOC記事】
2018/11/15その他米国化学工業協会(ACC)フタラート類を含むいくつかの化学物質の子どもの健康への懸念を指摘した米国小児科学会の報告に対して、2種のフタラートDINP及びDIDPは現在の全ての適用において安全であるとする見解を公表 【JETOC記事】
2018/11/15法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 パブリックコメント提出期間再延長の告知:§25821(a)及び(c)生殖毒性を引き起こす化学品へのばく露レベルの修正提案:製品の平均的な消費者による摂取量の算出(コメント提出期限:2018年11月26日→12月3日) 【JETOC記事】
2018/11/15法規制・インベントリEPA改正TSCAの下でのリスク評価の最初の10物質のうち Pigment Violet 29(PV29) の評価案を公表 【JETOC記事】
2018/11/15法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances (2018/11/15)】
米国EPAは、TSCAに基づき、66物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の提案規則を公表した。コメント提出期限は、12月31日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-24380
2018/11/15法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Draft TSCA Risk Evaluation for Colour Index (C. I.) Pigment Violet 29 (PV29); Notice of Availability (2018/11/15)】
米国EPAは、改正TSCAの最初のリスク評価対象10物質の一つ、C.I. ピグメントバイオレット29 (PV29)のリスク評価案と関連資料を公表した。人の健康や環境に不当なリスクをもたさないと結論している。コメント提出期限は、2019年1月14日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-24972
2018/11/15法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances】
EPAは、TSCAに基づき製造前届出(PMN)の対象となった66の化学物質に
ついて重要新規利用規則(SNUR)を提案している。この提案規則への意見は
2018/12/31まで。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/15/2018-24380/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances
2018/11/14法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【EPA Releases First Draft Chemical Risk Evaluation Under TSCA】
EPAは、TSCAに基づく最初の化学物質( Pigment Violet 29 )の
リスク評価結果案を発表した。この評価案への意見募集は2019/1/14まで。
連邦官報はこちら→ https://www.federalregister.gov/documents/2018/11/15/2018-24972/draft-tsca-risk-evaluation-for-colour-index-c-i-pigment-violet-29-pv29-notice-of-availability
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-first-draft-chemical-risk-evaluation-under-tsca
2018/11/12法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Technical Barriers to Trade Information ManagementSystem Reference: G/TBT/N/USA/827】
EPAは、TSCAの下で合成木材製品におけるホルムアルデヒド放出基準の新たな
要件案をTBT通報した。この通報への意見提出は2018/12/3まで。
http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/146567?FromAllNotifications=True
2018/11/08法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Reviewing New Chemicals under the Toxic Substances Control Act (TSCA) (2018/11/08)】
米国EPAは、改正TSCAに基づき、「人または環境への不当なリスクをもたらす可能性が低い」と判断された物質の審査結果を更新した。
https://www.epa.gov/reviewing-new-chemicals-under-toxic-substances-control-act-tsca/epa-pre-manufacture-notice-review
2018/11/08有害性評価・試験法米国国家毒性プログラム(NTP)【NTP Update - November 2018 now available (2018/11/08)】
米国国家毒性プログラム(NTP)は、NTP Update Newsletterを公表した。
https://ntp.niehs.nih.gov/update/index.html
2018/11/07ナノ物質米国EPA銀ナノ材料についての最終作業計画を公表 【JETOC記事】
2018/11/06食品・化粧品・医薬品米国食品医薬品局(FDA)頭髪の染色に用いる化粧品への酢酸鉛の使用を禁止 【JETOC記事】
2018/10/30食品・化粧品・医薬品米国食品医薬品局(FDA)【FDA takes action to stop the use of lead acetate in hair dyes (2018/10/30)】
米国食品医薬品局(FDA)は、毛染め染料中の酢酸鉛の使用を禁止する措置を公表した。
https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm624589.htm
2018/10/29法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 更新された物質リストを公表 【JETOC記事】
2018/10/29法規制・インベントリ米国カリフォルニア州プロポジション65 生殖毒性物質リストにNickel(soluble compounds)を追加(2018年10月26日発効) 【JETOC記事】
2018/10/29法規制・インベントリEPATSCA第8条(a)項に基づく化学品データ報告に関する情報収集要請(ICR)についてのコメントを募集(更新)(コメント提出期限:2018年11月28日) 【JETOC記事】
2018/10/29法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Information Collection Request Submitted to OMB for Review and Approval; Comment Request; Chemical Data Reporting Under the Toxic Substances Control Act (TSCA Section 8(a)) (Renewal) (2018/10/29)】
米国EPAは、行政予算管理局に提出する化学品データ報告に関する情報を募集する。コメント提出期限は、11月28日。
https://www.federalregister.gov/a/2018-23560
2018/10/29法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal (2018/10/29)】
米国EPAは、TSCAに基づき、8月27日に公示された19物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の提案規則に対し、コメント期間追加の要請を受領したため。
https://www.federalregister.gov/a/2018-23574
2018/10/29法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Withdrawal (2018/10/29)】
米国EPAは、TSCAに基づき、8月27日に公示された10物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の提案規則に対し、コメント期間追加の要請を受領したため。
https://www.federalregister.gov/a/2018-23582
2018/10/29法規制・インベントリ米国環境保護庁(US EPA)【Information Collection Request Submitted to OMB for Review andApproval; Comment Request; Chemical Data Reporting Under the ToxicSubstances Control Act (TSCA Section 8(a)) (Renewal)】
EPAは、TSCA第8条(a)に基づく化学物質データ報告(CDR)と題する
情報収集規則(ICR)を管理予算局に審査と承認のために提出したことを
官報公示した。これは現在のICRが2018/10/31に期限切れとなるためで、
承認の更新を要求するもの。EPAは以前の意見募集で受け取った意見に加えて、
この提出により意見をさらに30日間受け付けるとしている。
意見提出の〆切は2018/11/28まで。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/10/29/2018-23560/information-collection-request-submitted-to-omb-for-review-and-approval-comment-request-chemical
2018/10/26法規制・インベントリEPA重要新規利用規則(SNUR)直接最終規則の撤回を公布(いずれも2018年8月27日公表の19件及び10件のSNURを撤回、2018年10月26日発効) 【JETOC記事】
2018/10/26セミナー・審議会・会合・資料公開米国労働安全衛生局(OSHA)【The Occupational Exposure to Hazardous Chemicals in Laboratories Standard; Extension of the Office of Management and Budget's (OMB) Approval of Information Collection (Paperwork) Requirements (2018/10/26)】
米国OSHAは、実験室における化学物質のばく露基準について、情報収集を延長することを公表した。コメントの提出期限は、10月26日。
https://www.federalregister.gov/documents/2018/10/26/2018-23419/the-occupational-exposure-to-hazardous-chemicals-in-laboratories-standard-extension-of-the-office-of