ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

ドイツ

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2021/02/05リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR) 新規材料によってもたらされるリスクを早期に特定するための省庁間作業部会を設立 【JETOC記事】
2021/02/05法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA) REACHに関連する便益及び費用についての現状の知見に関する文献調査報告書「REACHの発展-REACHの便益&費用についての証拠の検討」を公表 【JETOC記事】
2021/01/27法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA) REACHプロセス及び関連する課題に関する検討報告書「REACHの推進:REACHと代替」を公表 【JETOC記事】
2020/12/25セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA) プラスチック廃棄物のケミカルリサイクルに関する調査報告書を公表 【JETOC記事】
2020/12/16その他ドイツ連邦環境局(UBA) 花火からの粒子状物質の排出量に関する調査結果を公表;花火によって年間2,050トンの粒子状物質が生成すると報告、元日は粒子状物質による大気汚染が特に高いと警告 【JETOC記事】
2020/12/16有害性評価・試験法ドイツ連邦環境局(UBA) ネオペンチルグリコール、コハク酸ジイソブチル、グルタル酸ジイソブチル、1,2-ジメトキシエタン及び1,2-ジエトキシエタンのEU-LCI値導出のための毒性学的基礎データに関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/12/16法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA) 環境SVHC特定のためのPBT評価アプローチの検証及びさらなる開発に関するプロジェクト「PBT-Quo vadis?(どこへ行くのか?)」の報告書を公表 【JETOC記事】
2020/12/16ナノ物質ドイツ連邦環境局(UBA) ナノ材料の溶解及び分散安定性試験及び更なる環境試験及び評価戦略のためのデータ使用についての手引文書(OECD Guidance Document No. 318)の策定に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/12/07セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA) ペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)に関する2日間の国際専門家会議「PFAS-新たに懸念される汚染物質への対処」を開催;750名の専門家が新規PFAS研究及び戦略について議論 【JETOC記事】
2020/11/20法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA)調査報告書「前進するREACH:一式文書評価」を公表 【JETOC記事】
2020/11/16リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)3Dプリンター使用時に放出され吸入される可能性のある粒子による健康リスクに関する調査報告書を公表 【JETOC記事】
2020/11/13セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)ペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)による汚染の修復に関する報告書「局所的及び広範なPFAS汚染の修復管理」を公表 【JETOC記事】
2020/11/09法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA)アーティクル中の物質(SiA)に関わる、リスク管理及び関連通知並びに通信責務を管理するREACH文書の現在の法的枠組みに関する報告書「前進するREACH:アーティクル中の物質」を公表 【JETOC記事】
2020/11/09有害性評価・試験法ドイツ連邦環境局(UBA)陸生ミミズの調和化された野外試験手順及びリスク評価のために必要な適応に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/10/30その他ドイツ連邦環境局(UBA)循環経済の目的、範囲、行動原則、要件及び成功要因を体系的に概説する「循環経済のための9つの原則」を公表 【JETOC記事】
2020/10/14リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)タトゥーインクに使用されるピグメントブルー15:3及びピグメントグリーン7のリスクアセスメント報告書を公表 【JETOC記事】
2020/09/25モニタリング・ばく露評価ドイツ連邦環境局(UBA)欧州のヒトバイオモニタリングに関する共同の取組みHBM4EUの枠組みにおける、EUレベルのヒトバイオモニタリングの確立に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/09/16セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)羊及び牛の肝臓中のペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)濃度に関する調査報告書を公表;羊や牛の肝臓の摂取はPFASの総摂取量に大きく寄与すると警告 【JETOC記事】
2020/08/28食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦環境局(UBA)医薬品の環境リスク評価に関する調査報告書「新世代の人用医薬品有効成分には環境リスク評価が必要か? 第1部:文献レビュー」を公表 【JETOC記事】
2020/08/28セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦労働保護労働医学局(BAuA)ワニス、塗料及び接着剤の缶内保存料の代替品に関する調査報告書を公表 【JETOC記事】
2020/07/15PRTRドイツ連邦環境局(UBA)ドイツにおける2007-2018年のPRTR汚染物質の状況に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/07/15食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)特定の食品における高濃度の3-モノクロロプロパンジオール(3-MCPD)及びグリシジル脂肪酸エステルによる健康リスクの可能性に関する意見書を公表 【JETOC記事】
2020/07/15ナノ物質ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)工学ナノ材料のリスクアセスメント及び設計による安全(safe-by-design)の新手法に関するプロジェクトを公表 【JETOC記事】
2020/07/13モニタリング・ばく露評価ドイツ連邦環境局(UBA)ペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)ばく露に関する、ドイツ国内の3-17歳の子ども及び青年に対するモニタリング報告書を公表 【JETOC記事】
2020/06/26有害性評価・試験法ドイツ連邦環境局(UBA)OECD試験ガイドライン236(急性魚類胚毒性試験)の適用のためのOECD手引文書の作成に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/06/26法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA)様々な製品群におけるペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFASs)及びアルキルフェノール類(APs)の発生に関する報告書「環境及び製品中の潜在的高懸念物質(SVHC):環境中及び製品中の高懸念物質の存在量の測定」を公表 【JETOC記事】
2020/06/26リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)電子タバコがもたらす健康リスクに関する調査結果を公表;電子タバコに使用されている物質の多くは十分に調査されておらず、ユーザーの健康にどのように影響するかは不明であり、無害ではないと警告 【JETOC記事】
2020/06/19食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)食品中のフランに関する質疑応答を公表 【JETOC記事】
2020/06/12有害性評価・試験法ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)世界禁煙デー(5月31日)にあたり、タバコの健康有害性を指摘;EUにおけるメントール入りタバコの販売禁止(2020年5月20日から)を歓迎 【JETOC記事】
2020/06/05リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)日焼け止め製品の健康リスクに関する重要な質問及び回答集を公表 【JETOC記事】
2020/05/08セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)環境研究及び政策における傾向分析の採用に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/04/01セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)1歳児におけるペルフルオロアルキル化合物類(PFAS)の血中濃度とワクチン抗体濃度の関連についての研究報告書を公表 【JETOC記事】
2020/04/01その他ドイツ研究振興協会(DFG)職業ばく露許容濃度(MAK)及び生物学的許容値(BAT)リスト2019:英語版を公表 【JETOC記事】
2020/03/27モニタリング・ばく露評価ドイツ連邦環境局(UBA)ペルフルオロ化合物類のヒトバイオモニタリングに関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/02/26法規制・インベントリドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)連邦当局による優良試験所基準(GLP)モニタリングの結果を公表;動物福祉規定違反の疑いで1試験施設の認可取下げ、現在連邦当局により調査中(※BfRはGLP査察には関与していない) 【JETOC記事】
2020/02/14セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)環境中に放出されたプラスチックに関連する課題及び推奨される取組みに関する報告書「環境中のプラスチック」を公表 【JETOC記事】
2020/02/14内分泌かく乱物質ドイツ連邦環境局(UBA)環境関連用途におけるビスフェノールA代替物質類の内分泌かく乱特性の評価に関する試験及び文献調査報告書を公表 【JETOC記事】
2020/01/31その他ドイツ連邦環境局(UBA)建築材料に含まれる5種の化学物質のEU-LCI(最小影響濃度値)を提案;対象物質は、ジプロピレングリコール-モノ-t-ブチルエーテル、2-(2-ヘキシルオキシエトキシ)-エタノール、1-プロペニルベンゼン、ジプロピレングリコール-モノメチルエーテルアセタート及びヒドロキシアセトン 【JETOC記事】
2020/01/31ナノ物質ドイツ連邦環境局(UBA)工業ナノ材料の、ろ過摂食を行う生物(二枚貝)における生物蓄積を評価する方法の開発に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/01/31セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)環境負荷の観点における製品の耐用年数の影響に関する研究報告書を公表 【JETOC記事】
2020/01/31ナノ物質ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)微小な粒子(ナノ粒子)を含む含浸スプレーが肺に入った場合の影響に関する研究報告書を公表 【JETOC記事】
2019/12/27セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)欧州における大気汚染物質の排出に関する調査報告書「陸上生態系への危機的な負荷」を公表 【JETOC記事】
2019/12/27食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)食品中のマイクロプラスチックに関する調査報告書「小さなかけら-大きな影響?」を公表 【JETOC記事】
2019/12/18リスク評価ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)アルミニウム摂取の削減によって潜在的健康リスクを低減できる可能性があるとする意見書を公表 【JETOC記事】
2019/12/06有害性評価・試験法ドイツ連邦環境局(UBA)欧州委員会の長期的戦略ビジョン「全てのものにクリーンな地球」に付随する詳細分析の評価報告書を公表 【JETOC記事】
2019/12/06法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA)ペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFASs)に関する調査報告書「環境及びアーティクル中の潜在的高懸念物質(SVHC)-PFASの規制提案作成を目的とする情報収集」を公表 【JETOC記事】
2019/12/06セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)日常生活に潜む化学物質の危険についての調査報告書を公表 【JETOC記事】
2019/12/06有害性評価・試験法ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)3Dプリンティングの潜在的健康リスクを評価する研究プロジェクトの概要を公表 【JETOC記事】
2019/11/08食品・化粧品・医薬品ドイツ【New health-based guidance values for the industrial chemicals PFOS and PFOA (2019/11/08)】
欧州食品安全機関(EFSA)は、工業用化学物質PFOSおよびPFOAの健康にもとづく新たな指針値を公表した。EFSAは、PFOAのTWIsを6ng/kg/週、PFOSのTWIsを13ng/kg/週としており、、これらの値は、以前にEFSAおよび他の国際機関によって導出された健康に基づく指針値よりも有意に低い。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/new-health-based-guidance-values-for-the-industrial-chemicals-pfos-and-pfoa.pdf
2019/11/08食品・化粧品・医薬品ドイツ【New health-based guidance values for the industrial chemicals PFOS and PFOA (2019/11/08)】
欧州食品安全機関(EFSA)は、工業用化学物質PFOSおよびPFOAの健康にもとづく新たな指針値を公表した。EFSAは、PFOAのTWIsを6ng/kg/週、PFOSのTWIsを13ng/kg/週としており、、これらの値は、以前にEFSAおよび他の国際機関によって導出された健康に基づく指針値よりも有意に低い。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/new-health-based-guidance-values-for-the-industrial-chemicals-pfos-and-pfoa.pdf
2019/11/07法規制・インベントリドイツ連邦環境局(UBA)2019年1月1日に施行された、最終的に廃棄物となる包装材の生産者に登録を義務付ける新しい容器包装法について、初年度の運用状況は良好との見解を公表 【JETOC記事】
2019/11/07モニタリング・ばく露評価ドイツ連邦環境局(UBA)欧州のヒトバイオモニタリングに関する共同の取組みHBM4EUによる、特定のフタラート類、カドミウム及びビスフェノールAに対する新しいヒトバイオモニタリング指針値を公表 【JETOC記事】
2019/11/07ナノ物質ドイツ連邦環境局(UBA)環境中のナノ材料の検出に関する研究報告書「種々の環境コンパートメント中のナノ材料の検出及び手法開発活動の必要性の検討についての試験研究事業の評価」を公表 【JETOC記事】
2019/10/11モニタリング・ばく露評価ドイツ【Exposure to chemicals in the human body can now be compared for all of Europe (2019/10/11)】
ドイツ連邦環境庁(UBA)が主導している欧州ヒト生物モニタリングイニシアチブHBM4EUは、一部のフタル酸エステル、カドミウムおよびビスフェノールAについて、新たなヒト生物モニタリング指針値を発表した。
https://www.umweltbundesamt.de/en/press/pressinformation/exposure-to-chemicals-in-the-human-body-can-now-be
2019/10/03その他ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)タトゥーインクに関する「よくある質問集(FAQ)」を公表 【JETOC記事】
2019/10/02農薬・バイオサイドドイツ【Better assessment of pesticide residues with digital tools (2019/10/02)】
2019年9月17日、農薬残留物の健康評価とBfRにおける最大残留レベルの導出のためのデジタルツールとITアプリケーションの使用に関する協力のためのワークショップが開催された。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/better-assessment-of-pesticide-residues-with-digital-tools.pdf
2019/09/25セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)界面活性剤の定量のための分析法の開発及びその排水処理施設放流水への適用に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2019/09/24その他ドイツ【Consumer protection and risk assessment: sensitising substances in consumer products (2019/09/24)】
標記文献が公開された。この論文では、皮膚感作性を示す可能性がある化学物質の分類と表示のための国際的な法的枠組みの開発と実施に向けた背景と道筋について記述している。
https://www.bfr.bund.de/en/consumer_protection_and_risk_assessment__sensitising_substances_in_consumer_products-242157.html
2019/09/18農薬・バイオサイドドイツ連邦環境局(UBA)雑草又は害虫管理に、環境に有害な化学物質を使用せず温水又は捕捉システム等を利用することで、地方自治体における農薬の使用削減は可能であるとの見解を公表 【JETOC記事】
2019/09/11有害性評価・試験法ドイツ【Real nitrogen oxide emissions of diesel passenger cars remain too high (2019/09/11)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、ディーゼル乗用車の窒素酸化物排出量は依然として高いことを公表した。
https://www.umweltbundesamt.de/en/press/pressinformation/real-nitrogen-oxide-emissions-of-diesel-passenger
2019/08/28ナノ物質ドイツ【Allergy risk: Metal particles from tattoo needles detected in the skin for the first time (2019/08/28)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、国際的なパートナーチームと連携して、刺青の針から採取した金属のマイクロやナノ粒子が皮膚やリンパ節に沈着することを発表した。今後の研究では、これらの金属の追加摂取がどのようにアレルギーを誘発する可能性を増加させるかを検討する。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/33/allergy_risk__metal_particles_from_tattoo_needles_detected_in_the_skin_for_the_first_time-241920.html
2019/08/26ナノ物質ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)ポリスチレンマイクロプラスチック粒子に関する培養細胞及び動物を用いた試験において、腸組織の損傷の証拠は確認されなかったとする報告書を公表 【JETOC記事】
2019/08/26食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)EuroMixプロジェクトについて報告;食品中の化学物質混合物による健康リスクに関する、より良い試験及び評価戦略を設計、動物実験の削減の可能性もあると述べる 【JETOC記事】
2019/08/26ナノ物質ドイツ化学工業協会(VCI)ナノ材料を含有する廃棄物の安全な回収及び廃棄に関する手引を公表 【JETOC記事】
2019/08/21食品・化粧品・医薬品ドイツ【The BfR contributes to the improved assessment of health risks from substance mixtures in the EuroMix Project (2019/08/21)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、EuroMixプロジェクトにおける混合物の健康リスク評価の改善に貢献している。当プロジェクトは、EUの資金提供により、ヨーロッパの26機関が共同で食品中の混合物に関する健康リスクをより良い試験や評価を実施するための戦略を開発した。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/31/the_bfr_contributes_to_the_improved_assessment_of_health_risks_from_substance_mixtures_in_the_euromix_project-241836.html
2019/08/20その他ドイツ【German Environment Agency launches air quality app for Android and iPhone devices (2019/08/20)】
ドイツ連邦環境庁(UBA)は、微粒子(PM10)、二酸化窒素、オゾンなどの有害汚染物質に関する最新データを毎時間掲載するアプリを開発した。データはドイツ全土の400以上の大気質測定局から収集している。
https://www.umweltbundesamt.de/en/press/pressinformation/german-environment-agency-launches-air-quality-app
2019/08/19有害性評価・試験法ドイツ【Excessive consumption of energy drinks increases health risk for children and adolescents (2019/08/19)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は小児または青年期の過剰な栄養ドリンクの消費は健康影響リスクを増加させることを発表したEFSAは小児及び青年はカフェイン摂取量を3mg/kg/day以下に抑えるべきとしている。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/17/excessive_consumption_of_energy_drinks_increases_health_risk_for_children_and_adolescents-241793.html
2019/08/16その他ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)消費者製品中の多環芳香族炭化水素類(PAHs)のレベルは可能な限り低くすべきとする勧告を公表 【JETOC記事】
2019/08/15有害性評価・試験法ドイツ【PAH levels in consumer products should be as low as possible (2019/08/15)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、PAHsについて現行の技術水準にしたがって合理的に達成可能なレベルする作業を行っている。BfRでは、全ての一般的なゴム材料、エラストマーおよびプラスチック中のPAH含有量を0.2 mg/kg未満に最小化することは技術的に可能であるとしており、これは、様々な試験期間からの比較的含有量の低い多くの製品に関する測定データによって示されている。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/29/pah_levels_in_consumer_products_should_be_as_low_as_possible-241757.html
2019/08/15食品・化粧品・医薬品ドイツ【The German Federal Institute for Risk Assessment strengthens consumer health protection worldwide (2019/08/15)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)が主催した第8回年次総会"BfR Summer Academy"で提起された課題を受けて、2019年8月12日から23日まで37名の科学者が食品安全分野におけるリスク評価とリスクコミュニケーションについて議論する。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/30/the_german_federal_institute_for_risk_assessment_strengthens_consumer_health_protection_worldwide-241761.html
2019/08/09農薬・バイオサイドドイツ【The insecticide Chlorpyrifos does not fulfil the criteria for renewal of approval: BfR shares the scientific assessment of EFSA (2019/08/09)】
欧州食品安全機関(EFSA)は、農薬の有効成分であるクロルピリホスが欧州連合内での承認更新のために法的に要求される基準を満たしていないことを示した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/the-insecticide-chlorpyrifos-does-not-fulfil-the-criteria-for-renewal-of-approval.pdf
2019/08/07ナノ物質ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)マイクロプラスチックに関する「よくある質問集(FAQs)」を公表 【JETOC記事】
2019/07/29有害性評価・試験法ドイツ【Using plant protection products in home and allotment gardens safely (2019/07/29)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、家庭や農園で安全に植物保護製品を使用できる方法をまとめた。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/using-plant-protection-products-in-home-and-allotment-gardens-safely.pdf
2019/07/25有害性評価・試験法ドイツ【High aluminium levels in some matcha tea samples (2019/07/25)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、抹茶に関する消費者の健康リスク評価を実施した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/high-aluminium-levels-in-some-matcha-tea-samples%20.pdf
2019/07/24農薬・バイオサイドドイツ【Scientific risk assessments require global collaboration on consumer health protection (2019/07/24)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、日本を訪問し様々な機関と交流した。東京を訪問したDr. Reiner Wittkowskiを団長とする代表団は、日本の代表団と詳細に議論する機会を得た。協議の1つの重要な点は、殺虫剤および海洋生物毒素、すなわち貝類および魚類中の藻類毒素によるリスクを評価することであった。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/26/scientific_risk_assessments_require_global_collaboration_on_consumer_health_protection-241529.html
2019/06/25有害性評価・試験法ドイツ【Plant protection products: More clarity about residues in food (2019/06/25)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、消費者安全のためにリスクを特定する新たな指標を提案した。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/23/plant_protection_products__more_clarity_about_residues_in_food-241280.html
2019/06/20有害性評価・試験法ドイツ【Intake of Phosphates: Babies, infants and children can exceed the health guidance values (2019/06/20)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、乳幼児及び子供のリン酸塩の摂取量が健康ガイダンス値を超過する可能性を示唆した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/babies-infants-and-children-can-exceed-the-health-guidance%20values.pdf
2019/06/14セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)ドイツの水域、土壌、大気及び海洋におけるプラスチックの存在及び生態系に与える影響に関する報告書「環境中のプラスチック」を公表 【JETOC記事】
2019/06/14食品・化粧品・医薬品ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)食品添加物二酸化チタン(E171)の安全性について、科学的見地から監視を継続するとの見解を示し、二酸化チタンに関する「よくある質問集(FAQs)」を公表 【JETOC記事】
2019/06/03有害性評価・試験法ドイツ【Glyphosate in tampons? No indication of residues of any health significance (2019/06/03)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、2015年と2016年に様々な綿製の衛生製品中のグリホサートの残留濃度を測定し、消費者の健康影響をもたらすものではないと結論付けた。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/glyphosate-in-tampons-no-indication-of-residues-of-any-health-significance.pdf
2019/05/31有害性評価・試験法ドイツ連邦環境局(UBA)ドイツで消費される使い捨て飲料カップに関する調査報告書を公表、使用量削減のため再利用可能な容器の使用等を推奨 【JETOC記事】
2019/05/21食品・化粧品・医薬品ドイツ【Risk assessment of chondroitin sulfate in food supplements (2019/05/21)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、栄養補助食品の成分のコンドロイチン硫酸の使用に関するリスク評価結果を公表した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/risk-assessment-of-chondroitin-sulfate-in-food-supplements.pdf
2019/05/08ナノ物質ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)ナノ材料のライフサイクル全体を考慮した、人の健康及び環境へのリスクアセスメントを実施する共同研究プロジェクトを開始 【JETOC記事】
2019/04/23ナノ物質ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省(BMU)ナノ二酸化セリウムを用いたナノ材料の慢性毒性/発がん性評価試験報告書を公表 【JETOC記事】
2019/04/05セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦労働保護労働医学局(BAuA)職場における有害化学物質への経皮ばく露についての系統的分析報告書を公表 【JETOC記事】
2019/02/27セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦化学品部(BfC)N,N-ジシクロヘキシルベンゾチアゾール-2-スルフェンアミド(DCBS)のリスクマネジメントオプション作成のためのパブリックコンサルテーションを開始(4月8日まで) 【JETOC記事】
2019/02/05有害性評価・試験法ドイツ【Poisoning accidents among children: free material gives information on the BfR app (2019/02/05)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、子供の中毒事故に注意を促すための情報を、アプリを介して無料で提供している。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/07/poisoning_accidents_among_children__free_material_gives_information_on_the_bfr_app-239745.html
2019/01/31有害性評価・試験法ドイツ【Nitrogen dioxide loads in Germany down slightly in 2018 (2019/01/31)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、標記お知らせを掲載した。
https://www.umweltbundesamt.de/en/press/pressinformation/nitrogen-dioxide-loads-in-germany-down-slightly-in
2019/01/11その他ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)実験計画の支援及び結果の共有により動物実験の削減を可能とする、実験動物の保護を目的とする動物実験登録簿を運用開始(2019年1月7日から) 【JETOC記事】
2019/01/11法規制・インベントリドイツ包装廃棄物の削減及びリサイクル推進を目的とする新しい容器包装法を2019年1月1日に施行 【JETOC記事】
2019/01/10農薬・バイオサイドドイツ【Health risks through fumigated containers: Experts discuss research results and values measured by control authorities (2019/01/10)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、海上コンテナで輸送される製品を害虫から保護するために使用している燻蒸剤(殺虫剤)の健康影響と今後の行動の必要性を議論した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/health-risks-through-fumigated-containers-experts-discuss-research-results-and-values-measured-by-control-authorities.pdf
2019/01/07セミナー・審議会・会合・資料公開ドイツ連邦環境局(UBA)ケミカル・リーシングの持続可能性クライテリアの改良及び事例研究への適用についての報告書を公表 【JETOC記事】
2019/01/07有害性評価・試験法ドイツ【Strengthen science, avoid unnecessary animal experiments (2019/01/07)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、実験動物保護のための動物実験登録簿により、不要な動物実験を避け、科学的知見を強化できるとした。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2019/01/strengthen_science__avoid_unnecessary_animal_experiments-239405.html
2018/12/10食品・化粧品・医薬品ドイツ【EU maximum levels for cadmium in food for infants and young children sufficient - Exposure to lead should fundamentally be reduced to the achievable minimum (2018/12/10)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、乳幼児のための食品中鉛及びカドミウムによる健康影響評価を行い、その結果を公表した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/eu-maximum-levels-for-cadmium-in-food-for-infants-and-young-children-sufficient.pdf
2018/12/10有害性評価・試験法ドイツ【A comparative assessment of the CLP calculation method and in vivo testing for the classification of plant protection products (2018/12/10)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、植物保護製品の分類のためのCLP算定方法とin vivo試験の比較を行い、予測精度や不確実性に影響を与えるパラメータを考慮した統合的な評価戦略の開発を提案している。
https://www.bfr.bund.de/en/a_comparative_assessment_of_the_clp_calculation_method_and_in_vivo_testing_for_the_classification_of_plant_protection_products-208050.html
2018/11/26有害性評価・試験法ドイツ【European Food Safety Authority (EFSA) proposes new health-based guidance value for dioxins and dioxin-like polychlorinated biphenyls (2018/11/26)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、EFSAがダイオキシン類などの新たな健康基準指針を提案していることを発表した。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/efsa-proposes-new-health-based-guidance-value-for-dioxins-and-dioxin-like-polychlorinated-biphenyls.pdf
2018/11/13その他ドイツ連邦環境局(UBA)5種の化学物質の欧州の建物における室内最少濃度(EU-LCI)を提案;対象物質は、2-フェニルプロペン、ビニルトルエン(o-、m-、p-及び異性体混合物)、n-ヘプタン、へキシレングリコール及びトリプロピレングリコールモノメチルエーテル 【JETOC記事】
2018/11/06その他ドイツ【Minister Schulze presents plan for glyphosate phase-out (2018/11/06)】
ドイツ連邦環境庁(UBA)は、グリホサートの廃止計画を発表した。
https://www.umweltbundesamt.de/en/press/pressinformation/minister-schulze-presents-plan-for-glyphosate-phase
2018/11/02食品・化粧品・医薬品ドイツ【From antiperspirants containing aluminium to zinc salts in toothpaste: 50 years of the Cosmetics Committee (2018/11/02)】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、化粧品委員会の50周年を記念して、「50 Years of the Cosmetics Committee: Science in the Interest of Consumer Protection」を開催した。
https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2018/32/from_antiperspirants_containing_aluminium_to_zinc_salts_in_toothpaste__50_years_of_the_cosmetics_committee-207645.html
2018/10/29ナノ物質ドイツ【Is there a risk to human health from microplastics? More research and scientific data needed (2018/10/29)】
ドイツ連邦環境庁(UBA)は、ウィーン医科大学と、人体中のマイクロプラスチックに関する研究の速報結果を発表した。ボランティア8人の便中でマイクロプラスチックを検出しており、ヒトへの健康リスクの可能性について、その結果を要約している。
https://www.bfr.bund.de/cm/349/is-there-a-risk-to-humal-health-from-microplastics-more-research-and-scientific-data-needed.pdf