ケミマガ アーカイブス powered by MHIR,partially supported by JETOC

国際機関(OECD等)

前の100件表示  後の100件表示

更新日ジャンル国・機関内容
2021/03/08法規制・インベントリOECD各国状況比較ウェブサイト「Compare your country」に工業用及び消費者用化学品規制に関するサイトを開設(Regulation_Chemical legislation);地図上をクリックすると当該地域の規制に関する概要が開き、リンクから各国当局のサイトにアクセスできる 【JETOC記事】
2021/03/08ナノ物質OECD環境中のナノ材料の分散安定性及び溶解速度の評価(OECD TG No.318)に関するウェビナー(2021年2月25日)の資料及び記録を公表 【JETOC記事】
2021/03/08その他OECD「より安全な代替化学品の特定及び選択のための重要な考慮事項に関する手引」(リスク管理に関するシリーズNo.60)を公表 【JETOC記事】
2021/03/02セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Substitution of hazardous chemicals】
OECDは、より安全な代替化学物質の特定と選択についての重要な考慮事項に
関するガイダンスを発表した。このガイダンスは、化学物質の置換に焦点を当て、
より安全な代替物を選択するための一般的なアプローチと基準に関する
合意形成を目的としている。
Guidance on Key Considerations for the Identification and Selection of
Safer Chemical Alternatives (Series on Risk Management No. 60) [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/risk-management/guidance-on-key-considerations-for-the-identification-and-selection-of-safer-chemical-alternatives.pdf
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/substitution-of-hazardous-chemicals.htm
2021/03/02ナノ物質経済協力開発機構(OECD)【Webinar Series on Testing and Assessment Methodologies】
OECDは、2021/2/25に開催したWebセミナーで、試験ガイドラインNo. 318:
シミュレートされた環境媒体中のナノマテリアルの分散安定性とそれに付随する
ガイダンス文書の適用範囲、内容、および使用を発表しているが、
そのプレゼンテーション資料を掲載した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/webinars-on-testing-and-assessment-methodologies.htm
2021/02/25その他国連欧州経済委員会(UNECE)【ADR 2021 (files)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する協定 (ADR) 2021年の印刷版
(フランス語版)への正誤表-3 を発行した。
Corrigendum 3 (Version française)
https://unece.org/transport/documents/2021/02/standards/adr-2021-corrigendum-3
https://unece.org/transportdangerous-goods/adr-2021-files
2021/02/19モニタリング・ばく露評価経済協力開発機構(OECD)【Emission Scenario Documents】
OECDは、消防用途での水成膜泡消火薬剤 (AFFF) の使用に関する
排出シナリオ文書No. 40 を掲載した。
排出シナリオ文書 No.40 [PDF]
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=ENV/CBC/MONO(2021)5&doclanguage=en
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-assessment/emissionscenariodocuments.htm
2021/02/16有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)生涯のアルコール摂取、経時的飲酒パターンと胃がんのリスクに関するコホート研究の論文を紹介;生涯のアルコール摂取の制限、特に成人期初期の大量摂取を避けることが非噴門胃がんの予防に役立つ可能性があると考察 【JETOC記事】
2021/02/16有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)喫煙と膵臓がんリスク遺伝子座の変異に関する研究論文を紹介 【JETOC記事】
2021/02/16有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)職業がんについての職場での工程で生成する物質へのばく露の寄与に関する研究論文を紹介 【JETOC記事】
2021/02/15法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【DRAFT NEW TEST GUIDELINEDetermination of relative metal/metalloid release using a simple simulatedgastric fluid (0.032 M HCl) [PDF]】
OECDは、単純な人工胃液 (0.032 M HCl) を使用した金属/半金属放出を
決定する新たな試験ガイドラインの草案を公開した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-test-guideline-metal-release.pdf
2021/02/08ナノ物質OECDナノ材料に関するウェビナー:環境中のナノ材料の分散安定性及び溶解(速度)の評価(OECD TG No.318);2021年2月25日 【JETOC記事】
2021/02/05その他国連環境計画(UNEP)プラスチックの禁止が新しい機会を創る:ジャマイカにおけるプラスチック廃棄物リサイクルプロジェクトの事例を紹介 【JETOC記事】
2021/02/04法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Series on Testing and Assessment: publications by number】
OECDは、規制目的で使用されるPhysiologically Based Kinetic(PBK)
1モデルの特性評価、検証と報告に関するガイダンス文書No331を掲載した。
動物実験から得られたin vivoデータではなく、毒性試験のためのin vitroおよび
in silico(非動物)アプローチに重点が置かれている。
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=ENV-CBC-MONO(2021)1%20&doclanguage=en
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/series-testing-assessment-publications-number.htm
2021/01/25SDS・GHS国連欧州経済委員会(UNECE)【GHS implementation】
UNECEは、世界のGHSの実施状況を更新し、情報提出のための
新しいオンラインフォームが利用可能となったと報じている。
https://unece.org/ghs-implementation-0
2021/01/20法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Section 4: Health EffectsDraft TG 406 on Skin Sensitisation】
OECDは、改訂された化学物質の試験ガイドライン TG 406:皮膚感作の草案を
公開し、意見募集を開始した。意見提出は2021/3/1まで。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/section4-health-effects.htm
2021/01/14その他国連欧州経済委員会(UNECE)【ADR 2021 (files)Volume 1 (track version)Volume 2 (track version)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する協定 (ADR 2021) の改訂された
トラックバージョン (Volume 1 および Volume 2) がダウンロード可能となったと
報じている。
https://unece.org/transportdangerous-goods/adr-2021-files
2021/01/13法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Section 4: Health EffectsDraft OECD Test Guideline on Reconstructed Human EpidermisPhototoxicity (RhE PT)】
OECDは、化学物質の試験に関するOECDガイドライン、In vitro 光毒性:
再構築ヒト表皮光毒性試験(RhE PT)法の試験ガイドライン草案を公開し
意見募集を開始した。意見提出は2021/2/23まで。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/section4-health-effects.htm
2021/01/04その他国連欧州経済委員会(UNECE)【ADR 2021 (files)】
UNECEは、2021/1/1より危険物の国際陸路輸送に関する協定(ADR)が
更新されたことから、ADR 2021の全文を英語、フランス語、ロシア語で
公開した。閲覧またはダウンロードが可能。
https://unece.org/transportdangerous-goods/adr-2021-files
2020/12/25ナノ物質国連環境計画(UNEP)水域におけるプラスチック汚染に対処するための新技術に関する報告書「プラスチック及びマイクロプラスチックによる水質汚染:水源から海までの技術ソリューションのレビュー」を公表 【JETOC記事】
2020/12/25ナノ物質OECDナノ材料の水生及び底質生態毒性試験に関するガイダンス文書No.317の適用範囲及び使用に関するウェビナーを開催(2021年1月26日) 【JETOC記事】
2020/12/23法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Section 4: Health EffectsDraft Guideline for Defined Approaches for Skin Sensitisation】
OECDは、皮膚感作性のための定義されたアプローチに対するガイドライン草案を
掲載し、意見募集を開始した。意見提出は2021/2/5まで。
ガイドライン草案 [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/testing/draft-guideline-for-defined-approaches-for-skin-sensitisation.pdf
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/section4-health-effects.htm
2020/12/22ナノ物質経済協力開発機構(OECD)【Publications in the Series on the Safety of Manufactured Nanomaterials】
OECDは、工業用ナノマテリアルの安全性に関する2020年の出版物 No.92~No.97を
掲載した。
・No. 92 - Ability of biopersistent/biodurable manufactured nanomaterials
(MNs) to induce lysosomal membrane permeabilization (LMP)
as a prediction of their long-term toxic effects [PDF]
・No. 93 - Advancing Adverse Outcome Pathway (AOP) Development for
Nanomaterial Risk Assessment and Categorisation/ PART1: Final Project
Report and Recommendations with Methodology to Prioritise Key Events (KEs)
Relevant for Manufactured Nanomaterials [PDF]
・No. 94 - Advancing Adverse Outcome Pathway (AOP) Development for
Nanomaterial Risk Assessment and Categorisation/ PART2: Case Study
on Tissue Injury [PDF]
・No. 95 - Advancing Adverse Outcome Pathway (AOP) Development for
Nanomaterial Risk Assessment and Categorisation/ PART3: Workshop
Report and Recommendations [PDF]
・No. 96 - Moving Towards a Safe(r) Innovation Approach (SIA) for More
Sustainable Nanomaterials and Nano-enabled Products [PDF]
・No. 97 -Developments in Delegations on the Safety of Manufactured
Nanomaterials – Tour de Table
http://www.oecd.org/env/ehs/nanosafety/publications-series-safety-manufactured-nanomaterials.htm
2020/12/22法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Section 4: Health EffectsDraft Updated Test Guideline 405 on Eye irritation/Serious Eye DamageDraft updated TG 494 on the Vitrigel test method for eye hazardpotential】
OECDは、眼刺激性/重篤な眼損傷性に関する試験ガイドライン TG 405の
更新草案、および眼刺激性または重篤な眼損傷性の分類および表示を必要と
しない化学物質を特定するためのビトリゲル-眼刺激性試験法に関する
試験ガイドライン TG 494の更新草案を掲載し意見募集を開始した。
意見提出は2021/2/5まで。
TG 405の更新草案 [PDF]
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-test-guideline-405-eye-irritation-eye-damage.pdf
TG 494の更新草案 [PDF]
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-test-guideline-494-vitrigel-test-method-eye-hazard-potential.pdf
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/section4-health-effects.htm
2020/12/21法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Draft Guidance and Review Documents/MonographsDraft updated Detailed Review Paper on Retinoid Pathway Signalling】
OECDは、レチノイド経路シグナル伝達に関する更新された詳細なレビューペーパーの
草案を公開し、2021/2/12までの意見募集を開始した。
レビューペーパーの草案 [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/testing/draft-review-paper-retinoid-pathway-signalling.pdf
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-guidance-review-documents-monographs.htm
2020/12/16法規制・インベントリOECD環境総局による概説「化学物質グループの規制:化学物質安全性のための費用効果の高い選択肢」を公表 【JETOC記事】
2020/12/15有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Webinar Series on Testing and Assessment Methodologies】
OECDは、2020/11/30に開催したWebセミナーのプレゼンテーション資料
(トレーニングニーズ、リソース、およびアドバース・アウトカム・
パスウェイ(AOP)の機会)を掲載した。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/webinars-on-testing-and-assessment-methodologies.htm
2020/12/10有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【DRAFT OECD GUIDELINE FOR THE TESTING OF CHEMICALSKey–Event-Based Test Guideline For In Chemico Skin SensitisationAssays Addressing The Adverse Outcome Pathway Key Event On CovalentBinding To Proteins [PDF]】
OECDは、化学物質の試験ガイドライン TG 442C (In Chemico 皮膚感作性:
ペプチド結合性試験 (DPRA)) の更新案を公開し2021/2/3までの意見募集を
開始した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-test-guideline-442C-in-chemico-skin-sensitisation.pdf
2020/12/09PRTR経済協力開発機構(OECD)【Publications in the series on Pollutant Release and Transfer Registers】
OECDは、化学物質排出移動量届出制度(PRTR)に関する「PRTR放出推定技術の
リソース便覧パートII:拡散源のための技術要約」をリリースした。
この文書は、大気および水域への非点源排出量を推定するために使用される
主要な放出推定技術の要約、OECD加盟国プログラムの概要、および関連する
連絡先と文書に関する情報を提供するものと説明している。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/publications-series-on-pollutant-release-and-transfer-registers.htm
2020/12/04有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)3物質の発がん性に関するIARCモノグラフ評価の結果を公表;アクロレイン:グループ2A、クロトンアルデヒド及びアレコリン:グループ2B 【JETOC記事】
2020/11/13有害性評価・試験法OECD化学物質安全性及び生物安全性に関する進捗報告書No.40を公表;関連企画、行事及び活動に関する最新情報を提供(報告書は8ヵ月毎に発行) 【JETOC記事】
2020/11/13その他経済協力開発機構(OECD)【The costs and benefits of regulating chemicals】
OECDは、化学物質の暴露による健康への悪影響を回避するための支払意志額(WTP)
と同等の価値を国際的に確立するSWACHE (the Surveys on Willingness-to-Pay
to Avoid Negative Chemicals-Related Health Impacts)プロジェクトを立ち上げた。
この健康影響には、喘息、生殖能力喪失、IQ喪失、慢性腎臓病、および
極低出生体重が含まれるとしている。
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-management/costs-benefits-chemicals-regulation.htm
2020/11/12内分泌かく乱物質経済協力開発機構(OECD)【OECD Work Related to Endocrine Disrupters】
OECDは、2018年に更新された内分泌かく乱物質を評価するための標準化された
試験ガイドラインに関する改訂ガイダンス文書150をリリースした。
改訂ガイダンス文書150
https://www.oecd-ilibrary.org/fr/environment/guidance-document-on-standardised-test-guidelines-for-evaluating-chemicals-for-endocrine-disruption-2nd-edition_9789264304741-en
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/oecdworkrelatedtoendocrinedisrupters.htm
2020/11/09セミナー・審議会・会合・資料公開国際がん研究機関(IARC)モノグラフ会議の開催予定を公表;Volume 130:1,1,1-トリクロロエタン、ヒドラゾベンゼン、N-メチロールアクリルアミド、ジフェニルアミン、及びイソホロン、日程:2021年10月5-21日 【JETOC記事】
2020/11/09セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Series on Risk Management - Publications by number】
OECDは、化学物質管理政策と廃棄物管理政策の連携改善に関する
ワークショップ報告書 No. 59 を掲載した。
リスク管理報告書 No. 59 [PDF]
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=ENV/JM/MONO(2020)27&docLanguage=en
http://www.oecd.org/env/ehs/risk-management/series-on-risk-management-publications-by-number.htm
2020/11/04セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Chemical Safety and Biosafety Progress Report】
OECDは、ケミカルセーフティーとバイオセーフティーの進捗報告 No. 40
(2020年11月版) を掲載した。
Progress Report No.40 November 2020 [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/progress-report-on-chemical-safety-and-biosafety-november-2020.pdf
http://www.oecd.org/chemicalsafety/environment-health-safety-news.htm
2020/10/30有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)人に対する発がん性ハザードの特定に関するモノグラフVolume 125「いくつかの工業用化学物質中間体及び溶媒」をオンラインで公表;評価物質はメタクリル酸グリシジル、1-ブチルグリシジルエーテル、1-ブロモ-3-クロロプロパン、4-クロロベンゾトリフルオリド及び塩化アリル 【JETOC記事】
2020/10/30その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Multilateral agreementsM329 - Carriage of certain wastes containing dangerous goods】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR) 1.5.1に基づく新たな
多国間協定 M329 (危険物を含む特定の廃棄物の輸送) を掲載した。
多国間協定 M329 [PDF]
http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/danger/multi/agree.wpf/M329e.pdf
http://www.unece.org/trans/danger/multi/multi.html
2020/10/29その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Multilateral agreements】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の8.2.2.8 に準拠した
ドライバートレーニング証明書、およびADRの1.8.3.7に準拠した安全アドバイザー
証明書に関する新たな多国間協定 M330 を掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/multi/multi.html
2020/10/29法規制・インベントリ国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の、ポルトガル共和国の
当局情報およびADRの1.9.4に従った危険物輸送に関する制限の通知
(ポルトガル語のみ)(2020年10月更新)を掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/10/28有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Webinar Series on Testing and Assessment Methodologies】
OECDは、試験と評価の方法論についての一連のWebセミナーとして、
アドバース・ アウトカム・パスウェイ(AOP)のトレーニングのニーズ、リソース、
および得られる機会について、過去の経験を共有し将来につなげることを目的に
Webセミナーを開催する。この1時間半のWebセミナーは2020/11/23 17:00 (OOCET)と
2020/11/30 10:00 (OOCET)の2回開催される。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/webinars-on-testing-and-assessment-methodologies.htm
2020/10/23有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)アヘン摂取の発がん性を評価;ヒトに対して発がん性を示す(グループ1)と分類(評価の詳細はIARCモノグラフVol.126として公表予定) 【JETOC記事】
2020/10/15農薬・バイオサイド経済協力開発機構(OECD)【Joint Meeting of the Chemicals Committee and the Working Party onChemicals, Pesticides and BiotechnologyOECD Accession Review of Costa Rica in the Field of ChemicalsSummary report [PDF]】
OECDは、コスタリカ共和国からの要請を受け、化学品委員会と、
化学品・農薬・バイオテクノロジー作業部会との合同会合で作成した、
化学物質の分野におけるコスタリカのOECD加盟レビュー要約報告書を公開した。
報告書のスペイン語版 [PDF]
http://www.comex.go.cr/media/8391/informe-ocde-evaluaci%C3%B3n-de-costa-rica-en-el-campo-de-productos-qu%C3%ADmicos.pdf
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=ENV/JM/WRPR(2019)53/FINAL&docLanguage=en
2020/10/14セミナー・審議会・会合・資料公開OECD化学物質及び廃棄物管理政策の連携の改善に関するOECDワークショップ報告書(リスク管理に関するシリーズNo.59)を公表 【JETOC記事】
2020/10/14有害性評価・試験法OECD「試験及び評価に関する統合的アプローチ(IATA)に関連する概念及び利用可能な手引きの概要」(試験及び評価に関するシリーズNo.329)を公表 【JETOC記事】
2020/10/12有害性評価・試験法OECD試験及び評価に関する統合的アプローチ(IATA)による事例研究の検討報告書(2019)8件を公表 【JETOC記事】
2020/10/09セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Series on Risk Management - Publications by number】
OECDは、リスク管理に関する一連の報告書 (No. 59) 「化学物質および廃棄物
管理政策の整合性を改善するワークショップ報告書」を掲載した。
OECDワークショップ報告書 (No. 59) [PDF]
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=ENV/JM/MONO(2020)27&docLanguage=en
http://www.oecd.org/chemicalsafety/risk-management/series-on-risk-management-publications-by-number.htm
2020/10/08有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Integrated Approaches to Testing and Assessment (IATA)】
OECDは、試験と評価のための統合的アプローチ (IATA) とその構成要素に
関する既存のガイダンスの概要を提供する文書 (No. 329)を公開した。
文書(No. 329) [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/risk-assessment/concepts-and-available-guidance-related-to-integrated-approaches-to-testing-and-assessment.pdf
http://www.oecd.org/chemicalsafety/iata-integrated-approaches-to-testing-and-assessment.htm
2020/10/07食品・化粧品・医薬品OECD「食品包装(紙及び板紙)中のペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFASs)及び代替品:商業的入手性及び現在の使用に関する報告書」(リスク管理に関するシリーズNo.58)を公表 【JETOC記事】
2020/10/02その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)のエストニア共和国
およびトルコ共和国の更新された当局情報を掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/10/01有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Integrated Approaches to Testing and Assessment (IATA)】
OECDは、試験と評価のための統合的アプローチ(IATA)のケーススタディ
プロジェクトにより、多様なリードアクロスアプローチを説明する8つの
新しいケーススタディーが公開されたと報じている。
公開された8つの新しいケーススタディー [PDF]
http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=env/jm/mono(2020)24&doclanguage=en
http://www.oecd.org/chemicalsafety/risk-assessment/iata-integrated-approaches-to-testing-and-assessment.htm
2020/09/25セミナー・審議会・会合・資料公開国連環境計画(UNEP)第5回国連環境総会(UNEA 5、2021年2月22-26日開催予定)に向けて作成された、化学物質及び廃棄物に関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/09/25セミナー・審議会・会合・資料公開OECD産業汚染の防止及び管理に利用可能な最高の方法(BAT)に関する報告書「BATの決定、BAT関連の環境パフォーマンスレベル及びBATに基づく許可条件に関する手引文書」を公表 【JETOC記事】
2020/09/24その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の、
更新されたベルギー王国の当局情報、およびジョージアの主要当局情報を掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/09/22法規制・インベントリ国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の、スペイン王国と
ノルウェー王国の更新された当局情報、およびアイルランドのトンネル制限を
掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/09/16有害性評価・試験法OECD化学物質安全性データ相互受理システム(MAD)に関するOECD合意にタイが参加;現在の参加国は44ヵ国(OECD加盟37ヵ国に加えて、アルゼンチン、ブラジル、インド、マレーシア、シンガポール、南アフリカ、及びタイ) 【JETOC記事】
2020/09/11セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Best Available Techniques (BAT) to Prevent and Control IndustrialPollution】
OECDは、産業汚染を防止および管理するため、政府に提供することを
目的とする利用可能な最高の手法(BAT)に関する新しいレポートを公表した。
これにはBAT決定のガイダンス文書、BAT関連の環境パフォーマンスレベル、
およびBATに基づく許可条件などが含まれる。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/best-available-techniques.htm
2020/09/07有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Thailand joins OECD agreement on mutual acceptance of chemicalsafety data】
OECDは、タイ王国が化学物質安全性データの相互承認(MAD)のOECDシステムに参加し、
MADを遵守している44カ国で人の健康と環境の保護に関連する非臨床安全データが
受け入れられるようになったと報じている。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/thailand-joins-oecd-agreement-on-mutual-acceptance-of-chemical-safety-data.htm
2020/08/27法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【Draft Guidance and Review Documents/Monographs】
OECDは、植物保護製品および殺生物性製品の燃焼性試験のためのガイダンス文書
草案を公開し、意見募集を開始した。意見提出は2020/9/23まで。
ガイダンス文書草案 [PDF]
http://www.oecd.org/chemicalsafety/testing/Amended_Draft_GD_Flammability_clean.pdf
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/draft-guidance-review-documents-monographs.htm
2020/08/19有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)モノグラフ会議126:アヘン(Opium)の開催予定を公表(2020年9月14-18日に予定されていた会議は9月11-20日リモート開催に変更);アヘンの伝統的な使用によってもたらされる発がんハザードを評価、ヘロイン、モルヒネ、又は処方オピオイド剤の発がんハザードは評価しない 【JETOC記事】
2020/08/05有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)がんの分類及び研究のための国際協力(IC3R)を協力機関と共に設立 【JETOC記事】
2020/08/05その他国連環境計画(UNEP)グローバルな観光部門はCOVID-19の間及びその後もプラスチック汚染との戦いを継続する必要があるとする新しい国連勧告を公表 【JETOC記事】
2020/08/05セミナー・審議会・会合・資料公開国連環境計画(UNEP)プラスチック汚染発生地域の特定及び対策の優先順位付けに関する「プラスチック汚染のホットスポット及び行動作成のための国家ガイダンス」を公表 【JETOC記事】
2020/08/05セミナー・審議会・会合・資料公開国連環境計画(UNEP)海洋ごみに対する業界の取り組みに関する報告書を公表 【JETOC記事】
2020/07/31ナノ物質OECDEU出資プロジェクトNanoHarmony及びNANOMET-OECDの共催による、試験ガイドラインの開発に関する合同ウェビナー「試験ガイドラインへの道筋:ナノ材料の科学から標準へ」を2020年9月16日に開催 【JETOC記事】
2020/07/29ナノ物質OECDナノ材料の溶解及び分散安定性試験並びに更なる環境試験及び評価戦略へのデータ使用に関する手引き文書を公表 【JETOC記事】
2020/07/29ナノ物質OECDナノ材料の水系及び底質毒性試験に関する手引き文書を公表 【JETOC記事】
2020/07/20有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Series on Testing and Assessment: publications by number】
OECDは、試験と評価に関する一連の出版物を番号順に掲載した。
これらの一部はOECDテストガイドラインの開発をサポートするもの。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/series-testing-assessment-publications-number.htm
2020/07/09法規制・インベントリ経済協力開発機構(OECD)【DRAFT OECD GUIDELINE FOR THE TESTING OF CHEMICALSDraft TG 442C on in chemico skin sensitisation / Inclusion of a newtest method: The kinetic Direct Peptide Reactivity Assay (kDPRA)[PDF]】
OECDは、化学物質の健康影響に関するテストガイドラインTG 442C
「in Chemico 皮膚感作性:ペプチド結合性試験(DPRA)/
(含む)動的ペプチド結合性試験(kDPRA)」の草案を公開し、意見募集を開始した。
意見提出は2020/9/10まで。
http://www.oecd.org/chemicalsafety/testing/Draft_TG_442C_ENG_kDPRA.pdf
2020/07/08SDS・GHS国連欧州経済委員会(UNECE)【GHS (Rev.8) (2019)Globally Harmonized System of Classification andLabelling of Chemicals (GHS) Eighth revised edition】
UNECEは、国連GHS改訂8版(2019年)のアラビア語版および中国語版を新たに
掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/ghs/ghs_rev08/08files_e.html
2020/07/08有害性評価・試験法国連欧州経済委員会(UNECE)【Rev.7 (files)UN Manual of Tests and Criteria Seventh revised edition】
UNECEは、試験および基準についての国連マニュアル(改訂第7版)の
ロシア語版を新たに掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/manual/rev7/manrev7-files_e.html
2020/07/08法規制・インベントリ国連欧州経済委員会(UNECE)【Rev. 21 (2019)UN Recommendations on the Transport of DangerousGoods -  Model Regulations Twenty-first revised edition】
UNECEは、危険貨物の輸送に関する国連勧告-モデル規則(2019年改訂第21版)の
アラビア語版、中国語版、およびロシア語版を新たに掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/unrec/rev21/21files_e.html
2020/07/03有害性評価・試験法OECDOECD加盟国及びデータ相互受理システム(MAD)参加国の科学的進歩に対応して、更新及び修正された一連の化学物質安全性試験ガイドラインを採択;更新:TG 437、458、488及び491、修正:TG 405、439、442c及び471 【JETOC記事】
2020/07/01法規制・インベントリ国連欧州経済委員会(UNECE)【United Nations Treaty Collection14.European Agreement concerning the International Carriageof Dangerous Goods by Road (ADR)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の、寄託通知 C.N.274.
2020.TREATIES-XI.B.14-ADR を掲載した。これはTREATIES-XI.B.14の附属書
(AおよびB)を改正する提案。
https://treaties.un.org/Pages/ViewDetails.aspx?src=TREATY&mtdsg_no=XI-B-14&chapter=11&clang=_en
2020/06/29有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Test No. 405: Acute Eye Irritation/Corrosion】
OECDは、化学物質のテストガイドライン No.405:急性眼刺激性/腐食性試験法の
修正版をリリースした。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/test-no-405-acute-eye-irritation-corrosion-9789264185333-en.htm
2020/06/29有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Test No. 458: Stably Transfected Human Androgen ReceptorTranscriptional Activation Assay for Detection of Androgenic Agonistand Antagonist Activity of Chemicals】
OECDは、化学物質のテストガイドライン No.458:化学物質の
アンドロゲンアゴニストおよびアンタゴニスト活性の検出のための安定に
トランスフェクトされたヒトアンドロゲン受容体アッセイの最新版を
リリースした。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/test-no-458-stably-transfected-human-androgen-receptor-transcriptional-activation-assay-for-detection-of-androgenic-agonist-9789264264366-en.htm
2020/06/29有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Test No. 491: Short Time Exposure In Vitro Test Method forIdentifying i) ChemicalsInducing Serious Eye Damage and ii)Chemicals Not Requiring Classification for EyeIrritation or SeriousEye Damage】
OECDは、化学物質のテストガイドライン No. 491:i)眼に対する重篤な損傷性を
引き起こす化学物質、および ii)眼刺激性または眼に対する重篤な損傷性への
分類が不要な化学物質を同定するための in vitro 短時間曝露試験法の最新版を
リリースした。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/test-no-491-short-time-exposure-in-vitro-test-method-for-identifying-i-chemicals-inducing-serious-eye-damage-and-ii-chemicals-9789264242432-en.htm
2020/06/26有害性評価・試験法国際がん研究機関(IARC)4種の芳香族アミン類及び関連化合物類の発がん性に関するIARCモノグラフ評価の結果を公表;アニリン、オルト‐アニシジン及びオルト‐ニトロアニソール:グループ2A、カプフェロン:グループ2B(※IARCモノグラフ会議127はリモート開催) 【JETOC記事】
2020/06/26食品・化粧品・医薬品国連環境計画(UNEP)東南アジア全域の消費者並びに食品及び飲料業者に対する地域調査結果を公表;消費者及び企業はプラスチック廃棄物について懸念しているが、政府に対してより多くの対応を期待していると述べる 【JETOC記事】
2020/06/26有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【OECD Test Guidelines for the Chemicals】
OECDは、2020/6/26に化学物質の安全性試験に関する更新又は修正された一連の
テストガイドライン(TG)を採択し、OECD加盟国およびデータ相互受け入れ
(MAD)加盟国の科学的進歩に対応したと報じている。
更新された4つのTG (TG 437、TG 458、TG 488、およびTG 491)、
および修正された4つのTG (TG 405、TG 439、TG 442C、およびTG 471)が
紹介されている。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/oecdguidelinesforthetestingofchemicals.htm
2020/06/24その他OECDプラスチック廃棄物の発生及び環境への漏洩の削減を目的とする使い捨てプラスチックに対する課税について、英国及びアイルランドの例を提示 【JETOC記事】
2020/06/23その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)について、
ロシア連邦の主要当局の情報を更新した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/06/19有害性評価・試験法OECDOECD試験ガイドラインにおける保護された要素に関する機密情報の開示レベルについてのパブリックコンサルテーションを実施(回答期限:2020年8月31日) 【JETOC記事】
2020/06/19有害性評価・試験法OECD優良試験所基準(GLP):よくある質問集(FAQ)を更新 【JETOC記事】
2020/06/15有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【OECD Good Laboratory Practice: Frequently asked questions (FAQ)】
OECDは、優良試験所基準 (GLP) について、よくある質問(FAQ)を掲載した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/glp-frequently-asked-questions.htm
2020/06/12その他国連環境計画(UNEP)化学物質のより安全な使用が生物多様性の保護に役立つとの声明を公表 【JETOC記事】
2020/06/12法規制・インベントリ国連環境計画(UNEP)ケニアの保護区域における使い捨てプラスチックの使用禁止を公表:2020年6月5日(世界環境の日)から 【JETOC記事】
2020/06/12有害性評価・試験法OECDCOVID-19がGLP試験施設にもたらす課題に対する各国の対応を公表 【JETOC記事】
2020/06/10セミナー・審議会・会合・資料公開経済協力開発機構(OECD)【Intellectual Property elements in OECD Test Guidelines】
OECDは、テストガイドラインに含まれる知的財産要素など機密性とテストガイドラインの
透明性に関する政策を検討中であり、関連する質問への意見を求めている。
意見提出は2020/8/31まで。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/intellectual-property-in-oecd-test-guidelines.htm
2020/06/09有害性評価・試験法経済協力開発機構(OECD)【Good Laboratory Practice (GLP)】
OECDは、新型コロナ肺炎がGLP試験施設に与える課題に対し、オーストラリア、
ベルギー、オランダなど諸国の試験施設の対応に関するリンクを掲載した。
http://www.oecd.org/env/ehs/testing/good-laboratory-practiceglp.htm
2020/06/05その他OECDペル及びポリフルオロアルキル化合物類(PFAS)に関するウェビナーシリーズ:PFASsの分析及び監視方法に関するウェビナーを開催(2020年6月11日) 【JETOC記事】
2020/06/05その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Linguistic versions (ADR, Instructions in writing)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の5.4.3.4で指定された、
事故の緊急対応に関する書面による指示書のチェコ語版の最新版を掲載した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/adr_linguistic_e.html
2020/05/29その他国連環境計画(UNEP)日本とUNEPの、アジア全域でのプラスチック汚染対策、並びにイラク及び南スーダンにおける紛争後の環境回復に関する、新たな協力関係を公表 【JETOC記事】
2020/05/22ナノ物質世界保健機関(WHO)「ナノ材料へのばく露に関連する免疫毒性のリスクを評価するための原則及び方法」(IPCS Environmental Health Criteria 244)を公表 【JETOC記事】
2020/05/22セミナー・審議会・会合・資料公開OECD環境に関するグローバルフォーラム:「産業用及び消費者用化学品の費用対効果の高い管理システムに向けて」を開催予定(2020年11月3-4日) 【JETOC記事】
2020/05/18その他国連欧州経済委員会(UNECE)【Country information (Competent Authorities, Notifications)】
UNECEは、危険物の国際陸路輸送に関する欧州協定(ADR)の、イタリア共和国の
主要当局情報を更新した。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/adr/country-info_e.html
2020/05/15その他OECDブログ「COVID-19危機の間に消毒剤が不足するのは何故か?」を公表 【JETOC記事】
2020/05/15有害性評価・試験法OECD「GLP試験の結論に対するスポンサーの影響の可能性に関する方針書」(GLP原則及び適合性モニタリングに関するOECDシリーズNo.21)を公表 【JETOC記事】
2020/05/15有害性評価・試験法OECD化学物質の安全性を向上させる新興科学に関するウェビナーシリーズ:「試験ガイドラインにおける保護された事項に関する優良ライセンス事例」に関するウェビナー(2020年4月30日)の記録を公表 【JETOC記事】
2020/05/15ナノ物質OECDタイヤの摩耗によって発生するマイクロプラスチックに関するワークショップを開催:2020年5月18-20日 【JETOC記事】