GPS/JIPSコンソーシアムと安全性要約書のドラフト

下表の安全性要約書のドラフトは日化協が推進するGPS/JIPS活動の一環としてGPS/JIPSコンソーシアムが作成したものです。
『GPS/JIPSコンソーシアム』とは、化学物質のリスク評価および安全性要約書作成に係る共通課題を協働で解決することを目的として、対象の化学物質ごとに日化協の会員企業有志で構成されたグループです。 本コンソーシアムでは、協働でリスク評価を進め、最終的なアウトプットとして安全性要約書のドラフトを作成しています。
下表の安全性要約書のドラフト作成段階の化学物質に関するコンソーシアムに参加されたい会員の皆様、また新たにコンソーシアムを結成して検討したい化学物質がございましたら、事務局までご連絡ください。
安全性要約書のドラフトは、Word形式で作成しております。物質名称をクリックし、Zip形式のファイルをダウンロード後、解凍して貴社の安全性要約書の作成にご活用ください。
なお、安全性要約書は、最終的には個社の責任で公開するものであり、個社の状況に合わせて内容を吟味する必要があることから、安全性要約書のドラフトの記載は最大公約数的な範囲になっています。この点をご理解頂き、貴社の安全性要約書の作成にご活用ください。

問い合わせ先: BIGDrヘルプデスク経由(BIGDrのお問い合わせページ)で、内容欄に「GPS/JIPS推進部会事務局宛て」をご記載の上、お問い合わせください。


CAS番号 物質名称 GPS/JIPSコンソーシアム参加企業 安全性要約書の
ドラフト作成の進捗
1310-73-2 苛性ソーダ (株)トクヤマ、電気化学工業(株)、東亞合成(株)、日本曹達(株)、(株)カネカ、(株)ADEKA、(株)クレハ 済(2015年7月)
2016年02月16日改訂
7647-01-0 塩酸 (株)トクヤマ、電気化学工業(株)、東亞合成(株)、日本曹達(株)、(株)カネカ、(株)ADEKA、(株)クレハ 済(2015年7月)
2016年02月16日改訂
7782-50-5 塩素 (株)トクヤマ、電気化学工業(株)、東亞合成(株)、日本曹達(株)、(株)カネカ、(株)ADEKA、(株)クレハ 済(2016年5月)