ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

SDS・GHS

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2019/03/04SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき3-methylpyrazole (CAS-RN 1453-58-3) および
silanamine, 1,1,1-trimethyl-N-(trimethylsilyl)-, hydrolysis products
with silica (CAS-RN 68909-20-6) に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を
公開し、意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/5/3まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/02/26SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度及び平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。 (2019/02/26)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2019/02/26SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度および平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成29年度GHS分類結果の4物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]→ http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h29_seigo.pdf
平成27年度GHS分類結果の5物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]→ http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h27_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2019/01/28SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。 (2019/01/28)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2019/01/28SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/28)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、2月11日。
・1-isopropyl-4-methylbenzene; p-cymene (CASRN: 99-87-6)
・Flumioxazin (ISO),N-(7-fluoro-3,4-dihydro-3-oxo-4-prop-2-ynyl-2H-1,4-benzoxazin-6-yl)cyclohex-1-ene-1,2-dicarboxamide (CASRN: 103361-09-7)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/28SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきp-シメン(CAS-RN 99-87-6)及びFlumioxazin (ISO)
(CAS-RN 103361-09-7)に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
p-シメンについては水生環境有害性、またFlumioxazin (ISO)については
生殖毒性についての意見募集を開始した。意見提出の締切りは2019/2/11まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/28SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成29年度GHS分類結果の16物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h29_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2019/01/21SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2019/01/21)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の6物質で、コメント提出期限は、3月22日。
・(3aS,5S,6R,7aR,7bS,9aS,10R,12aS,12bS)-10-[(2S,3R,4R,5R)-3,4-dihydroxy-5,6-dimethylheptan-2-yl]-5,6-dihydroxy-7a,9a-dimethylhexadecahydro-3H-benzo[c]indeno[5,4-e]oxepin-3-one; 24-epibrassinolide (CASRN: 78821-43-9)
・acetamiprid (ISO); (1E)-N-[(6-chloropyridin-3-yl)methyl]-N'-cyano-N-methylethanimidamide; (E)-N1-[(6-chloro-3-pyridyl)methyl]-N2-cyano-N1-methylacetamidine (CASRN: 135410-20-7, 160430-64-8)
・carbendazim (ISO); methyl benzimidazol-2-ylcarbamate (CASRN: 10605-21-7)
・cypermethrin (ISO); α-cyano-3-phenoxybenzyl 3-(2,2-dichlorovinyl)-2,2-dimethylcyclopropanecarboxylate; cypermethrin cis/trans +/- 40/60 (CASRN: 52315-07-8)
・Tetrafluoroethylene (CASRN: 116-14-3)
・thiamethoxam (ISO); 3-(2-chloro-thiazol-5- ylmethyl)-5- methyl[1,3,5]oxadiazi nan-4-ylidene-N- nitroamine (CASRN: 153719-23-4)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/21SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/21)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、2月4日。
・Copper compounds (CASなし)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations/-/substance-rev/22107/term
2019/01/21SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき6物質の欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
意見募集を開始した。意見の提出は2019/3/22まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/21SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき銅化合物に関する欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
水生環境有害性についての意見募集を開始した。意見の提出は2019/2/4まで。
銅化合物のCLH案→ https://echa.europa.eu/documents/10162/55aa9745-b58b-657e-4b4d-78bde1479110
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/10SDS・GHS欧州委員会(EU European Commission)【Hazardous chemicals — new rules on classification, labelling and packaging (2019/01/10)】
欧州委員会は、CLP規則の技術的及び科学的進歩への適応化のための修正についてコメントを募集している。提出期限は2月8日まで。
https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2019-141469_en
2019/01/10SDS・GHS欧州委員会(EC)【Hazardous chemicals — new rules on classification, labelling andpackaging】
欧州委員会(DG Environment)は、技術および科学の進捗に適応させるため、
欧州規則 (EC) No 1272/2008 (CLP規則)の附属書II、III、VIを改正し、
欧州委員会規則 (EU) 2018/669の附属書を改正する欧州委員会規則(案)に対する
意見募集を開始した。意見提出は2019/2/8まで。
○欧州委員会規則(案)の官報公示
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1547163025687&uri=PI_COM:Ares(2019)141469
https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2019-141469_en
2019/01/07SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2019/01/07)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の1物質で、コメント提出期限は、3月8日。
・dimethomorph (ISO); (E,Z)-4-(3-(4-chlorophenyl)-3-(3,4-dimethoxyphenyl)acryloyl)morpholine(CASRN:110488-70-5)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation/-/substance-rev/22001/del/50/col/synonymDynamicField_621/type/desc/pre/1/view
2019/01/07SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2019/01/07)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。以前パブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、3月8日。
・(RS)-1-{1-ethyl-4-[4-mesyl-3-(2-methoxyethoxy)-o-toluoyl]pyrazol-5-yloxy}ethyl methyl carbonate; tolpyralate (CASRN:1101132-67-5)
・prothioconazole (ISO); 2-[2-(1-chlorocyclopropyl)-3-(2-chlorophenyl)-2-hydroxypropyl]-2,4-dihydro-3H-1,2,4-triazole-3-thione (CASRN:178928-70-6)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2019/01/07SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきdimethomorph (ISO)(CAS-RN 110488-70-5)の
欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、意見募集を開始した。
意見提出は2019/3/8まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2019/01/07SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきtolpyralate (CAS-RN 1101132-67-5) および
prothioconazole (ISO)(CAS-RN 178928-70-6)の欧州調和分類と表示(CLH)案を
公開し、水生環境に対する有害性に関する意見募集を開始した。
意見提出は2019/1/21まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2018/12/21SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度及び平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。 (2018/12/21)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/12/21SDS・GHS経済協力開発機構(OECD)【eChemPortal: Global Portal to Information on Chemical Substances (2018/12/21)】
OECDは、eChemPortalでのGHS情報やGHS分類による検索方法に関するビデオチュートリアルを公開している。
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-assessment/echemportalglobalportaltoinformationonchemicalsubstances.htm
2018/12/21SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度および平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成29年度GHS分類結果の9物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]→ http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h29_seigo.pdf
平成27年度GHS分類結果の4物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]→ http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h27_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/12/20SDS・GHS韓国国立環境科学院告示第2018-62号 化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正(p.182) 【JETOC記事】
2018/12/19SDS・GHS経済協力開発機構(OECD)【eChemPortal: Global Portal to Information on Chemical Substances】
OECDは、物質検索やGHS分類検索を介して、eChemPotalの中でGHS情報を
検索する方法に関するビデオチュートリアルを公開した。
ビデオチュートリアル[YouTube]
https://www.youtube.com/watch?v=t64X7_aNqwg&feature=youtu.be
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-assessment/echemportalglobalportaltoinformationonchemicalsubstances.htm
2018/12/18SDS・GHS韓国国立環境科学院公告第2018-427号 「化学物質の分類及び表示等に関する規定」告示改正案行政予告(p.143) 【JETOC記事】
2018/12/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【First EU coordinated enforcement project on export of hazardous chemicals (2018/12/17)】
ECHAは、PIC規則の法施行点検に係るパイロットプロジェクトの結果を公表した。化学物質の輸出に関するPICの義務、特に輸出通知と第三国の受領者への安全性情報の提供の確認について13加盟国が参加して296件の検査を行ったところ、10%で企業の通知義務が履行されていなかったが、必要な安全性情報をSDSとして付属させる義務はほぼ履行されていたことを確認した。
https://echa.europa.eu/-/first-eu-coordinated-enforcement-project-on-export-of-hazardous-chemicals
2018/12/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAはCLP規則に基づき、esfenvalerate (ISO)(CAS-RN 66230-04-4)、
ethametsulfuron-methyl (ISO)(CAS-RN 97780-06-8)、およびtrifloxystrobin
(ISO)(CAS-RN 141517-21-7)の欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
2019/3/1までの意見募集を開始した。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/12/13SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/12/13)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の3物質で、コメント提出期限は、2019年3月1日。
・esfenvalerate (ISO); (S)-α-cyano-3-phenoxybenzyl-(S)-2-(4-chlorophenyl)-3-methylbutyrate(CASRN:66230-04-4)
・ethametsulfuron-methyl (ISO); methyl 2-({[4-ethoxy-6-(methylamino)-1,3,5-triazin-2-yl]carbamoyl}sulfamoyl)benzoate(CASRN:97780-06-8)
・trifloxystrobin (ISO); methyl (E)-methoxyimino-{(E)-α-[1-(α,α,α-trifluoro-m-tolyl)ethylideneaminooxy]-o-tolyl}acetate(CASRN:141517-21-7)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/12/13SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Enforcement project calls for improved safety information to protect workers from chemical hazards (2018/12/13)】
ECHAは、REACH規則の執行に関する情報交換フォーラム(Forum for Exchange of Information on Enforcement)が第5回執行プロジェクト(REF-5)で、REACH規則に基づく拡張SDSの伝達とそれに基づくリスク管理措置の実施状況を1,435物質について898件の検査を実施した結果を発表した。その結果、18%の企業が検査対象とした義務の少なくとも1つに違反しており、合計296件の違反が報告され、665の強制措置が取られた。企業はサプライチェーンの情報伝達のシステムを整備しているものの、その情報の品質を大幅に向上させる必要があるとしている。
https://echa.europa.eu/-/enforcement-project-calls-for-improved-safety-information-to-protect-workers-from-chemical-hazards
2018/12/12SDS・GHSお知らせ【化学物質管理セミナー キャラバン2018 ―化管法に基づくSDS・ラベル作成(JISによる分類)及びリスク評価の概要― (2018/12/12)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○東京会場:【受付終了】
平成30年12月12日(水) 13:00~
場所: TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール13A (定員:250名)
(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館)

○大阪会場:
平成30年12月19日(水) 13:00~
場所:新大阪丸ビル別館 10-1号室 (定員:250名)
(大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22)

○プログラム
・化管法について
・化学物質管理について
・リスク評価ツールの紹介(無償ツールを活用したばく露評価)
・SDS制度及びGHS分類ガイダンスを活用したSDS・ラベル作成
・経産省開発「混合物分類判定システム」を用いたGHS分類の実施
2018/12/12SDS・GHSお知らせ【セミナー「化学物質のリスクアセスメントとGHSラベルを用いたHow to職場の安全衛生教育」 (2018/12/12)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○開催地域(各会場の詳細はホームページをご覧ください。)
・名古屋会場:平成30年12月3日(月)
・福岡会場:平成30年12月7日(金)
・大阪会場:平成31年1月9日(水)【申込締切間近】
・名古屋会場:平成31年1月22日(火)
・東京会場:平成31年1月30日(水)【受付終了】
・大阪会場:平成31年2月1日(金)
・広島会場:平成31年2月5日(火)
・北海道会場:平成31年2月20日(水)
・仙台会場:平成31年2月25日(月)
・横浜会場:平成31年3月1日(金)
・北九州会場:平成31年3月4日(月)
・東京会場:平成31年3月8日(金)

○プログラム(予定)
・改正労働安全衛生法の概要と最近の動向紹介
・CREATE-SIMPLEの新機能紹介と使い方の解説
・労働者安全教育のポイント解説
・作業別モデル対策シートの拡充内容紹介
・労働衛生保護具選定ミニセミナー
・検知管を用いたリスクアセスメントの解説
・危険性リスクアセスメント手法解説
・リアルタイムモニターの使い方、活用方法紹介
2018/12/10SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/12/10)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の1物質群で、コメント提出期限は、2019年2月22日。
・Boric acid [1]; Diboron trioxide [2]; Tetraboron disodium heptaoxide, hydrate [3]; Disodium tetraborate, anhydrous [4]; Orthoboric acid sodium salt [5]; Disodium tetraborate decahydrate [6]; Disodium tetraborate pentahydrate [7] (CASRN: 10043-35-3, 11113-50-1, 1303-86-2, 12267-73-1, 1330-43-4, 13840-56-7, 1303-96-4, 12179-04-3)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/12/10SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAはCLP規則に基づき、7種のホウ素化合物の欧州調和分類と表示(CLH)案に
関する意見募集を開始した。意見提出は2019/2/22までとしている。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/12/06SDS・GHS欧州委員会(EU European Commission)【Inception impact assessment on fragrance allergens labelling published (2018/12/06)】
欧州委員会は、芳香レルゲン表示のインパクト評価についての文章を公表した。2012年に公表されたSCCSのオピニオン(SCCS/1459/11)のフォローアップとして、新たに芳香アレルゲンを追加するもの。コメントの提出期限は2019年1月2日。
http://ec.europa.eu/growth/content/inception-impact-assessment-fragrance-allergens-labelling-published_en
2018/12/05SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【ECHA's committees adopt 19 harmonised classification and labelling opinions and one restriction (2018/12/05)】
ECHAのリスク評価委員会(RAC)及び社会経済分析委員会(SEAC)は、以下の決定を行ったことを発表した。
(1)RAC及びSEACが以下2物質の制限提案に同意
・C9-C14 PFCAs, their salts and precursors
・Substances used in tattoo inks and permanent make-up
(2)RAC及びSEACが認可申請に対する3件の意見に同意
(3)RACが19物質の調和化された分類・表示提案に同意
https://echa.europa.eu/-/echa-s-committees-adopt-19-harmonised-classification-and-labelling-opinions-and-one-restriction
2018/12/05SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【ECHA’s committees adopt 19 harmonised classification and labellingopinions and one restriction】
ECHAは、そのリスク評価委員会(RAC)が鉛、その他の工業用化学物質、
並びに12種の農薬および殺生物剤に関する意見を含む欧州調和分類と表示(CLH)に
関する19の意見をとりまとめ、社会経済分析委員会(SEAC)がC9-C14の
ペルフルオロカルボン酸およびその塩の製造、使用、上市および輸入を制限する
提案を支持する最終意見を採択したと報じている。
https://www.echa.europa.eu/-/echa-s-committees-adopt-19-harmonised-classification-and-labelling-opinions-and-one-restriction
2018/12/04SDS・GHS厚生労働省「初心者向け 化学物質のラベル・SDS及びリスクアセスメントに関するセミナー」のご案内(追加開催) 【JETOC記事】
2018/12/04SDS・GHS厚生労働省セミナー「化学物質のリスクアセスメントとGHSラベルを用いたHow to 職場の安全衛生教育」案内 【JETOC記事】
2018/12/03SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/12/03)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の3物質で、コメント提出期限は、2019年2月15日。
・desmedipham (ISO); ethyl 3-phenylcarbamoyloxyphenylcarbamate (CARN: 13684-56-5)
・phenmedipham (ISO);methyl 3-(3-methylcarbaniloyloxy)carbanilate (CARN: 13684-63-4)
・triticonazole (ISO); (RS)-(E)-5-(4-chlorobenzylidene)-2,2-dimethyl-1-(1H-1,2,4-triazol-1-methyl)cyclopentanol (CASRN: 138182-18-0)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/12/03SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき desmedipham (CAS-RN 13684-56-5)、phenmedipham
(CAS-RN 13684-63-4)、およびtriticonazole (CAS-RN 138182-18-0)の
欧州調和分類と表示(CLH)案に関する意見募集を開始した。
意見の締切りは2019/2/15まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/11/28SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度及び平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。 (2018/11/28)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/11/28SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度および平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成29年度GHS分類結果の7物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h29_seigo.pdf
平成27年度GHS分類結果の4物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h27_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/11/26SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/11/26)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の2物質で、コメント提出期限は、2019年1月25日。
・Citric acid (CARN: 77-92-9)
・clomazone (ISO); 2-(2-chlorobenzyl)-4,4-dimethyl-1,2-oxazolidin-3-one (CARN: 81777-89-1)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/11/26SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきクエン酸(CAS-RN 77-92-9)およびclomazone
(ISO)(CAS-RN 81777-89-1)の2物質の欧州調和分類と表示(CLH)案に関する
意見募集を開始した。意見募集は2019/2/8までとしている。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/11/12SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/11/12)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の2物質で、コメント提出期限は、2019年1月25日。
・4-methylpentan-2-one; isobutyl methyl ketone (CARN: 108-10-1)
・methyl salicylate (CARN: 119-36-8)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/11/12SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきメチルイソブチルケトン(CAS-RN 108-10-1)、
メチル=2-ヒドロキシベンゾアート (CAS-RN 119-36-8)に関する
欧州調和分類と表示案(CLH案)を公開し、2019/1/25まで意見募集を開始した。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/11/07SDS・GHSECHACLP規則に基づく表示及び包装に関する手引 第四版の草案を公表 【JETOC記事】
2018/11/07SDS・GHSお知らせ【化学物質管理セミナー キャラバン2018 ―化管法に基づくSDS・ラベル作成(JISによる分類)及びリスク評価の概要― (2018/11/07)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○東京会場:
平成30年12月12日(水) 13:00~
場所: TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール13A (定員:250名)
(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館)

○大阪会場:
平成30年12月19日(水) 13:00~
場所:新大阪丸ビル別館 10-1号室 (定員:250名)
(大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22)

○プログラム
・化管法について
・化学物質管理について
・リスク評価ツールの紹介(無償ツールを活用したばく露評価)
・SDS制度及びGHS分類ガイダンスを活用したSDS・ラベル作成
・経産省開発「混合物分類判定システム」を用いたGHS分類の実施
2018/11/07SDS・GHSお知らせ【セミナー「化学物質のリスクアセスメントとGHSラベルを用いたHow to職場の安全衛生教育」 (2018/11/07)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○開催地域(各会場の詳細はホームページをご覧ください。)
・名古屋会場:平成30年12月3日(月)
・福岡会場:平成30年12月7日(金)
・大阪会場:平成31年1月9日(水)
・名古屋会場:平成31年1月22日(火)
・東京会場:平成31年1月30日(水)
・大阪会場:平成31年2月1日(金)
・広島会場:平成31年2月5日(火)
・北海道会場:平成31年2月20日(水)
・仙台会場:平成31年2月25日(月)
・横浜会場:平成31年3月1日(金)
・北九州会場:平成31年3月4日(月)
・東京会場:平成31年3月8日(金)

○プログラム(予定)
・改正労働安全衛生法の概要と最近の動向紹介
・CREATE-SIMPLEの新機能紹介と使い方の解説
・労働者安全教育のポイント解説
・作業別モデル対策シートの拡充内容紹介
・労働衛生保護具選定ミニセミナー
・検知管を用いたリスクアセスメントの解説
・危険性リスクアセスメント手法解説
・リアルタイムモニターの使い方、活用方法紹介
2018/11/07SDS・GHSお知らせ【化学物質管理セミナー キャラバン2018 ―化管法に基づくSDS・ラベル作成(JISによる分類)及びリスク評価の概要― (2018/11/07)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○東京会場:
平成30年12月12日(水) 13:00~
場所: TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール13A (定員:250名)
(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館)

○大阪会場:
平成30年12月19日(水) 13:00~
場所:新大阪丸ビル別館 10-1号室 (定員:250名)
(大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22)

○プログラム
・化管法について
・化学物質管理について
・リスク評価ツールの紹介(無償ツールを活用したばく露評価)
・SDS制度及びGHS分類ガイダンスを活用したSDS・ラベル作成
・経産省開発「混合物分類判定システム」を用いたGHS分類の実施
2018/11/07SDS・GHSお知らせ【セミナー「化学物質のリスクアセスメントとGHSラベルを用いたHow to職場の安全衛生教育」 (2018/11/07)】
弊社が事務局を担当しております標記セミナーについて、下記の通り開催いたします。

○開催地域(各会場の詳細はホームページをご覧ください。)
・名古屋会場:平成30年12月3日(月)
・福岡会場:平成30年12月7日(金)
・大阪会場:平成31年1月9日(水)
・名古屋会場:平成31年1月22日(火)
・東京会場:平成31年1月30日(水)
・大阪会場:平成31年2月1日(金)
・広島会場:平成31年2月5日(火)
・北海道会場:平成31年2月20日(水)
・仙台会場:平成31年2月25日(月)
・横浜会場:平成31年3月1日(金)
・北九州会場:平成31年3月4日(月)
・東京会場:平成31年3月8日(金)

○プログラム(予定)
・改正労働安全衛生法の概要と最近の動向紹介
・CREATE-SIMPLEの新機能紹介と使い方の解説
・労働者安全教育のポイント解説
・作業別モデル対策シートの拡充内容紹介
・労働衛生保護具選定ミニセミナー
・検知管を用いたリスクアセスメントの解説
・危険性リスクアセスメント手法解説
・リアルタイムモニターの使い方、活用方法紹介
2018/11/06SDS・GHS韓国【Technical Barriers to Trade Information Management System Regularnotification G/TBT/N/KOR/797】
韓国環境部(MOE)は、安全確認対象生活化学製品の指定および安全・
表示基準 [実施2019.00.00] [環境部告示第2019-00号、2019.00.00制定] の
行政予告をWTO/TBT通知した。この通知への意見提出は2018/11/26までの
20日間としている。
MOE通知文書(Korean)[PDF]
https://members.wto.org/crnattachments/2018/TBT/KOR/18_5724_00_x.pdf
http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/146423?FromAllNotifications=True
2018/11/05SDS・GHS韓国国立環境科学院告示第2018-44号 化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正(p.107) 【JETOC記事】
2018/10/31SDS・GHS経済産業省「化学物質管理セミナーキャラバン2018-化管法に基づくSDS・ラベル作成(JISによる分類)及びリスク評価の概念-」の開催情報を掲載 【JETOC記事】
2018/10/31SDS・GHS経済産業省【「化学物質管理セミナーキャラバン2018-化管法に基づくSDS・ラベル作成(JISによる分類)及びリスク評価の概要」の開催情報を掲載しました。 (2018/10/31)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/sds/1.html
2018/10/31SDS・GHS経済協力開発機構(OECD)【eChemPortal: Global Portal to Information on Chemical Substances (2018/10/31)】
OECDは、eChemPortalの更新を発表した。本更新には、2017年11月のOECD Harmonised Templates version No.2017、GHS Rev.5 (2015) 、GHS Rev.7 (2017)に沿った変更が含まれる。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/echemportalglobalportaltoinformationonchemicalsubstances.htm
2018/10/31SDS・GHS経済協力開発機構(OECD)【eChemPortal: Global Portal to Information on Chemical Substances】
OECDは、eChemPortal v2.0 がリリースされたことを発表した。
この新しいバージョンにはOECD Harmonised Templates
(2017年11月のバージョン)、およびGHS改訂5版(2015年)とGHS改訂7版(2017年)に
沿った変更が含まれていると報じている。
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-assessment/echemportalglobalportaltoinformationonchemicalsubstances.htm
2018/10/30SDS・GHS韓国環境部公告第2018-805号 安全確認対象生活化学製品指定及び安全・表示基準告示制定<案>行政予告(p.142) 【JETOC記事】
2018/10/29SDS・GHS韓国KOSHA MSDS営業秘密審査パイロット事業運営案内(申請期限11月16日) 【JETOC記事】
2018/10/29SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/10/29)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の3物質で、コメント提出期限は、2019年1月11日。
・[S-(Z,E)]-5-(1-hydroxy-2,6,6-trimethyl-4-oxocyclohex-2-en-1-yl)-3-methylpenta-2,4-dienoic acid ; S-abscisic acid (CARN: 21293-29-8)
・emamectin benzoate (ISO); (4''R)-4''-deoxy-4''-(methylamino)avermectin B1 benzoate (CARN: 155569-91-8)
・Trinexapac-ethyl (ISO); ethyl(1RS, 4EZ)4-[cyclopropyl(hydroxy)methylene]-3,5-dioxocyclohexanecarboxylate (CARN: 95266-40-3)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/10/29SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、3物質に対する欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、2019/1/11までの
意見募集を開始した。
3物質は:[S-(Z,E)]-5-(1-hydroxy-2,6,6-trimethyl-4-oxocyclohex-2-en-1-yl)
-3-methylpenta-2,4-dienoic acid (CAS-RN 21293-29-8)、emamectin benzoate
(ISO) (CAS-RN 155569-91-8)、およびTrinexapac-ethyl (ISO)
(CAS-RN 95266-40-3)
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/10/25SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度、平成27年度及び平成25年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。 (2018/10/25)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/10/25SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成29年度、平成27年度および平成25年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成29年度GHS分類結果の11物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h29_seigo.pdf
平成27年度GHS分類結果の6物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h27_seigo.pdf
平成25年度GHS分類結果の1物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h25_mhlw_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/10/10SDS・GHS欧州委員会(EU European Commission)【Commission Regulation (EU) 2018/1513 of 10 October 2018 amending Annex XVII to Regulation (EC) No 1907/2006 of the European Parliament and of the Council concerning the Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals (REACH) as regards certain substances classified as carcinogenic, mutagenic or toxic for reproduction (CMR), category 1A or 1B (2018/10/10)】
欧州委員会は、CMR物質に関してREACH規則附属書XVIIを改定する、2018年10月10日付け委員会規則(EU) 2018/1513を公布した。一定濃度以上の発がん性、変異原性、生殖毒性(CMR)のGHS分類1Aまたは1Bに分類される物質が含まれる日常の衣服、織物および履物の上市が2020年11月1日以降は制限される。
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1539564004606&uri=CELEX:32018R1513
2018/10/08SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/10/08)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、12月7日。
・3-aminomethyl-3,5,5-trimethylcyclohexylamine (CASRN: 2855-13-2)
・6,6'-di-tert-butyl-2,2'-methylenedi-p-cresol (CASRN: 119-47-1)
・Azamethiphos (CASRN: 35575-96-3)
・diflufenican (ISO); N-(2,4-difluorophenyl)-2-[3-(trifluoromethyl)phenoxy]-3-pyridinecarboxamide; 2′,4′-difluoro-2-(α,α,α-trifluoro-m-tolyloxy) nicotinanilide (CASRN: 83164-33-4)
・imidacloprid (ISO); (E)-1-(6-chloro-3-pyridylmethyl)-N-nitroimidazolidin-2-ylideneamine (CASRN: 138261-41-3)
・mecoprop-P (ISO) [1] and its salts; (R)-2-(4-chloro-2-methylphenoxy)propionic acid [1] and its salts (CASRN: 16484-77-8)
・tetrakis(2,6-dimethylphenyl)-m-phenylene biphosphate; tetrakis(2,6-dimethylphenyl) 1,3-phenylene bis(phosphate) (CASRN: 139189-30-3)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/10/08SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは7物質に対する欧州調和分類と表示(CLH)案に関する意見募集を開始した。
意見の〆切は2018/12/7までとしている。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/10/04SDS・GHS欧州委員会(EU European Commission)【Commission Regulation (EU) 2018/1480 of 4 October 2018 amending, for the purposes of its adaptation to technical and scientific progress, Regulation (EC) No 1272/2008 of the European Parliament and of the Council on classification, labelling and packaging of substances and mixtures and correcting Commission Regulation (EU) 2017/776 (2018/10/04)】
欧州委員会は、CLP規則の技術的及び科学的進歩への適応化のための修正を公表した。
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/AUTO/?uri=CELEX:32018R1480&qid=1539098281913&rid=10
2018/10/04SDS・GHS欧州委員会(EC)【Commission Regulation (EU) 2018/1480 of 4 October 2018 amending,for the purposes of its adaptation to technical and scientificprogress, Regulation (EC) No 1272/2008 of the European Parliamentand of the Council on classification, labelling and packaging ofsubstances and mixtures and correcting Commission Regulation(EU) 2017/776】
欧州委員会(DG Environment)は、科学および技術の進捗を適応させるため、
欧州規則 (EC) No 1272/2008 (CLP規則)の附属書Ⅵパート3表3.1を改正し、
欧州委員会規則 (EU) 2017/776 を修正する欧州委員会規則 (EU) 2018/1480を
官報公示した。
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1539046685877&uri=CELEX:32018R1480
2018/10/02SDS・GHSECHA安全データシート(SDS)及びばく露シナリオの手引書を公表 【JETOC記事】
2018/09/28SDS・GHS韓国国立環境科学院公告第2018-363号 化学物質の分類及び表示等に関する規定告示改正(案)行政予告(p.367) 【JETOC記事】
2018/09/28SDS・GHS中小企業基盤整備機構【[J-Net21]REACH Q.524:台湾での危険有害性に分類される物質および混合物のラベル・SDSに表示する内容について。製品中の危害性成分として物質名称、CAS番号を記載する必要があるのか。 (2018/09/28)】
標記Q&Aが掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/524.html
2018/09/28SDS・GHS中小企業基盤整備機構【[J-NET21]REACH新着 Q&A:Q.524 台湾での危険有害性に分類される物質および混合物のラベル・SDSに表示する内容について教えてください。製品中の危害性成分として物質名称、CAS番号を記載する必要があるのでしょうか。】
標記記事が掲載された。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/524.html
2018/09/20SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成27年度のGHS分類結果を一部修正しました。 (2018/09/20)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/09/20SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成27年度GHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成27年度GHS分類結果の1物質を修正しました。
正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h27_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/09/19SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【RAC concludes on 14 opinions on harmonised classification and labelling (2018/09/19)】
ECHAのリスク評価委員会(RAC)は、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案について、以下14件を承認したことを発表した。
・Tribenuron-methyl (ISO); methyl 2-[N-(4-methoxy-6-methyl-1,3,5-triazin-2-yl)-N-methylcarbamoylsulfamoyl]benzoate (CASRN: 57018-04-9)
・Dichlorodioctylstannane (CASRN: 3542-36-7)
・Trimethoxy(methyl)silane (CASRN: 1185-55-3)
・Sodium N-(hydroxymethyl)glycinate; [formaldehyde released from sodium N-(hy-droxymethyl)glycinate] (CASRN: 70161-44-3)
・4-{[(6-chloropyridin-3-yl)methyl](2,2-difluoroethyl)amino}furan-2(5H)-one; flupyradifurone (CASRN: 951659-40-8)
・Hymexazol (ISO); 3-hydroxy-5-methylisoxazole (CASRN: 10004-44-1)
・2-butoxyethanol; ethylene glycol monobutyl ether (CASRN: 111-76-2)
・Geraniol; (2E)-3,7-dimethylocta-2,6-dien-1-ol (CASRN: 106-24-1)
・Citral (CASRN: 5392-40-5)
・Dioctyltin dilaurate; [1] stannane, dioctyl-, bis(coco acyloxy) derivs. [2] (CASRN: 3648-18-8, 91648-39-4)
・Mesotrione (ISO); 2-[4-(methylsulfonyl)-2-nitrobenzoyl]-1,3-cyclohexanedione (CASRN: 104206-82-8)
・Mecetronium etilsulfate; N-ethyl-N,N-dimethylhexadecan-1-aminium ethyl sulfate; [MES] (CASRN: 3006-10-8)
・Pyrithione zinc; (T-4)-bis[1-(hydroxy-.kappa.O)pyridine-2(1H)-thionato-.kappa.S]zinc (CASRN: 13463-41-7)
・Butanone oxime; ethyl methyl ketoxime; ethyl methyl ketone oxime (CASRN: 96-29-7)
また、RAC及び社会経済分析専門委員会(SEAC)は、以下の提案を承認したことを発表した。
・C9-C14 PFCAs (PFNA; PFDA; PFUnDA; PFDoDA; PFTrDA; PFTDA), their salts and precursorsに対する制限提案
・PFOA, its salts and PFOA-related substancesに対する制限範囲の見直し
・6件の認可申請
https://echa.europa.eu/-/rac-concludes-on-14-opinions-on-harmonised-classification-and-labelling
2018/09/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations (2018/09/17)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、11月16日。
・2-phenoxyethanol (CASRN: 122-99-6)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/09/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2018/09/17)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。2018年1月12日にパブリックコンサルテーションを締め切った物質に対して新たな情報が提出されたことに伴い再度実施するもの。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、10月1日。
・hexyl 2-(1-(diethylaminohydroxyphenyl)methanoyl)benzoate; hexyl 2-[4-(diethylamino)-2-hydroxybenzoyl]benzoate (CASRN: 302776-68-7)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2018/09/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき 2-フェノキシエタノール (CAS-RN 122-99-6)の
欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、2018/11/16までの意見募集を開始した。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/09/17SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAは、CLP規則に基づきヘキシル=2-[4-(ジエチルアミノ)-2-
ヒドロキシベンゾイル]ベンゾアート(CAS-RN 302776-68-7)の欧州調和分類と
表示(CLH)案を公開し、水生環境有害性について2018/10/1までの意見募集を
開始した。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2018/08/27SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度のGHS分類結果を一部修正しました。 (2018/08/27)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/08/27SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度のGHS分類結果の分類根拠文を英訳しました。 (2018/08/27)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/h28_list_e.html
2018/08/27SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度のGHS分類結果の分類根拠文を英訳しました。】
英語版の平成28年度GHS分類結果に分類根拠を追記しました。
・平成28年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
平成28年度GHS分類結果の1物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h28_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/h28_list_e.html
2018/08/23SDS・GHS韓国環境産業技術院 オンラインショッピング協会と業務協約締結 不当な表示・広告する危害懸念製品の安全性・表示基準違反製品のオンライン流通・販売を防止へ 【JETOC記事】
2018/08/20SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling (2018/08/20)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下1物質で、コメント提出期限は、10月19日。
・7-oxa-3-oxiranylbicyclo[4.1.0]heptane; 1,2-epoxy-4-epoxyethylcyclohexane; 4-vinylcyclohexene diepoxide (CAS: 106-87-6)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/08/20SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAは、CLP規則に基づき4-オキシラニル-1,2-エポキシシクロヘキサン
(CAS-RN 106-87-6)の欧州調和分類と表示(CLH)案に関する意見募集を開始した。
意見の提出は2018/10/19までとなっている。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/08/17SDS・GHS国連欧州経済委員会(UNECE)【GHS - Rev.7 available online in Chinese (2018/08/17)】
UNECEは、改訂第7版に基づく国連GHSのオンライン説明資料を中国語で公表した。
http://www.unece.org/hk/trans/danger/publi/ghs/ghs_rev07/07files_e0.html
2018/08/17SDS・GHS国連欧州経済委員会(UNECE)【GHS (Rev.7) (2017)】
UNECEは国連GHS (Rev.7) (2017) の中国語版がオンラインで利用可能となったと
報じている。
http://www.unece.org/hk/trans/danger/publi/ghs/ghs_rev07/07files_e0.html
2018/08/15SDS・GHS中央労働災害防止協会【安衛法におけるラベル表示・SDS(安全データシート)提供制度(英語版) (2018/08/15)】
標記お知らせが掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/130813-01.html
2018/08/15SDS・GHS厚生労働省【安衛法におけるラベル表示・SDS(安全データシート)提供制度の英語版[PDF]】
標記資料が掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/180815-01.pdf
2018/08/14SDS・GHS厚生労働省【[職場のあんぜんサイト]「GHS対応モデルラベル・モデルSDS情報(29物質追加・121物質更新)」を更新しました。】
標記お知らせが掲載された。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/gmsds_index_201808.html
2018/08/01SDS・GHSNITE平成28年度及び平成20年度のGHS分類結果を一部修正 【JETOC記事】
2018/07/31SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度及び平成20年度のGHS分類結果を一部修正しました。 (2018/07/31)】
標記お知らせが掲載された。
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/07/31SDS・GHS製品評価技術基盤機構(NITE)【平成28年度及び平成20年度のGHS分類結果を一部修正しました。詳細は正誤表をご覧ください。】
平成28年度GHS分類結果の15物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h28_seigo.pdf
平成20年度GHS分類結果の1物質を修正しました。正誤表はこちら[PDF]
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/pdf/ghs_h20_mhlw_seigo.pdf
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/ghs_download.html
2018/07/23SDS・GHS韓国国立環境科学院第2018-34号 化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正(p.28) 【JETOC記事】
2018/07/18SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling (2018/07/18)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を発表し、パブリックコンサルテーションを開始した。対象物質は以下4物質で、コメント提出期限は、9月18日。
・2,2-dibromo-2-cyanoacetamide; [DBNPA] (CAS: 10222-01-2)
・Benzyl salicylate (CAS: 118-58-1)
・Tolclofos-methyl (ISO); O-(2,6-dichloro-p-tolyl) O,O-dimethyl thiophosphate (CAS: 57018-04-9)
・trinickel disulphide nickel subsulfide; heazlewoodite (CAS: 12035-72-2, 12035-71-1)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/07/18SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations (2018/07/18)】
ECHAは、CLP規則に基づく調和化された分類・表示提案を検討している物質及び有害性項目に対して、パブリックコンサルテーションを開始した。提出された情報はリスク評価委員会(RAC)によるCLH提案文書で考慮される。対象物質は以下の物質で、コメント提出期限は、8月1日。
・pyrithione zinc; (T-4)-bis[1-(hydroxy-.kappa.O)pyridine-2(1H)-thionato-.kappa.S]zinc (CAS: 13463-41-7)
https://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2018/07/18SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling public consultations】
ECHAはCLP規則に基づき4物質の欧州調和分類と表示(CLH)案を公開し、
意見募集を開始した。今回提案されているCLH案は、DBNPA (CAS-RN 10222-01-2)、
Benzyl salicylate (CAS-RN 118-58-1)、Tolclofos-methyl (CAS-RN 57018-04-9)
およびtrinickel disulphide nickel subsulfide; [1] heazlewoodite
[2] (CAS-RN 12035-72-2, 12035-71-1)に関するもので、
意見の〆切は2018/9/18まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
2018/07/18SDS・GHS欧州化学品庁(ECHA)【Harmonised classification and labelling targeted consultations】
ECHAはCLP規則に基づくpyrithione zinc (CAS-RN 13463-41-7)の欧州調和分類と
表示(CLH)案を公開し、水生環境への有害性を中心とした意見募集を開始した。
意見の〆切は2018/8/1まで。
https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-targeted-consultations
2018/07/16SDS・GHS欧州委員会(EU European Commission)【Classification and labelling of chemicals - alignment to revisions of the United Nations Globally Harmonised System (2018/07/16)】
欧州委員会は、CLP規則を国連GHS文書第6版、第7版と整合させるための改正案に対して意見募集している。コメントの提出期限は、8月13日。
https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2018-3765361_en
2018/07/16SDS・GHS欧州委員会 (EC)【Classification and labelling of chemicals - alignment to revisionsof the United Nations Globally Harmonised System】
欧州委員会は、欧州CLP規則を国連GHSの改訂に適合させるため、
CLP規則 (EC) No 1272/2008 の附属書を改正する規則案を公開し、
意見募集を開始した。この改正案はCLP規則の附属書I、II、III、IV、V、および
VIのいくつかの規定および基準を国連GHS文書の改訂第6版および第7版に
適合させる必要があるためと記している。意見の提出は2018/8/13まで。
http://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2018-3765361_en
2018/07/10SDS・GHS韓国国立環境科学院告示第2018-21号 化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正(p.17) 【JETOC記事】
2018/07/02SDS・GHS厚生労働省【[職場のあんぜんサイト]GHS対応モデルラベル・モデルSDS情報の表示・通知対象物質の一覧・検索を更新しました。】
標記お知らせが掲載された。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/gmsds640.html